岩手県の温泉

2017年11月08日

快気祝いの温泉巡り!宿泊編その③

ついに夏油観光ホテルの記事も3スレ目になってしまいました!
あまりにも魅力的な浴室が沢山あるのでつい…(´∀`*)ウフフ

tamuraDSC05835

まずは露天風呂にまいりますよ。
一旦建物から出た所にございます。
「ブナ林露天風呂」という名前がついているそうです。

tamuraDSC05836

名前からしてマイナスイオンが期待できそうですね!
入り口も風流でございます(*´▽`*)

tamuraDSC05837


おっ♥
確かに森林に囲まれた、素敵な露天風呂です!
こちらのお湯も無色透明です。源泉は「白猿の湯」を使用しております。

tamuraDSC05839

湯加減も丁度よし!!
まろやかな白猿の湯&マイナスイオンとあっては、とろけちゃうほどの気持ちよさったらありゃしませんぞ♥
tamuraDSC05842

そしてこんな張り紙が。
この山中じゃ森のお客様がいらしても致し方ございません。
ブヨじゃなければOKでございますよ!
(落ち着いてお風呂に入れないし(;´・ω・))

tamuraDSC05845

この露天、玄関側から出入りするのですが、入口付近に足湯がございましたよ。
tamuraDSC05848

tamuraDSC05846
白猿の湯がちょろちょろとかけ流されておりました。
しかし、これだけの浴室+足湯浴槽で使われている白猿の湯の湯量たるやいかに…!
ほんと、羨ましいですよ!

tamuraDSC05788

そして、お待ちかねの野天風呂「新太郎の湯」でございます!
看板がぞんざいになっているんですがいいのか(;´∀`)
tamuraDSC05861

tamuraDSC05863

tamuraDSC05864

ブナ林を下って行っておおよそ5分程度で到着いたしました。
途中、ベンチがございますがあれは基本的に
お風呂から上がって坂道を上る人用なんじゃないかと思います(;´∀`)
帰りは結構つらかったあるよ。

tamuraDSC05865

インチキ中国語はほっておいて、さっそく到着いたしましたよ!
ちなみにこちらの野天風呂は貸切なので事前にフロントに申請が必要です。

tamuraDSC05879

キャーステキー!!!

これぞまさに野天風呂!!
tamuraDSC05866
渓流沿いというのがまたいいですよね( *´艸`)

tamuraDSC05873

tamuraDSC05877

お湯はこの岩のくぼみ辺りから湧いている様子です。
やや赤色っぽくなっておりますね。
湯温は38℃位のぬるさでした。
場所によっては熱かったりもしますが、この風景を眺めつつの湯浴みでしたら
この温度が最適かと思われます!

tamuraDSC05797

夜と朝と2回入りましたが、それぞれの時間で違った雰囲気が味わえてよかったです♥

夏油観光ホテル、かなりお湯を楽しませていただきました!
機会あればまた宿泊したいです(*´▽`*)



newichikoki at 01:30|PermalinkComments(0)

2017年11月06日

快気祝いの温泉巡り!宿泊編その②

GE    TO
tamuraDSC05743

お次は温泉についての記事になりますよ!
まずはメイン大浴場から。
こちらには男女別の古代檜風呂が2種類ありまして、時間によって男女入れ替えとなりますよ。

tamuraDSC05783
チェックイン直後は「白猿の湯&長寿の湯」が女性専用でございます。
なんともかっこいい浴室!!(∩´∀`)∩

tamuraDSC05761

奥には「白猿の湯」がタップリかけ流されております💛
無色透明なお湯でございます。

tamuraDSC05764
湯口もこてこてになっております。
体感42℃くらいで、薄く旨みがございました。

にしても、適温なうえに肌さわりが良いお湯でとても気持ち良いです!

tamuraDSC05770

手前にあった、「長寿の湯」でございます。
こちらは少し白っぽい湯の花がみられました。

tamuraDSC05772

こちらも同じくらいの温度でしたよ。
白猿の湯と交互に入って楽しみました( *´艸`)

tamuraDSC05779

湯口もフタを開けると…(開けんな)
なんと見事な析出物!!Σ(・ω・ノ)ノ!
こんもりしておりますよ!
tamuraDSC05774
長寿の湯のすぐそばにはふくろうがいらっしゃいました。
長寿といえばフクロウ…よく使われますよね。

tamuraDSC05757

そして長寿の湯と同じであろう源泉を利用しております。
「金運の湯」でございます!
なにはどう金運なのかはわかりませんが
一人分のこの浴槽、とても落ち着いていいです!!

tamuraDSC05759

そして金運といえばカエル…な訳はない!!
左のカエルさんは葉巻くわえているようにみえますね!
そう考えると金運の湯に相応しいオブジェかな。

tamuraDSC05850

お次は入れ替えになった元・男性浴室ですぞ。
夜~朝まで入る事ができました。
こちらも開放的♥

tamuraDSC05854
壁には大きく「夏油」の文字とその解説が。
ちなみに全く読んでません!(ひでぇ)

tamuraDSC05852
奥は蛇の湯。38℃と温め。
やはりMTMM!ですがまろやかで落ち着いて湯浴みができますぞ。

tamuraDSC05851

手前は新太郎の湯でございます。こちらは42℃ございました。
蛇と似ておりますが、まろやかさは蛇の湯に比べて控えめな気がします。
にしても、あまりの気持ちよさに交互に入浴してました(笑)

tamuraDSC05823

湯船そばにあった、洗い場蛇口。
すでにこってこてですやん!Σ(・ω・ノ)ノ!

tamuraDSC05856

そしてもう一つ、謎の休憩スペースがございました。
ここで休憩しながら、もうひとっぷろ…な感じでしょうか!

お次は露天風呂&野天風呂でございますよ!





newichikoki at 02:03|PermalinkComments(0)

2017年11月05日

快気祝いの温泉巡り!宿泊編その①

ここまで来ると、本日の目的地がモロバレなんですが…
ハイそうです。
夏油温泉「夏油温泉観光ホテル」でございます!

tamuraDSC05744

夏油温泉には2つの宿がございまして
もう一つはかの有名な「夏油元湯」でございます。
そのせいか、こちらの旅館はいまいち脚光を浴びていない気がするので
わたくしめが熱意をもってレポしたいと思います!!

tamuraDSC05745

tamuraDSC05746


古い建物ですが、館内はこまめに手入れされており、清潔感がございました。
(これ大事!!)
そして実は浴室が沢山あったりしますので、移動にちょっと迷いました。
温泉については後ほど…!

tamuraDSC05748

tamuraDSC05747

こちらでも一人部屋を準備してくださり、なかなか良いお部屋が割り当てられました♥
旅館の方も、オススメの部屋らしいです。
確かに見晴らしが良いですぞ…!
そしてベッドだせ!!!

tamuraDSC05751

ベッドだけかと思いきや、他の部屋には畳の部屋もございました。
ちなみにこの部屋が宴会部屋となりましたとさ(∩´∀`)∩

tamuraDSC05749

階段を下りるときに、頭上にこんな張り紙を見つけましたよ♥
のっぽさんと外人さんは要注意♥

tamuraDSC05790

夕食ですじゃ!!
今回は湯治スタンダードプランという、簡単な食事付き(2食)での予約でした。
(もち普通のお食事のコースもございます)
仕出し用のおかずですが、これから起きるであろう
大宴会の事を考えたらこのくらいの量で充分。

なぜか一人だけおかずが一品違うという謎ハプニングもございました( *´艸`)

tamuraDSC05859
続きましては、朝ご飯。(置く向き間違えた…)
入れ物が夕食の時と一緒なのは内緒!
丁度良いバランスで食べやすかったです!

夏油観光ホテルさんは色んな宿泊プランがございまして
部屋風呂が付いているゴージャスなものから素泊まり(3,000円)まで
幅広く対応されております。
色んな方にお勧めしたい温泉旅館でございますよ(∩´∀`)∩



newichikoki at 02:21|PermalinkComments(0)

2017年11月01日

快気祝いの温泉巡り!秋田南部をウロウロドサ編⑥

今夜の目的地を目指し、どんどん北上市の山奥へと進みます。

tamuraDSC05703

…とこんな所に世界遺産が!!(; ・`д・´)

tamuraDSC05702

ある訳もなく、瀬美温泉へと到着いたしましたよ。
ちなみに先ほどの金色堂は手作りらしいです…何故こんなところに。

tamuraDSC05706

そして入口の鬼!?
遠目からでもはっきりとわかりますが、近くで改めてみるとものすごい気迫を感じられます!

tamuraDSC05708

この辺りでは大き目の旅館です。
ロビーも広々…!
そしてお客さんもかなりいらっしゃいましたよ。

tamuraDSC05710

浴室へ行く途中で見かけたプチ昭和館!

tamuraDSC05711

さっそくあたいらは「美人の湯」に行くぞ!!

tamuraDSC05714

内湯でございますよ!
無色透明の反射した光がまぶしい温泉でございます。

tamuraDSC05722

湯口付近は鉄臭がいたします。
そういえば、湯口付近は鉄っぽい赤茶色に染まっている…!?
ここは40℃と温めになっております。

tamuraDSC05717

露天じゃーい!
かなり見晴らしの良い露天でございます。

tamuraDSC05719

深緑に囲まれての露天は最高ですな♪(*´▽`*)
しかしながら、こちらは仕切りこそあるものの露天風呂…
ちょっと向こうへ行くと男性ゾーンでございます。
後から聞いたら、境目の方には男性が結構いらしたらしいです…うーん。(´・ω・`)

tamuraDSC05728

そしてお次は「長寿の湯」でございますよ!
それにしても、館内にお風呂が沢山あるのって湯量が多いという事ですよね。
すばらしい!

tamuraDSC05735

内湯ですじゃ!
湯口は奥の岩から流れております。
泉質は、先ほどの「美人の湯」と同じかと思われます。
こちらは41℃くらいでしたよ。
tamuraDSC05739

こちらは正真正銘の女性専用の露天風呂!
光で飛んじゃっている!!( ;∀;)
こちらもなかなかの眺めですぞ。
tamuraDSC05729

あああでも何か臭いに違和感を感じたのですが、塩素玉がごそっと入ってましたよ…
せめて粉末のを入れてほしい…(;´∀`)
(触ってかぶれる人もいるからねぇ)

そんな訳で、なかなか良いお湯でしたよ!
HPを拝見したらメタケイ酸が多く含まれているらしいです。
メタケイ酸は天然の保湿成分らしいので、美人の湯の名前の由来はそこからなんですね。

とりあえず、上がってから鏡見たけれど
特に美しくなってはいなかったです(´・ω・`)そりゃそうだ!
まぁ気持ちだけでもね!(∩´∀`)∩

newichikoki at 01:33|PermalinkComments(0)

2017年10月31日

快気祝いの温泉巡り!秋田南部をウロウロドサ編⑤

お腹もいっぱいになったし、湯巡り再開ですぞ!

tamuraDSC05676

北上市は水神温泉「湯元 東館」でございます。
同じ市内に千貫石温泉の東館てのもありますが、そことは別の所ですよ。

tamuraDSC05677

メッチャ歓迎された!!
特製玄関マットでございますよ(∩´∀`)∩
こういうのって、どこで発注しているんだろう?
温泉のマットマニアとかいないかなぁw

tamuraDSC05678

tamuraDSC05679

館内ですが、廊下にものすごい量のポスターが貼っておりまして
そのほとんどが地元の有名演歌歌手かと思われるものでした。
全部紹介するとこの記事が終わってしまうので、一部をご紹介。
「餡毬悶桜(アンマリ・モンロー)」さんと「亜乱土論(アラン・ドロン)」さんは
特に多かったですがこの辺りでは一番の歌い手なんでしょうか。

tamuraDSC05697

tamuraDSC05698


地元の行事もございましたよ。
すこっぷ三味線とは!!
そしてスコッパーズとは!!!温泉湯上りマダムも気になるところですが

これは温泉blog !!

脱線しかけましたが、いよいよ浴室へと参りますよ。

tamuraDSC05681

開放感あふれる浴室でございます!
(若干薄暗いですが)
お湯は無色透明でうっすら鉄臭がします。

tamuraDSC05686

この湯口が私のお気に入りです♥
勢いよく吹き出すこの湯口からは、はっきりと鉄臭がいたします。

何よりも、ここは細かい泡付があり、ツルツルいたします!
私の大好きな泉質ですよ~~~( *´艸`)
tamuraDSC05689

誰もいないのをいいことにこんなアングルで撮ってみる。
こうしてみると、完全に透明ではないですよね。
そして、お湯に含まれる鉄?のせいで、底はうっすら赤茶色にそまっております。

tamuraDSC05693

湯口とは反対側にある、謎のスペースです。
中には木となにか道具が置いてありました。
もしかしたら、昔は植物が茂る温室だったのでしょうか(; ・`д・´)
謎は深まるばかりです。

こちらも10年ぶりくらいの訪問でしたが、お湯は相変わらずバツグンに良かったです!
この近辺の温泉は泉質がGOODでいいですよね!



newichikoki at 01:34|PermalinkComments(0)