岩手県の温泉

2017年11月23日

紅葉のついでに温泉だけど宿泊するよ!(フロ入るぜ編)

お次は待望のお風呂だよ!

tamuraDSC06057

tamuraDSC06018

まずは新たにできた新浴室(男女別)
こちらは一般向けなのか、温度は温めです。
ぬるめとふつうに分かれておりますよ。
この時はぬるい方が39.5℃、ふつうの方が40℃ございました。

tamuraDSC06022
湯口で温度を調整しているのかな?
この年の6月にもこのお風呂に入っていますが、
ゆっくり入るのにちょうどよいです!お話ししながら湯浴み…なんてのにピッタリ

tamuraDSC06059

そうそう、カランはこんな感じに汲み取り式になっておりました。
新しくなっても、ここは伝統的なのね。
源泉が薄~くなったお湯でしょうか…少なくてもただの水ではないと思います。
tamuraDSC06032
お次は岩の風呂!
ここは見た目以上に深いです!
入るとビックリするよ!青みがかった白いお湯が素敵(´▽`*)

tamuraDSC06038
岩もすごい!
登ったらどんなんだろうとか考えましたがこれ登れないわよねぇ(;´・ω・)
迫力満点でございますよ!

tamuraDSC06036

こちらは42℃ございました。
湯口は二箇所あったような…(画像これしかなかった💦)
深いし広いから二つないと冷えてしまうのかね。

tamuraDSC06048

岩風呂の奥には小さい露天がございます。
40℃程度の温度でやっぱり青白いお湯です。

tamuraDSC06051

眺めも混浴露天には劣りますが、なかなかのものですよ!
tamuraDSC06049

奥には謎の祠がございました。
オブジェかと思いましたが、もしかしたら由緒正しい何かなのかもしれません。
よく考えたら10年前にもあったもんね。
tamuraDSC06070

今回は何としてでも入りたかった混浴露天に入れました!
天気が悪かったのと、朝ご飯の時間を狙ったのが正解でしたぞ!\(^o^)/
女性の出入り口は一番最初に紹介いたしました新内湯から入っていきます。

tamuraDSC06062
扉を開けると…おおっ♥


tamuraDSC06076

おおおっ♥

夢にまで見た混浴露天(´;ω;`)カンゲキ
かなり雨降ってましたが、負けずにはいりましたよ!

tamuraDSC06065

脇にあった謎スペース。
ここから湯口に繋がっているのかな。
tamuraDSC06072

ここからの眺めはめっちゃ快適!
真っ白な42℃のお湯に体がホカホカ温まります。
そして想像以上に開放的な露天!
こりゃいつ行っても誰かしらいるのも頷けます。
洞窟風呂が亡き今はこの露天が名物となっているのでしょうか。

やっぱりこの旅館のお風呂はどこも野趣あふれていて大好きです♥
また訪問させていただきますね(*´▽`*)



newichikoki at 01:50|PermalinkComments(2)

2017年11月17日

紅葉のついでに温泉だけど宿泊するよ!(アメニティ編)

さ~~~て、今夜のお宿は…

tamuraDSC05997
松川温泉「松楓荘」でございます!
実に10年以上振りに宿泊いたします。
(この年の6月にも訪問していたんだけれどね)

tamuraDSC05999
地熱発電所が近くにあるくらいなので、こちらも早速湯気がモクモク💛
造成泉とはいいますが、このお湯のクオリティはすごいものがあると思うんですよ。

tamuraDSC04960

玄関でございます(6月訪問時)
右奥が簡単な調理場になっておりました。
昔はコーヒーは飲めるちょっとしたスペースだった気が…

tamuraIMG_5463

そこに夕食の準備をしていた若女将?さんのインコちゃんがおりましたよ♥
かなり慣れている様子で、手乗りもとい頭乗りしてくださいました(*´▽`*)

tamuraDSC06004

tamuraDSC06005

本日のお部屋でございます。
お茶受けはゆで卵!?(; ・`д・´)このパターンは初めてだぞ!
それにしても、窓の眺めがなかなかスバラシイのですよ。
tamuraDSC06003


なんと…今は亡き洞窟風呂の残骸が見えるではありませんか!!
台風による川の増水で崩れてしまったんですよね。

tamuraDSC06001

これは一階の窓から撮ったものですが、ものの見事に天井部分が崩れておりますな(´;ω;`)
あそこのお風呂は開放的で最高だったんですが…
復旧は難しいかな。
tamuraDSC06042

まずは夕ご飯!
綺麗に並べられたおかず達…やはり10年前とは変わってますね。
結構ボリュームあって食べ応えありました!

tamuraDSC06044

tamuraDSC06045

おかずが一品一品出てきます。
(最近こういうパターンで出してくる旅館多いね)
すき焼きは前沢牛なんでしょうか。
忘れた…(←口に入ればなんでも美味いという人の典型)

tamuraIMG_5461


朝ご飯ですよ!
ヨーグルトは小岩井製なのかな…?
しっかりとした日本の朝ご飯で全部ペロリでした!

tamuraDSC04961
こちらには猫ちゃんが常駐されておりますが
私が宿泊した時はほとんど姿を見せず(ノД`)
老猫さんみたいなので仕方ないかなぁ。
そんな訳で↑の画像は6月に訪問した時のですよ。
今も元気だといいなぁ。

お次はお湯編じゃあ~!



newichikoki at 23:27|PermalinkComments(0)

2017年11月12日

紅葉のついでに温泉だよ!(藤七温泉編)

2016年10月に紅葉見物(という名の湯めぐり)に参りましたよ!
毎年恒例行事になりつつある、八幡平の温泉を巡りますぞ。

tamuraDSC05927

反射がきつくて白飛びしちゃってるかも…( ;∀;)すみません。
まずは松尾八幡平側(アスピーテライン)からのぼり、樹海ラインへと経由して
藤七温泉「彩雲荘」にまいりました!
やっぱりここに立ち寄らなきゃですよね。

tamuraDSC05928
たぶん、一年振りの訪問です!
張り切りつつ浴室へと向かいますぞ!

tamuraDSC05929

4年くらい前から内湯の位置が変わり、野天風呂(混浴)の行き来は楽になったぞ!
どちらにせよ、混浴なので内湯のみ入ります。

tamuraDSC05930

入口に到着!
古い分析表が掲げられておりますね。
オブジェ達も健在です!
早速浴室へ!!
tamuraIMG_0894

内湯画像取れなかったので、2年前に宿泊した時のでごめんなさい。
この時は新築ほやほやですが、いい感じに木造部分に使用感が出てきました。
このくらいの時期の木造浴室大好き(*´▽`*)

tamuraDSC05933

45℃のアッツアツのお湯です( *´艸`)
ちょっと酸っぱい細かい泥状の湯の花舞う硫黄泉は健在でした!
そしてこのドバドバ(ドナドナじゃないよ)湯口についニンマリ。

tamuraDSC05934

野天風呂は女性専用もございますので、一旦服を着て向かいます。
メッチャ白っ!
常にボッコボコ底から湧いていますからねぇ。

tamuraDSC05937

水面はこんな感じでメッコメコでした!
天然ジャグジーを堪能させていただきましたよ♥

結構温めなんですが、お湯が噴出しているであろう場所はもっとあるはず…。
油断すると、おしりがアチチなんですもん。
気を付けて落ち着く場所を探し、ゆっくり湯浴みしました。

この日は天気に恵まれたので、本当に良かったです。
2017年も行きましたが、天候はいまいちなうえに謎の虫が発生して
野天には入れなかったのでした( ;∀;)来年こそは!





newichikoki at 01:47|PermalinkComments(0)

2017年11月11日

快気祝いの温泉巡り!夢の湯編

一人最後に向かったのは永岡温泉「夢の湯」でございます。

tamuraDSC05908

それにしても、このあたりは本当に温泉天国ですね!
実際、この辺に住んでしまったらどこに入るか迷ってしまいますね。

tamuraDSC05925
そしてアテルイ様が!
このあたりの温泉施設には必ずいらっしゃいますぞ。

tamuraDSC05924

めっちゃ広いロビーでございます。
ちなみにここから浴室までがえらい遠かったりします。
(しかも入り組んでいるので、初めて来たときは迷いました)


tamuraDSC05923

食堂を経由して、浴室へ!

tamuraDSC05910

そして浴室!
ラッキーな事にどなたもいらっしゃいませんでした。
ビバ!午前中!!
そしてカーテンの奥は…

tamuraDSC05912
なんと巨大湯口!!
ドボドボ豪快にかけ流されております!!
お湯が跳ねるからカーテンをしたのでしょうか。

tamuraDSC05913
どうしても気になる事があって、こちらに再訪した訳で。
実は以前あった泡付きが全くなくなったと聞いたので現地調査に参ったのです!
たしかに泡付きがなくなっている!
そして気のせいか色も以前より薄くなっております。
(以前はもっと綺麗なグリーンでしたのよ)
臭いは金気アブラ臭がプンプンでしたが、やっぱり控えめになっておりますね。

tamuraDSC05915

もう一つの小さな謎浴槽です。
実はここが一番落ち着きます(笑)

tamuraDSC05916
湯口!
以前はこの浴槽が一番アワアワだったのですが…残念(´・ω・`)
震災の影響とかあったんでしょうかね。
とはいえ、泉質的にはレベル高い事には変わりございません。
タップリ堪能させていただきました!
※ちなみに2016年9月のレポなので、現在はお湯の状態が変わっているかもしれません。

tamuraDSC05918

tamuraDSC05921

こちらは旅館ですので、客室があったりする訳なのですが
なぜか部屋の名前は「おとうさん」「おかあさん」等になっております。
どうしてこうなったかは謎でございます。
世の中にはりんごの名前の旅館もございますからね。。。

たっぷり2泊3日の湯めぐりを堪能いたしました!
再訪で色々発見できる事もあったし、いい岩手湯めぐり旅でしたぞ♥
皆様、大変お世話になりました(*´▽`*)

newichikoki at 02:46|PermalinkComments(0)

快気祝いの温泉巡り!駒子の湯編

夏油高原ホテルをチェックアウト後、少し湯めぐりいたしました!
tamuraDSC05895

北上市にございます、金ケ崎温泉「駒子の湯」でございます。
ちなみに金ケ崎温泉の“ケ”は大きい字の方らしいです。
tamuraDSC05896
玄関開けたらサトウのごは…じゃなくてカボチャ!
そうそうハロウィンね。季節早いけれど、もう収穫できるんですね~

tamuraDSC05897

こちらは大昔、「寿の湯」という名前で日帰り?温泉がございましたが
数年前に現在の形に改装。
当時はミルク風呂なんでのがあったらしいですが、
私が温泉巡りするようになった時には改装中でしたので…
一度入ってみたかった。ミルク風呂に。

tamuraDSC05900

朝なので、お客さんがいないよ!(∩´∀`)∩
こちらは内湯のみになります。
黄色い、透明感のある鉱物臭のするお湯でございます。
湯温は42.5℃ありつつもそこそこ熱く感じました。

tamuraDSC05902

湯口はど真ん中にございます。
ここから香ばしい香りを嗅いだりしますが怪しい人になるのでほどほどに。
tamuraDSC05903

あと、湯花キャッチャーもセッティングされております。
ちょっとだけ茶色っぽい湯の花が溜まっておりますね~
キャッチャーがなければ、もっとモヤモヤ濁ったお湯になるんでしょうか。

tamuraDSC05906


結構あたたまるお湯でして、水分補給が必要…!
休憩室には自販&マッサージチェアがございました。
ここで一服休憩できますぞ。

皆様とはここでお別れとなりました。
Ronさんが元気になられて本当に良かったです!(´▽`*)

さて、私はここで一人やっつけておきたいお湯が…

newichikoki at 02:28|PermalinkComments(0)