岩手県の温泉

2018年05月18日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(雫石温泉 ホテルプリンス雫石)

ラストのお湯でございます!
tamuraDSC08838
皆さん大好き!雫石温泉「雫石プリンスホテル」でございます。
よく日帰り温泉本にてお世話になっております。
今回もお世話になります。

tamuraDSC08842
こちらは地元の方にも人気でいつもお客様が絶えません。
他のプリンスホテルを知らないのですが(貧乏だからね!)
こちらは地域密着型なので親しみやすいというのがすばらしい所だと思います。

tamuraDSC08843
奥にある浴室へレッツゴーですよ!
この入口前では従業員の方がかき氷サービスを行っておりましたよ♪

tamuraDSC08846
露天風呂でございます。
といいますか、露天風呂しかございません。
薄い紅茶色のちょっと熱めなアブラ臭のするお湯です。
人によってはこのアブラ臭が刺激臭ととらえかねないので露天にしたのはそんな理由なのかな。
洗い場をガラス扉で区切ってあるし(´・ω・`)
ちなみに私は大好物です♥

tamuraDSC08845
湯口は手前側に2つついております。
この表示の通り、触るとかなり熱い!Σ(゚Д゚)
浴槽に張ってもちょい熱めくらいにしかならないですもんね。

tamuraDSC08847
こちらの目玉はなんといっても浴槽のすぐ目の前にある池でしょう。
鯉たちがオーバーフローしたお湯にどんどん集まってきます。
鯉も寒いのね…

鯉があまりにも頭を出しているので頭を思い切り指でこづいている人がいたんですが
それはどうなの…(´・ω・`)

こうして2017年度紅葉を見る湯めぐりの旅も天候に恵まれなかったものの
無事終了となりましたとさ。
このイベントと須川参りが終わるといよいよ冬に入るなぁ…と毎年思うのでした。

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)

2018年05月17日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(国見温泉 石塚旅館)

46号線を岩手に向かって走り、毎年恒例のあのお湯に着きましたぞ。

tamuraDSC08801
国見温泉「石塚旅館」でございます!
去年はタイムアウトで行けなかったので、訪問できて本当によかった!

tamuraDSC08809
山登りの時期とも重なっておりましたので、お客さんもたくさんいらっしゃいました。
受付を済ませた後、我々は真っ直ぐ中浴場へと向かうのでありました。
だって、空いているんだもん。

tamuraDSC08836
今日の湯温がばっちり表示されております!
うん、適温♥

tamuraDSC08825
ヒャッハー♥
アブラ臭ギンギンの浴室でございます!
そして例のごとくゲキアツなので誰一人この浴室に長居しておりません。
ゲキアツといっても44℃程度でした。
ここ最近の平均は(私データ)45~46℃なのでこの日は温いかもしれません。

tamuraDSC08816
なんと、よく見ると浴槽内に半透明状の破片みたいなのがチラホラ…
時間が経つと出来るという噂の油膜でしょうか?
(朝一番に入らないと見れない模様)

tamuraDSC08813
内湯より温めの露天へ移動。
温いといっても42℃なので一般的な湯温だと思います。

tamuraDSC08815
毎年ここでお湯を飲んで「ニガマズ!」と叫ぶのが恒例ですが
今回もまったく同じことをしましたw
お湯に変化はないという事で無問題!
それだけ効果がテキメンという事でしょう(*´▽`*)


tamuraDSC08818
露天から眺めた紅葉…ですが、あいにくの天気&逆光で綺麗に撮影できなかった(´・ω・`)
今まで見た国見温泉付近の紅葉で一番最高でした!

tamuraDSC08837
ラストは大浴場で仕上げますw
もうこちらは人がいっぱいでして…画像はなしよ。
シャワーもこっちには沢山あるし、お湯も41℃くらいなので大人気なんですね。

浴槽をハシゴした後、真向かいのソファーでマッタリ(*´ω`)
運転の疲れが出たのかしばらくグッタリしてました。
それでも最後のお湯に向かいますけれどね!(えー)

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)

2018年05月13日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(松川温泉 峡雲荘 お湯編)

そんな訳で、お次は浴室編ですぞ♥

tamuraDSC08727

もはや有名すぎて説明不要かもしれません。
ここのお湯は松川3兄弟の中でも濃く感じられるのは私だけでしょうか。
それにしても、綺麗な青色のお湯です♪

tamuraDSC08725
湯温は42℃あり、えぐみのある濃い味がいたします。
湯口で臭いをかぐと、硫黄の他にアブラ臭っぽいものも感じられます。

tamuraDSC08698
白っぽい細かい湯の花も多くて、浴槽のヘリ部分もこの通り、白く染まっておりますね♪
ちなみに溝はあるのはすべり止めかな?

tamuraDSC08715
露天でございます。
落葉樹がそばにあるので、これがまた綺麗でして✨
白いお湯&赤と黄色の紅葉なんてすばらしい画じゃないですか!!

tamuraDSC08718
この日はあいにくの雨で露天の人気が今一つ。
それでも温度は内湯とほぼ同じ温度で湯口付近は熱いくらいです。

tamuraDSC08720

近くで見るとかなり析出物がくっついておりました。
こういうの見るとほんといじりたくなりますね~~

tamuraDSC08716

あいにくの天気となってしまいましたが、この露天の満足度はかなり高いです♥
紅葉の時期がここまでピッタリ重なるのは初めてでして…。
今は行けなくなった松川渓谷も綺麗だったでしょうね~

お湯もお食事も満足度の高い峡雲荘でした(*´▽`*)

newichikoki at 00:47|PermalinkComments(0)

2018年05月12日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(松川温泉 峡雲荘 めし編)

本日のお宿に到着!!

tamuraDSC08681
松川温泉「峡雲荘」でございますよ。
10年くらい前にも宿泊した事がございまっけよ。

tamuraDSC08684

tamuraDSC08683
とってもおしゃれな館内でございます。
それもそのはず、10年くらい前に改装しておりますので
松川温泉3軒の中では設備等が近代的かもしれません。

tamuraDSC08736
今回宿泊したお部屋でごさいます。
すみません、チェックイン前の撮影を忘れてしまったので翌日の写真です…
布団くらいあげてから撮影しろよと!(。-`ω-)

tamuraDSC08703
館内は休憩室や写真等が飾られており、大変居心地の良いお宿でございます。
お宿から八幡平の紅葉も見渡せるのもいいですね!

tamuraDSC08704
この日のごはんでございます!
当たり前ですが、10年前とはだいぶ変わりました。
塩焼きイワナがうれしいねぇ♥(ビールに合います)

tamuraDSC08706
名物!ホロホロ鳥のお鍋でございますよ♥

tamuraDSC08700
そしてこいつがホロホロ鳥です1
ちょっと模様が怖い♥

tamuraDSC08707

この田楽的な豆腐も美味しかったです♥


tamuraDSC08711

tamuraDSC08713

朝ご飯!
朝なのに鍋かい!と思いきや、ハム&目玉焼きでした(∩´∀`)∩
朝からボリューム満点でございます。
そして牛乳がもれなく付きますぞ。

全体的に満足度の高いお宿でございました(*´▽`*)
前回も同じことを考えてましたが再訪できてよかったです。
そしてまた宿泊したいなぁ~



newichikoki at 00:35|PermalinkComments(0)

2018年05月06日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(藤七温泉 彩雲荘)

tamuraDSC08586

八幡平頂上付近のロッジで名物のカレーうどんを食し
早速温泉巡り再開です♥

tamuraDSC08587
樹海ラインを走ってすぐの場所にございます
藤七温泉「彩雲荘」に参りました!すっかり恒例でございます。

tamuraDSC08588
この日は平日&紅葉まっさかりとあってか、付近はかなり人が多かったです。
ここを拠点に登山される方も多いですもんね。

tamuraDSC08591
そんな訳で、さっそく温泉に入りますぞ。
女湯は日帰り内湯もこちらの方にまとまってしまったんですよね。
名物だった日の出が見られる露天風呂は宿泊者のみになります。

tamuraDSC08594

脱衣所には雨用の笠が置いてありました。
う~ん、これを裸でかぶるシチュエーションとか…
変態っぽいですよね(;´Д`)

tamuraDSC08595

tamuraDSC08600
そして内湯ですよ!
(好きなお湯は違う角度から何枚でも撮ってしまうという…)
綺麗に白濁しており、42℃の丁度良いお湯がザコザッコかけ流されております。
何といっても、この浴室の雰囲気がたまらないですよね( *´艸`)

tamuraDSC08596

鉄っぽい硫黄の味がするお湯でございます。
もちろん、鮮度抜群!
長い事、ここで体を温めておりました。

tamuraDSC08602
さ~てお次は露天な訳ですが、浴室から移動しても良かったのですが
やっぱり混浴露天を通過する事を考えるとね…
そんな訳で服を着て女性専用露天へ向かいました。

tamuraDSC08604

今年も元気いっぱいの露天風呂です(*´▽`*)

tamuraDSC08607
だがしかし、よく見ると水面に蚊の死骸が無数に浮いているではありませんか…
心が砕けてしまい、入浴は諦める事に(。-`ω-)

一つだけ空いていた混浴露天浴槽に足だけつっこんでお茶を濁すあたいでした。

こちらの混浴はすごいですね!
女性はもちろん、外人さんも浸かっていましたもんΣ(゚Д゚)
数年前ってこうでしたっけ?
私も入浴用タオルがあれば挑みたいレベルの混浴でしたよ。
敷居が低くて初心者にもおすすめかな。
(女性専用浴槽があるので、無理して入らなくても良いのですが)



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)