秋田県の温泉

2017年11月12日

紅葉のついでに温泉だよ!(大深温泉編)

お次は再びアスピーテラインに戻り、秋田側へ向かいます。
丁度、ふけの湯の向かいにそれはございました。

tamuraDSC05942

大深温泉でございますよ( *´艸`)
こちらも一年ぶりだなぁ!
tamuraDSC05944

受付事務所の入口には湧き水が飲める場所があるよ!

tamuraDSC05946
事務所内にある受付でお金を払い、湯小屋へ向かいます。
それにしても、この辺りの紅葉は本当に見事です!

tamuraDSC05947

湯小屋へ行く途中に小さな橋から見た紅葉。
まだまだこれからだね。

tamuraDSC05963

湯小屋内の脱衣所です。
なんとラッキーな事にどなたもいらっしゃいませんでした!

tamuraDSC05950

浴室!!一年ぶり(´▽`*)
この落ち着いた空間がとっても大好きなんです。
うっすら白く濁っております。

tamuraDSC05953

湯口!Σ(・ω・ノ)ノ!
ゲキアツのお湯が滾々とかけ流されております。
そばにある蛇口は埋めるための湧き水です。
この日は44℃と熱めでした。
舐めると薄く鉄っぽい味がします。

長い時間、だれも入っていなかったらしく、湯の花は底に沈殿しておりました。
もちろん、私がかき回しましたが!!

tamuraDSC05964

なぜかこの時天井を撮影してました(笑)
この風景を眺めながらの湯浴みは天国じゃ!

tamuraDSC05966

tamuraDSC05967


湯上り後はちょっと周りを散策。
奥はオンドル小屋です。紅葉に囲まれたミニ地獄がとっても素敵です。
ここで2~3日湯治してみたいですが、床暖が慣れない私には夢の話かな…(´・ω・`)
(御所掛温泉で体験済)

tamuraDSC05969


tamuraDSC05970

湯小屋の後ろのすごい湯だまりです。
近づくだけでもものすごい熱気を感じるので触るのは(; ・`д・´)
向かいのふけの湯といい、このあたりの地熱は本当にすごいと思いますよ!



newichikoki at 02:09|PermalinkComments(0)

2017年10月29日

快気祝いの温泉巡り!秋田南部をウロウロドサ編②

お次も東鳴瀬村の温泉ですよ♪
tamuraDSC05619

先ほどの東仙歩さんよりさほど遠くない所にございました
やまゆり温泉「ホテルブラン」でございます。
tamuraDSC05620
入口にのぼりが並んでおりますが
そこに「ph9.8」の文字がぁああ!!
という事はものすごいトゥルントゥルンなのでしょうか(*´Д`)
めっさ気になる所ですぞ。

tamuraDSC05622
玄関には長こけしが!!Σ(・ω・ノ)ノ!
この辺りのこけしはこんな造形なんでしょうね。
それにしてもこの大きさで作るのはなかなか至難の技かと思われます。

tamuraDSC05624

tamuraDSC05623
ホテルなので、館内はとても立派なんです。
お土産売り場に置いてあった一山何百円のアヒル隊長がものすごくシュール…(´・ω・`)

tamuraDSC05634

早速浴室に向かう訳ですが、やはり廊下もオサレですよ。
テーブルと椅子があしらわれて、外の景色をのんびり眺められるのがいいですね。

tamuraDSC05631

浴室じゃい!
まさにパノラマ浴室なんですよ!

tamuraDSC05628

お湯は少し硫黄臭がし、うす白濁りのお湯です。
湯の花も少し見られましたよ。
そして、看板通りのツルスベ湯!これは人気が出るのも納得の湯です!!

tamuraDSC05630

頑張って湯の花を撮影しようと試みましたがあまりよく分からない(;´∀`)

tamuraDSC05627

こちらは水風呂ですね。
サウナが併設されているので水風呂は納得の設備なのですが、
Ronさんは喜々とふつうに利用なさっておりました。※サウナは入ってないよ
あたいもたまにつられて水風呂に入ったりしますがやっぱり冷たいっす…w
でも気持ち良いのですよ♥
とにかく重要アイテムである事には間違いない!(´▽`*)

それにしても、こちらは本当に予想外のお湯でした!
ずぶん、本当に情報不足だなぁとしみじみ思いましたよ(´・ω・`)



newichikoki at 01:37|PermalinkComments(0)

快気祝いの温泉巡り!秋田南部をウロウロドサ編①

日勝館をチェックアウト後、秋田南部の温泉地帯を湯めぐりいたしましたよ!
tamuraDSC05576

東鳴瀬村にございます、なるせ温泉「東仙歩」でございます。
日帰り温泉本などで存在は知っていたのですが、
なかなかこの近辺を訪れる機会がなくて…(;´∀`)

tamuraDSC05577

入口に美人さんのお出迎えがΣ(・ω・ノ)ノ!

館内はとても清潔感あって立派な建物です。
(館内画像撮ってなかった…)

tamuraDSC05579

tamuraDSC05582

漫画家さんの手書きイラストが!
そういえば秋田といえば、釣りキチ三平や銀牙の作者さんの出身地ですもんね。
そりゃ赤カブトも出ますもんね。
tamuraDSC05583

雑誌で見た事がある岩風呂にレッツラゴー!
tamuraDSC05585

広っ!(; ・`д・´)

想像以上でした(;´∀`)
まさか普通の浴槽と岩風呂が合体しているとは想像できませんもん。

あと、驚いたのは巨大壁画ですかね!
tamuraDSC05592

(写真で伝わりにくいですが、この浴室かなり広いし天井も高いです)
tamuraDSC05594


右上が中途半端(´・ω・`)

tamuraDSC05595

滝!?(; ・`д・´)
この壁画が一番驚きました!
おそらく県内のどこかの景色なんでしょうが、結局どこなのか分からなかったです…。

tamuraDSC05590

早速お風呂へ。
まずはこの普通の浴槽へ浸かります。
こちらは温めで40℃くらいでした。お湯は無色透明で味、臭いは感じられず。
tamuraDSC05588
お次はてっぺんの岩風呂だ!
42℃といい感じの適温でした!
サイズも1.5人分(どんな計算だ)でマッタリできますよ♥

tamuraDSC05589


シャクレ気味な中段にある岩風呂。
こちらは41.5℃でややぬるめ?
この狭さは魅力的なのです。

こちらは源泉温度が14℃で加熱かけ流し方式です。
おそらくですが、上の浴槽からそのまま下へかけ流しているんじゃないかと。
でも露天気分が味わえる内湯の岩風呂ってなかなかユニークですね(´∀`*)

面白い気分を味わえた温泉でした。
お近くにいらした際にはぜひともお立ち寄りオススメいたしますぞ!
(宣伝風味になってしまった)



newichikoki at 01:06|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

快気祝いの温泉巡り!(∩´∀`)∩ドッキリ編

去る2016年9月(わぁ一年以上前やん♥)
某BLOGで有名なRONさんの快気祝いという事でお祝い湯めぐりが開催されました!
我々が先回りしてお宿でサプライズ!…といった計画を立てた訳でございます。

tamuraDSC05569

その会場はこちら。
湯の沢温泉「日勝館」でございます。
実は私が以前から宿泊したいと思っていた場所でございます。
思いがけず念願がかなったり!(会場の手配は私ではありません)

tamuraDSC05574

まずは会場となったお宿のレポします!
10数年前からこちらに日帰りで利用させていただいておりましたが
その時はお宿も古めの木造で、入口も現在と違った位置でした。
そして、浴室もコンクリうっちぱなしだったですよ。



tamuraDSC05534

館内はかなり現代風でして、宿泊者用の部屋の奥はこんなロビーがございました。
手前の除湿器で後ほど因縁深い出来事がありましたがそれは割愛します!

tamuraDSC05533

お部屋です!
なんと、一人部屋をセッティングしてくださいました!やったね!
とても綺麗なお部屋です✨
ほとんど宴会部屋にいましたが(;´∀`)

tamuraDSC05528

そして、お風呂!!やっぱり最高なんです!!

tamuraDSC05529

無色透明のぬる~いお湯がザコザコかけ流されております。
香りはなく、味もないお湯何ですが、入るとやわらかいお湯が体を包んでくれます(´∀`*)ウフフ
お蔭さまで1時間コースは軽くいきますね★


tamuraDSC05554

湯口ですじゃ!
この様にじゃんじゃん塩ビパイプを伝ってお湯があふれ出し…

tamuraDSC05537

板にあふれ出し、浴槽へと注がれます。
こんな仕組みの湯口は初めてみましたよ!
tamuraDSC05555

こちらの温泉は飲用もオススメされております。
なので、可愛らしいコップが備え付けられておりましたよ♥
お湯自体も持ち帰り用に販売されておりました。

tamuraDSC05543

これは昔の湯の沢温泉の地図ですね。
それにしても、だいぶ山奥なのにどうやってこのお湯を見つけたのだろう?
そういう所他にもありますが…(山形の大平温泉とかねーほんとどうやって…)

tamuraDSC05565

今回は一泊朝食付きで泊まりました。
朝ご飯は大広間でいただきます。

tamuraDSC05567
とてもシンプルで、食べやすいおかずが勢ぞろい(*´▽`*)
あっという間に平らげました(笑)
今日の湯めぐりもハードですから、お腹パンパンパーーーーンにしないとね(笑)



newichikoki at 00:53|PermalinkComments(0)

2017年06月18日

初夏ど真ん中の湯めぐり(風の又三郎編)

今度はお近くの水沢温泉に参りました。
tamuraDSC04728

乳頭温泉へ向かう太い道路沿いにあります、「風の又三郎」でございます。
数々の温泉をアタックしつづけX年のNさんのお蔭で、
お湯をいただく事ができました!ありがとうございます!

tamuraDSC04727

以前から存在は気がついていたのですがあまり強くアピールされている様子がなかったので、どこかの企業が所有している別荘かと思っておりました(^▽^;)

tamuraDSC04749

tamuraDSC04730


物凄く広く重厚な建物です。梁がしっかりしておりました!
玄関ではおばあちゃんがおびただしい量のヒメタケの皮を処理しておりましたよ。
(画像はほんの一部…)おそらく販売用かと思われ。
そしておすそ分けをいただいてしまいました!有難うございます。
夕ご飯にみんなでいただきました( *´艸`)

tamuraDSC04732

tamuraDSC04736


お風呂をいただきます!青みがかった透明のあるお湯です。
こじんまりとした浴槽でございますよ。(´▽`*)

tamuraDSC04740

天井が高く、立派でございます。
トド寝したら絶対に気持ち良いです~

tamuraDSC04743

お湯はほんのりと硫黄臭がし、40℃と温めでした。
時々かき玉汁の様な白い湯の花も見られますよ。
湯口は直接湯船に投入方式でしたよ。

tamuraDSC04741

かき玉汁!見えるかな?
tamuraDSC04756


tamuraDSC04751

上がった後は休憩室(もしかしたら食堂なのかもしれない)お茶までごちそうになりました。
コレクションがとても立派です✨

tamuraDSC04754


お宿の皆様はとても気さくで、個人宅にお邪魔してしまったような感覚になりました。
お土産までいただいてしまい、本当にお世話になりました(*‘∀‘)



newichikoki at 02:20|PermalinkComments(0)