秋田県の温泉

2017年10月29日

快気祝いの温泉巡り!秋田南部をウロウロドサ編①

日勝館をチェックアウト後、秋田南部の温泉地帯を湯めぐりいたしましたよ!
tamuraDSC05576

東鳴瀬村にございます、なるせ温泉「東仙歩」でございます。
日帰り温泉本などで存在は知っていたのですが、
なかなかこの近辺を訪れる機会がなくて…(;´∀`)

tamuraDSC05577

入口に美人さんのお出迎えがΣ(・ω・ノ)ノ!

館内はとても清潔感あって立派な建物です。
(館内画像撮ってなかった…)

tamuraDSC05579

tamuraDSC05582

漫画家さんの手書きイラストが!
そういえば秋田といえば、釣りキチ三平や銀牙の作者さんの出身地ですもんね。
そりゃ赤カブトも出ますもんね。
tamuraDSC05583

雑誌で見た事がある岩風呂にレッツラゴー!
tamuraDSC05585

広っ!(; ・`д・´)

想像以上でした(;´∀`)
まさか普通の浴槽と岩風呂が合体しているとは想像できませんもん。

あと、驚いたのは巨大壁画ですかね!
tamuraDSC05592

(写真で伝わりにくいですが、この浴室かなり広いし天井も高いです)
tamuraDSC05594


右上が中途半端(´・ω・`)

tamuraDSC05595

滝!?(; ・`д・´)
この壁画が一番驚きました!
おそらく県内のどこかの景色なんでしょうが、結局どこなのか分からなかったです…。

tamuraDSC05590

早速お風呂へ。
まずはこの普通の浴槽へ浸かります。
こちらは温めで40℃くらいでした。お湯は無色透明で味、臭いは感じられず。
tamuraDSC05588
お次はてっぺんの岩風呂だ!
42℃といい感じの適温でした!
サイズも1.5人分(どんな計算だ)でマッタリできますよ♥

tamuraDSC05589


シャクレ気味な中段にある岩風呂。
こちらは41.5℃でややぬるめ?
この狭さは魅力的なのです。

こちらは源泉温度が14℃で加熱かけ流し方式です。
おそらくですが、上の浴槽からそのまま下へかけ流しているんじゃないかと。
でも露天気分が味わえる内湯の岩風呂ってなかなかユニークですね(´∀`*)

面白い気分を味わえた温泉でした。
お近くにいらした際にはぜひともお立ち寄りオススメいたしますぞ!
(宣伝風味になってしまった)



newichikoki at 01:06|PermalinkComments(0)

2017年10月11日

快気祝いの温泉巡り!(∩´∀`)∩ドッキリ編

去る2016年9月(わぁ一年以上前やん♥)
某BLOGで有名なRONさんの快気祝いという事でお祝い湯めぐりが開催されました!
我々が先回りしてお宿でサプライズ!…といった計画を立てた訳でございます。

tamuraDSC05569

その会場はこちら。
湯の沢温泉「日勝館」でございます。
実は私が以前から宿泊したいと思っていた場所でございます。
思いがけず念願がかなったり!(会場の手配は私ではありません)

tamuraDSC05574

まずは会場となったお宿のレポします!
10数年前からこちらに日帰りで利用させていただいておりましたが
その時はお宿も古めの木造で、入口も現在と違った位置でした。
そして、浴室もコンクリうっちぱなしだったですよ。



tamuraDSC05534

館内はかなり現代風でして、宿泊者用の部屋の奥はこんなロビーがございました。
手前の除湿器で後ほど因縁深い出来事がありましたがそれは割愛します!

tamuraDSC05533

お部屋です!
なんと、一人部屋をセッティングしてくださいました!やったね!
とても綺麗なお部屋です✨
ほとんど宴会部屋にいましたが(;´∀`)

tamuraDSC05528

そして、お風呂!!やっぱり最高なんです!!

tamuraDSC05529

無色透明のぬる~いお湯がザコザコかけ流されております。
香りはなく、味もないお湯何ですが、入るとやわらかいお湯が体を包んでくれます(´∀`*)ウフフ
お蔭さまで1時間コースは軽くいきますね★


tamuraDSC05554

湯口ですじゃ!
この様にじゃんじゃん塩ビパイプを伝ってお湯があふれ出し…

tamuraDSC05537

板にあふれ出し、浴槽へと注がれます。
こんな仕組みの湯口は初めてみましたよ!
tamuraDSC05555

こちらの温泉は飲用もオススメされております。
なので、可愛らしいコップが備え付けられておりましたよ♥
お湯自体も持ち帰り用に販売されておりました。

tamuraDSC05543

これは昔の湯の沢温泉の地図ですね。
それにしても、だいぶ山奥なのにどうやってこのお湯を見つけたのだろう?
そういう所他にもありますが…(山形の大平温泉とかねーほんとどうやって…)

tamuraDSC05565

今回は一泊朝食付きで泊まりました。
朝ご飯は大広間でいただきます。

tamuraDSC05567
とてもシンプルで、食べやすいおかずが勢ぞろい(*´▽`*)
あっという間に平らげました(笑)
今日の湯めぐりもハードですから、お腹パンパンパーーーーンにしないとね(笑)



newichikoki at 00:53|PermalinkComments(0)

2017年06月18日

初夏ど真ん中の湯めぐり(風の又三郎編)

今度はお近くの水沢温泉に参りました。
tamuraDSC04728

乳頭温泉へ向かう太い道路沿いにあります、「風の又三郎」でございます。
数々の温泉をアタックしつづけX年のNさんのお蔭で、
お湯をいただく事ができました!ありがとうございます!

tamuraDSC04727

以前から存在は気がついていたのですがあまり強くアピールされている様子がなかったので、どこかの企業が所有している別荘かと思っておりました(^▽^;)

tamuraDSC04749

tamuraDSC04730


物凄く広く重厚な建物です。梁がしっかりしておりました!
玄関ではおばあちゃんがおびただしい量のヒメタケの皮を処理しておりましたよ。
(画像はほんの一部…)おそらく販売用かと思われ。
そしておすそ分けをいただいてしまいました!有難うございます。
夕ご飯にみんなでいただきました( *´艸`)

tamuraDSC04732

tamuraDSC04736


お風呂をいただきます!青みがかった透明のあるお湯です。
こじんまりとした浴槽でございますよ。(´▽`*)

tamuraDSC04740

天井が高く、立派でございます。
トド寝したら絶対に気持ち良いです~

tamuraDSC04743

お湯はほんのりと硫黄臭がし、40℃と温めでした。
時々かき玉汁の様な白い湯の花も見られますよ。
湯口は直接湯船に投入方式でしたよ。

tamuraDSC04741

かき玉汁!見えるかな?
tamuraDSC04756


tamuraDSC04751

上がった後は休憩室(もしかしたら食堂なのかもしれない)お茶までごちそうになりました。
コレクションがとても立派です✨

tamuraDSC04754


お宿の皆様はとても気さくで、個人宅にお邪魔してしまったような感覚になりました。
お土産までいただいてしまい、本当にお世話になりました(*‘∀‘)



newichikoki at 02:20|PermalinkComments(0)

2017年06月15日

初夏ど真ん中の湯めぐり(ゆぽぽ山荘編)

秋田県は田沢湖温泉郷に到着いたしましたよ!
何度も通っているのに、なぜかなかなか新規開拓できないエリアでもあります。
tamuraDSC04700

tamuraDSC04702


今回は田沢湖温泉「ゆぽぽ山荘」にお邪魔いたしました。
「ぽ」の○の部分が黄色いのがいいですね♥
北海道のニポポ人形と名前が似ておりますが関連性は皆無です。

tamuraDSC04724

ペンション的な雰囲気がございますね。
こじんまりとした旅館で、館内はとても綺麗です。
ロビーそばの廊下に椅子が準備してあるので、ちょっとした休憩も出来るのがいいです(´▽`*)

tamuraDSC04722

早速入りますぞ!

tamuraDSC04704
すてき♥
その一言につきますねこの浴室は(´∀`*)ウフフ

tamuraDSC04706

tamuraDSC04711

いい感じの硫黄臭が漂い、湯の花もかなりございます。
ちなみにこれは湯口だったりします。
東根温泉的な二段階注湯方式なので、小さな湯船でもゲキアツにはなりにくい構造です。
(この場合は加水はしているけれどね)

tamuraDSC04715
湯温は42.5℃ほどあり、舐めると硫黄えぐみ味がいたしましたよ。
湯の花は細かくなっており、指で掬うとこんな感じです!
やっぱり硫黄泉、いいね~(´▽`*)
tamuraDSC04716

せっかくなので、HさんからいただきましたH2Sラブタオルと一緒に撮影させていただきました(笑)
Hさん、有難うございます!
おかげでこのタオルも硫黄臭プンプンでございます(笑)

ゆぽぽ山荘、かなり気に入りました!
(お湯といい、浴室の雰囲気といい)
近くまで来たら間違いなく再訪すると思います(*‘∀‘)







newichikoki at 01:19|PermalinkComments(2)

2017年06月13日

初夏ど真ん中の湯めぐり(南玉川温泉 はなやの森編)

その後あっちゃこっちゃ冒険したりしまして
南玉川温泉「はなやの森」に到着いたしました!

tamuraDSC04648

実に数年ぶりの訪問となりましたよ。

tamuraDSC04682

マット撮影!
あのお方と同じ事してみました(笑)
バラのマットとはゴージャスです✨

tamuraDSC04689

女性向けな高級感ある旅館でして、それでいてお湯は本格的なんです。
以前、ツアーの団体さんと出くわした事があるので、一般的にも人気があるのだと思います。

tamuraDSC04658

お風呂!
綺麗なオレンジ色ですよ~(´▽`*)
壁や浴槽が木造なので気分的に落ち着いていいですね。



tamuraDSC04660

お湯はこんな色していますが舐めると鉄味は感じず旨しょっぱい味がします。
一応、分析表的には鉄も含まれているのでこの色は伊達ではないのですが…不思議。
40度と適温でノンビリできるのがいいです!
tamuraDSC04675

湯の花も沈殿しているので、底に手を付いたらこの通り!

tamuraDSC04666

この調子で露天にも行ってみますか~\(^o^)/
おおっ相変わらず綺麗なオレンジでございますよ!

tamuraDSC04664

手前にもこんな浴槽がありますが、現在は使われていない様子。
tamuraDSC04678

内湯は木造、露天は岩風呂なのがバランスいいですね(*‘∀‘)
こちらも温め設定になっておりました。
気持ち鮮度は内湯の方が良かったかな?開放感があって好きなのですが。

tamuraDSC04659

洗面器で掬ってみると意外に真っ赤ではありません!(; ・`д・´)
時間をかけて酸化して色が変わるんでしょうね。
浴槽のお湯はほぼ不透明でしたもん。


tamuraDSC04650

tamuraDSC04652

ロビーにあった飲泉所的なもの。
残念ながらこの時は使われている様子はなかったです。斬新だと思うのですが!

それにしても、玉川と名前が付くのに本家とは全く異なる泉質につくづく驚きです。
さて、いよいよ有名どころへと向かいますよ~!


newichikoki at 01:42|PermalinkComments(2)