秋田県の温泉

2017年11月26日

紅葉のついでに温泉だよ!(突然田沢湖編)

八幡平の紅葉を堪能(雨だったのでほとんど車からのチラ見)し、
玉川温泉付近を経由し、田沢湖付近までやってきました。

秘儀!某温泉本による割引!
を使って田沢湖高原温泉「駒ヶ岳グランドホテル」に入浴する事にしました。

tamuraDSC06127
雨によるスモークでこんな写真に…(ノД`)

tamuraDSC06157
もうね、とっても立派なんです。
そりゃホテルですもの。
フロントの方も日帰りにも関わらず快く受け付けてくださいました。

そんな訳で早速浴室に向かう訳ですよ。

tamuraDSC06130

進むよ~
tamuraDSC06131

おっ!(・ω・)いよいよ浴室か!?
tamuraDSC06132
…と思ったらあと約25歩!約ってどういう事なの!?(;´・ω・)

tamuraDSC06133

そしてようやくそれらしき入口に辿り着きましたよ!
建物が広い分、浴室までの距離がめっちゃ遠いです。

tamuraDSC06137
ようやくお風呂!!(´▽`*)
田沢湖高原温泉特有の白い湯の花舞うお湯でございます!
やはり白濁しているね!
tamuraDSC06139
浴槽は2つに分かれており、どちらも44℃と同じ温度でした。
舐めるとちょっと鉄分を感じ、酸っぱみなどは感じられませんでした。
長いドライブで体が冷えていたせいか、熱く感じました。

tamuraDSC06141

露天もありますぞ。42℃になっており、やや温めでした。
内湯からこちらに入るとぬるく感じますが、普通に適温かと思われます。

tamuraDSC06144

こちらも湯口が真っ白だね!(*´▽`*)

tamuraDSC06140

そして、こちらには岩風呂以外に小さい壺?湯が3つあるのです!!
やだーどれに入ろうかまよっちゃうじゃない~

tamuraDSC06149

tamuraDSC06142

露天浴室は屋根のかかっている部分とそうでない部分があるのですが、
屋根がない部分の下にある浴槽は雨水のせい?で38℃と激ヌルに…(´・ω・`)
夏ならいいのですが寒いので、屋根の下の浴槽に入らせていただきました。
なにこれ落ち着くやん!40℃と丁度よいですし。
狭い部屋が好きな方にはお勧めですよ!

tamuraDSC06156

泉質も浴槽も楽しませてくれるホテルでした!
こちらはまた行ってみたいです。

そしてさかなクンさんの直筆複製原画が飾られておりました。
クニマスはあれから田沢湖で見つかったという話は聞かないのですが、どうなったんでしょうね。

その後、国見温泉に行きましたが石塚旅館に振られ
(しらない間に日帰り時間は15:00で終了になってました)
森山荘でひとっぷろ浴びて帰宅したのでした。

★おまけ★
tamuraDSC06158

やはり天気の悪かった国見温泉。そして森山荘はゲキ混みどころかすし詰めでした…



newichikoki at 01:50|PermalinkComments(0)

2017年11月24日

紅葉のついでに温泉だよ!(復活温泉編)

岩手側からアスピーテラインを爆走し、秋田側の大沼付近へ到着。
ここから見える紅葉は見事なんですが、悪天候の為残念な結果に…(ノД`)
tamuraDSC06107
で、体を温めるべく(さっきから温めておりますがな)
復活した大沼温泉「レークイン大沼」改め、「茶屋湖」にお邪魔いたしました。
一時休業した時はどうしようかと思いましたが、復活して下さって本当にうれしいですぞ♥
(いい場所にあるもんね~もったいない)

tamuraDSC06108
こちらはいわゆる食堂兼旅館でございます。
意外に旅館もやっている事は知られていない模様。

右側の「ゆ」という暖簾側のカウンターでお金を払い、二階へ上がります。

tamuraDSC06109

わりとしつこめに「スリッパをお履き替えください」の表示がしております。

tamuraDSC06110
二階へ上がると休憩室&客室がございますよ。

tamuraDSC06114

さて、美人乃湯に入りますか!
男性の場合はなんて言うんだろうね。(美男の湯とか?)
露天風呂は混浴なんですが、この時は浴槽が放置されていて入れる状態じゃなかったです。
(たぶん使われていないのかも)

tamuraDSC06116

テッカテカに反射している!
無色透明のお湯でございます。

tamuraDSC06117

違う角度で撮ってみた!
tamuraDSC06120

こちらはお湯から微アブラ臭がし、ちょいスベ感がございますよ。
よく見ると赤茶色の湯の花が混じっておりました。
そういえば、洗い場が赤茶色になっている所があるんだなぁ。
温度は41℃で温めかな。

tamuraDSC06121

こちらにも湯口があったでぇ!
二箇所から入れるという事は、そうしないとお湯が冷めてしまうのかな。

tamuraDSC06125

こちらの温泉は気軽に立ち寄りやすくてお気に入りです。
お湯の臭いも好きだしね(´▽`*)
周りにも日帰り施設やホテルがございますが、やっぱりここが好きかな。


newichikoki at 01:15|PermalinkComments(0)

2017年11月13日

紅葉のついでに温泉だよ!(志張温泉編)

秋田側へ突入し、そのまま282号線に出て鹿角側へ向かいましたよ。
この道路沿いにも色々温泉がございますが、私たちが目指した所は…

tamuraDSC05972

志張温泉「志張元湯」でございますよ!
こちらもすっかりご無沙汰でしたのでどうしても立ち寄りたかったのです。

tamuraDSC05994

とても落ち着きのあるロビーです。
おばあちゃんが対応してくださり、浴室へとご案内してくださいました。

tamuraDSC05974
浴室は奥の方にございます。

tamuraDSC05980

久しぶり!!(´▽`*)
相変わらず新鮮なお湯が木造浴槽に勢い良く投入されております( *´艸`)
やはりこの浴室の雰囲気、好きですわ~♥
tamuraDSC05982
お湯は綺麗な位透き通っており、香りも味もしません。
しかしながら、42℃のやさしいお湯がとても病みつきになります。
なんていいますか、とても落ち着く湯温と湯触りなんですよ。

しかも加温加水なしときたもんだ!
本当に奇跡のお湯ですよ!

tamuraDSC05986

そしてオーバーフローっぷりも堪らない!!
(床がでこぼこだからわかりづらいかも)
まさに至福の時でございますよ(*´▽`*)

tamuraDSC05990

シャンプーとボデーです。
なぜかリンスがないですがたぶんリンスインシャンプーなのかな。
そして何故ボデー“ソープ”じゃないんだろう…
更にテプラがこれだけ縦なのも(; ・`д・´)不思議!

tamuraDSC05995
こちらでは源泉も販売しております。
私は化粧水代わりに使えるスプレーを購入♥
とても肌に優しい源泉ですよ(´▽`*)
またこちらに来たら買いたいなぁ。

ところで、帰ろうとした時おばあちゃんから茹でた栗を沢山いただきました。
本当に美味しかったです。
ごちそうさまでした(´▽`*)



newichikoki at 01:25|PermalinkComments(0)

2017年11月12日

紅葉のついでに温泉だよ!(大深温泉編)

お次は再びアスピーテラインに戻り、秋田側へ向かいます。
丁度、ふけの湯の向かいにそれはございました。

tamuraDSC05942

大深温泉でございますよ( *´艸`)
こちらも一年ぶりだなぁ!
tamuraDSC05944

受付事務所の入口には湧き水が飲める場所があるよ!

tamuraDSC05946
事務所内にある受付でお金を払い、湯小屋へ向かいます。
それにしても、この辺りの紅葉は本当に見事です!

tamuraDSC05947

湯小屋へ行く途中に小さな橋から見た紅葉。
まだまだこれからだね。

tamuraDSC05963

湯小屋内の脱衣所です。
なんとラッキーな事にどなたもいらっしゃいませんでした!

tamuraDSC05950

浴室!!一年ぶり(´▽`*)
この落ち着いた空間がとっても大好きなんです。
うっすら白く濁っております。

tamuraDSC05953

湯口!Σ(・ω・ノ)ノ!
ゲキアツのお湯が滾々とかけ流されております。
そばにある蛇口は埋めるための湧き水です。
この日は44℃と熱めでした。
舐めると薄く鉄っぽい味がします。

長い時間、だれも入っていなかったらしく、湯の花は底に沈殿しておりました。
もちろん、私がかき回しましたが!!

tamuraDSC05964

なぜかこの時天井を撮影してました(笑)
この風景を眺めながらの湯浴みは天国じゃ!

tamuraDSC05966

tamuraDSC05967


湯上り後はちょっと周りを散策。
奥はオンドル小屋です。紅葉に囲まれたミニ地獄がとっても素敵です。
ここで2~3日湯治してみたいですが、床暖が慣れない私には夢の話かな…(´・ω・`)
(御所掛温泉で体験済)

tamuraDSC05969


tamuraDSC05970

湯小屋の後ろのすごい湯だまりです。
近づくだけでもものすごい熱気を感じるので触るのは(; ・`д・´)
向かいのふけの湯といい、このあたりの地熱は本当にすごいと思いますよ!



newichikoki at 02:09|PermalinkComments(0)

2017年10月29日

快気祝いの温泉巡り!秋田南部をウロウロドサ編②

お次も東鳴瀬村の温泉ですよ♪
tamuraDSC05619

先ほどの東仙歩さんよりさほど遠くない所にございました
やまゆり温泉「ホテルブラン」でございます。
tamuraDSC05620
入口にのぼりが並んでおりますが
そこに「ph9.8」の文字がぁああ!!
という事はものすごいトゥルントゥルンなのでしょうか(*´Д`)
めっさ気になる所ですぞ。

tamuraDSC05622
玄関には長こけしが!!Σ(・ω・ノ)ノ!
この辺りのこけしはこんな造形なんでしょうね。
それにしてもこの大きさで作るのはなかなか至難の技かと思われます。

tamuraDSC05624

tamuraDSC05623
ホテルなので、館内はとても立派なんです。
お土産売り場に置いてあった一山何百円のアヒル隊長がものすごくシュール…(´・ω・`)

tamuraDSC05634

早速浴室に向かう訳ですが、やはり廊下もオサレですよ。
テーブルと椅子があしらわれて、外の景色をのんびり眺められるのがいいですね。

tamuraDSC05631

浴室じゃい!
まさにパノラマ浴室なんですよ!

tamuraDSC05628

お湯は少し硫黄臭がし、うす白濁りのお湯です。
湯の花も少し見られましたよ。
そして、看板通りのツルスベ湯!これは人気が出るのも納得の湯です!!

tamuraDSC05630

頑張って湯の花を撮影しようと試みましたがあまりよく分からない(;´∀`)

tamuraDSC05627

こちらは水風呂ですね。
サウナが併設されているので水風呂は納得の設備なのですが、
Ronさんは喜々とふつうに利用なさっておりました。※サウナは入ってないよ
あたいもたまにつられて水風呂に入ったりしますがやっぱり冷たいっす…w
でも気持ち良いのですよ♥
とにかく重要アイテムである事には間違いない!(´▽`*)

それにしても、こちらは本当に予想外のお湯でした!
ずぶん、本当に情報不足だなぁとしみじみ思いましたよ(´・ω・`)



newichikoki at 01:37|PermalinkComments(0)