青森県の温泉

2018年02月15日

恒例だよ!GW青森紀行♥(竜泊温泉 民宿 青岩荘編)

お天気は今一つなんですが、海はよく見えますよ。

tamuraDSC07455

お次は竜泊温泉 「民宿 青岩荘」へお邪魔いたしました。
名前が素敵だなぁと思います。
tamuraDSC07456

tamuraDSC07458
民宿という事ですが、かなり立派な建物ですよ!
tamuraDSC07459
旅館の前にはドーンと観音様がいらっしゃいました。
海に近いので漁に出る男たちへの安全祈願かな…(と勝手に解釈)

tamuraDSC07460

tamuraDSC07482


ちょっと薄暗かったので、営業しているのか心配いたしましたが
宿の方から快く入浴の許可をいただきました。
それにしても、ロビーのオブジェがとっても不思議(;´∀`)

tamuraDSC07481
やっぱり間違える人がいらっしゃるんでしょうね(;´∀`)

tamuraDSC07480

お風呂に入らせていただきますよ!
旅館専用暖簾ですじゃ!かっこいいです!
tamuraDSC07469

浴室かっこいい!!
そしてかなり広めですよ!

tamuraDSC07474

この岩のようなオブジェから源泉が流れております。
湯口からは薄く温泉臭がし、舐めると少ししょっぱかったです。

tamuraDSC07479

何よりもビックリしたのが、このキラキラした湯の花??です。
浴槽のへりや、お湯の中にいっぱいございましたよ。
これはいったいなんじゃろね??

湯温は43℃と適温で、しかもスベスベいたしました。
不思議な泉質です。

tamuraDSC07465
いにしえより漁火遠く奥津軽…
とても素敵な短歌です。
源泉温度は36℃のようで、加温利用しているとの事でした。

それにしても、とても眺めの良い旅館です!!
宿泊したらおいしそうな海産物が食べられそうな予感♥(食い気満載)





newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)

2018年02月14日

恒例だよ!GW青森紀行♥(小泊温泉 中泊町高齢者福祉センター編)

Hさんの運転で、津軽半島をぐいぐい北上していきますよ!

※ちょっと順番が前後してしまいますが、こちらを先にUP!

tamuraDSC07433

小泊温泉「中泊町高齢者福祉センター」へ向かいましたよ。
名前通り、高齢者福祉施設でございますが、そこはさすが青森県…
普通に温泉が引いてあります。

tamuraDSC07451

公共施設ですので、とってもシンプルな建物です。
そして大抵入浴料もお安かったりします。
(値段忘れた( ;∀;)300円もしなかったかと)

tamuraDSC07436

大きな浴室にかなりビックリΣ(・ω・ノ)ノ!
こういった施設では最大規模なんじゃないでしょうか?

tamuraDSC07439
何がビックリかと申しますと、お湯が黄色い!黄色いのですよ!
タイルもこの通り…
黄色っぽいお湯というのは何度か見た事がございますが
黄色のお湯は珍しいかもです(;・∀・)

tamuraDSC07441
湯口!舐めると最初は旨味、その後うっすらと苦味がいたします。
なんとも摩訶不思議なお湯です。
お湯触りもキシキシ感があり、芒硝臭が少しいたしました。

湯温は43℃と適温でございます(*´▽`*)

tamuraDSC07440

中央にはジャグジーが!
これは気持ち良かったです♪

上がりたては体が結構温まりましたね~(;´∀`)
このお湯にご近所の方々がいつも入っているんですもんね、
羨ましいです!
そして恐るべし津軽半島!

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)

2018年02月13日

恒例だよ!GW青森紀行♥(山田温泉編②)

お次は通常の日帰り施設の方のレポですよ。
日帰りといいますか、私は宿泊時しか入った事がないです。

tamuraDSC07423
宿泊棟と日帰り用施設はつながっておりまして、ここから出入りします。
夜は10時で締められちゃうので要注意!

tamuraDSC07571
外見(日帰り用出入口)はこんな感じです。

tamuraDSC07422
日帰り用入口から入るとロビーはこんな感じに見えます。

tamuraDSC07404
ちなみに私はこの日の一番乗りでしたよ\(^o^)/
誰もいない~♪

tamuraDSC07402
朝一番のお湯ですじゃ!
お湯は薄茶色をしております。
手前が44℃、奥が47℃Σ(゚Д゚)!となっております。
勿論、手前しか入れませんでした…

tamuraDSC07412

ファンシー壁画も健在ですよ!
金太郎温泉を彷彿させますね(*´▽`*)
津軽地方では壁画がデフォなんですかね…。

tamuraDSC07414
なんと♪うたせ湯もございましたよ。
私はそこそこにして、ずっと内湯に浸かっておりました。

tamuraDSC07416
湯口!
熱くて舐められなかったです(;´∀`)
それにしても、部屋風呂よりお湯の色が濃いめに感じたのですが、
単純に朝一番だと状態が違うからかな?
それとも浴槽が違うからそう見えるのかな?

tamuraDSC07420
洗い場にはこんなかわいいタイルが♥
昔からあるタイルなのでしょうけれど、逆におしゃれに見えるのがいいですね。

tamuraDSC07400
この張り紙も健在じゃ~
作者さんは最近亡くなられたとお聞きいたしました…。

tamuraDSC07398
ちゃんと洗ってよね!

tamuraDSC07399
さらに強調。(イラスト付き)

tamuraDSC07407
もちの粉も売っているんかい!
(張り紙はもうなんでもあり状態)

tamuraDSC07427

tamuraDSC07429


お風呂から上がり、みんなで朝ご飯ですよ。
私はちょい二日酔い気味であまり食べられませんでした…
本当に申し訳ございません( ;∀;)
本日も長い行程との事でしたので、なるべくきちんと食べるようにしました。

tamuraDSC07431

こちらはもう3回宿泊しておりますが、とても居心地の良い旅館だなぁといつも思います。
何だかホッとするような。
アットホーム感が溢れているんでしょうね。
また宿泊したいですわぁ♥

さぁ、今日も湯めぐりスタート!!

newichikoki at 00:56|PermalinkComments(0)

2018年02月12日

恒例だよ!GW青森紀行♥(山田温泉編①)

そうして到着したのが鶴田町にございます「山田温泉旅館」でございます。
ちょww弘前市よりかなり離れてないっすか!?
疑問に思われそうですが、そういう設定なので仕方ないのです(強引)

tamuraDSC07375

宿泊は何年振りだろう…
久々の部屋風呂付きで宿泊です!

tamuraDSC07432
旅館部入口にてチェックイン!
旅館部には部屋風呂なしとありの部屋がございます。
前回はなしの部屋になってしまい、DanRonさんの部屋まで
わざわざ部屋風呂を借りに行きましたw

tamuraDSC07377
私は一人部屋なのでございます。
嬉しい事に布団はすでに敷いてありました\(^o^)/
酔いつぶれてもすぐ眠れるね!!

tamuraDSC07378
必要なものはすべて取り揃えております。

tamuraDSC07379
そして部屋の入口付近にあるこの魅惑扉です(*´▽`*)ワクワク…

tamuraDSC07380

扉を開けるとなんと、木造の部屋風呂が広がっているではないですか!!
カランも温泉ですよ!!
そして浴室全体からフワッっとアブラ臭が広がっております💛

夜は宴会しながらお風呂に浸かったり繰り返し湯浴みをしておりました♥

tamuraDSC07384

宿泊者専用の浴室もございますよ。
部屋風呂に入るとこちらにはなかなか足が向かないので、宴会が始まる前に入りました。

tamuraDSC07389

こちらもまた、アブラ臭がプンプンです♪
お湯は少し黄色っぽいというか茶色っぽい少し透明感のあるお湯です。
tamuraDSC07392
幸せになれる湯口!
ちょい旨味+しょっぱい味がします。
あと、こちらの大浴場は割と熱め設定な気はするのは気のせいでしょうか?
今回はかろうじて44℃でした(笑)

tamuraDSC07391

毎回恒例になっておりますが、浴室内の柱を撮影!
天井の梁に繋がる部分の造りがスバラシイな、といつも思うのです。

お次は大浴場じゃ!

newichikoki at 00:36|PermalinkComments(0)

2018年02月11日

恒例だよ!GW青森紀行♥(三世寺温泉編)

お次はほとんど私のわがままによって立ち寄っていただきました温泉です。
皆様、本当に有難うございます…<(_ _)>

tamuraDSC07362

総合レジャーランド「三世寺温泉ホテル」でございます!!
どうレジャーなのかは未だ持って不明ですが、とにかく楽しい所である事には間違いないかと思います。

tamuraDSC07363

先ほどの看板とは裏腹に、シックな建物でございます。
私は長野の戸倉上山田の白鳥園レベルの物を想像しておりました。
まずはお風呂へGO!ですじゃ。

tamuraDSC07364

下駄箱ですじゃ。
番号は降られているのはいいとして、何故番号が振られていない所があるのか…

tamuraDSC07365

かな~り広い館内でございます。
奥の方に休憩スペースもございますし、自販もたくさんございますよ。

tamuraDSC07367

ザ!津軽の公衆浴場といった感じの扉でございますよ。
早速浴室へGO!

tamuraDSC07370

画像は撮影に失敗しちゃいましてねぇ…(´・ω・`)
ブレぶれになってしまったんですよ。

その代わりとして、三世寺温泉オリジナルケロヨン桶がございました。
熱の湯と名前が付いている事から温まり系のお湯というのがよくわかります。

お湯は若干黄色っぽい色の透明湯で、臭いや味は感知できませんでした。
温度は測り忘れましたがかなり熱かったと記憶しております。

浴槽は青森でよく見られる2分割浴槽で、温度がそれぞれ違う設定になっております。
というか違いがなかったような…

上がった後はかなり体がポカポカになりました!
年季の入った施設ですが、地元の方が支えている限り大丈夫だと確信しておりますよ。




newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)