青森県の温泉

2018年03月08日

恒例だよ!GW青森紀行♥(木崎野温泉編)

最後に三沢市内へと入りましたよ。最後のお湯はここで!

tamuraDSC07776

tamuraDSC07764


「木崎野温泉」でございます。
かなり大規模な日帰り施設で全体的にレトロな建物でございます。

tamuraDSC07775
館内はかなり広いですよ(;・∀・)!!
窓の形がとっても特徴的でございます。

tamuraDSC07765
かなり立派なロビー。
昔のホテルを思わせるデザインですね。

tamuraDSC07773
しかも真ん中はステンドグラスというおしゃれさ!!
これは奥入瀬渓流を表しているのかな?

ちなみにこの真裏の駐車場に車を停めたのですが、すぐこのステンドグラスが目に入りましたよ。
いい意味で目立つので良いかと思われます(*´ω`*)

tamuraDSC07770

浴室はちょっとしか打つせなかった(;´∀`)
大き目(本当に広い)のメイン浴槽にうたせ湯2つ。そしてサウナと水風呂(たぶん別源泉)1つ。
大規模な浴室ですよ!

tamuraDSC07771

tamuraDSC07769
湯口は2つありましたね。
お湯は無色透明で、臭いも味もございませんが物凄くツルツルいたします!
あまりのツルツル感に床もかなりすべります…(;´∀`)
本当に要注意。

湯温は42℃で適温でございます。
このツルツル感は〆の湯としては最高でしょ。

tamuraDSC07768
水風呂は18℃でしたよ。
ゆっくり入るにはちと冷たいかなぁ~

tamuraDSC07774

ちなみにこれは浴室入口です(笑)
こんなに立派な扉の入口は初めてかもしれません。
でも「女」の張り紙がとってもシュール…

ここで青森の湯めぐり旅は終了となりました!
お世話になった皆様、本当にありがとうございました!
(特にHさん。色々ご案内してくださって感謝です(´ω`))



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)

2018年03月06日

恒例だよ!GW青森紀行♥(姉戸川温泉編)

東北町内を8号線沿いに走っているとこの看板が目につきました。

tamuraDSC07740
気が付いたらハンドルが左へ…おおお

tamuraDSC07762
やっぱり立ち寄りたくなってしまう!
「姉戸川温泉」でございますよ!!
こんなに天気も良くて気温も高いとねぇ…立ち寄りたくなるんですよ。

tamuraDSC07760
昔ながらの銭湯で、現在も絶賛営業中でございます。
いつもは猫ちゃんがいらっしゃるのですが、この時は不在でした。
まずはお風呂にはいりましょう!

tamuraDSC07749
今はもう使用されていない番台席。
青森県内の銭湯ではよく見かけますよね。
現在も稼働しているところはほとんどないですが…。

tamuraDSC07759
脱衣所タイルでございます。
なんどかこちらにはお邪魔していましたが、まじまじと見るのは初めてかもしれません。
おしゃれ♥

tamuraDSC07745
キャー素敵♥
この風景はいつ見ても圧巻です。
そして誰もいないので、競泳チャンス到来!(※湯舟で泳いではいけません)

tamuraDSC07748
全体像。
広角で撮影すると小さく見えますが、実際はかなり広い訳で。

tamuraDSC07751
このドバー湯口も健在!!

tamuraDSC07753
実は下からもお湯が投入されておりますのよ。

この日も37℃のぬる気持ち良いお湯でございました(*´▽`*)
フンワリと硫黄の香りがするのもいいですね(*´ω`*)
お湯触りもツルツルしますし。

ここだけで1時間コースは余裕ですね♥

tamuraDSC07750
そしてこのトド入浴スペース!
底上げされておりまして、大分浅くなっております。
縁に頭を置けば寝湯の完成!
浅いのでお子様にも安心。
(夏の連休にいったら、本当にお子様だらけでした)

tamuraDSC07758
今回、初めて気が付いた謎スペース。
おそらくサウナがあったんでしょうね…きっと隣は水風呂でしょうが
この泉質には必要ないかも。

tamuraDSC07761

1年振りの訪問でしたが、かなり満喫いたしました!
やっぱりこの近辺ではマストですよね。
そしてなぜかなついアイテムがありましたので画像を張っておきますw



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)

2018年03月04日

恒例だよ!GW青森紀行♥(上野温泉 上北町保険福祉センター編)

東北町をうろうろ。

tamuraDSC07722
到着!
以前入ったものの混みすぎてよく分からなかった
上野温泉「上北町保険福祉センター」でございます。
あの時はご長寿のお方が団体でいらしてたんでしたっけ。


tamuraDSC07723

tamuraDSC07739
前回の事は忘れてしまったのですが
受付にはすでに券売機と回収箱が設置されておりました(;´∀`)
確かにこの方が手っ取り早いわよね。
そして100円で入れるのが嬉しいところでございます!

tamuraDSC07725
公共の施設なのでシンプルですが、自販機や休憩所もあるのでのんびりできますよ♪

tamuraDSC07728
浴室入口もめっさシンプルですなぁ。。。

tamuraDSC07733

念願の浴室画像じゃあ!
かなり黒めなお湯でございます。

tamuraDSC07734

お湯もざんざんかけ流しされておりますよ。
それにしてもダイナミックな湯口だなぁ。
お湯は泡付きがかなりあるのでスベスベします(*´ω`*)
若干塩素臭はしますが気にならないです。
湯温も42℃でお年寄りにとってもやさしいですね。

tamuraDSC07735
なんと!カランも温泉でしたよ!
当たり前ですが、やっぱり黒めのお湯ですねぇ。
臭いはあまり感じられませんでした。若干ですが温泉臭がするような気がしますが…

ご近所さんは100円でこれだけのクオリティのお湯に浸かれるんでよね~
羨ましい!
この泉質は毎日通いたくなりますもん。



newichikoki at 02:04|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

恒例だよ!GW青森紀行♥(天間林温泉編)

こちらも以前から気になりつつも立ち寄れていなかった所です。
場所は七戸町にございますよ。

tamuraDSC07704

tamuraDSC07703
天間林温泉「天間林温泉」でございます!
8号線を走るたびに看板は目についていたので存在は知っておりました。
今回、ようやく秘密のベールが脱がされますぞ!
(別に秘密にしていた訳じゃないし)

tamuraDSC07707
館内はとっても立派で、所々に彫刻みたいなのがございました。
やはり休憩スペースが広く取られております。
この近辺は入浴施設が多いから競争率も高そうですね。

tamuraDSC07706

そんな訳で、お風呂に入ります!!
tamuraDSC07716
誰もいない…
聞いたところによると、休日は結構お客さんがいらっしゃるそうですが
時間帯によるのかねぇ。

お湯は無色透明でございます。
手前は電気風呂となっておりますよ。

tamuraDSC07717
電気風呂は前述のとおり苦手なので、奥の二つの浴槽にまずは入りました。
奥は37℃と温め、手前は40℃ちょい。
スベスベするなぁと思ったら細かい泡付が!
そりゃスベスベしますわな!

tamuraDSC07710

なんと、露天風呂もございましたよ♥
天気も良くて、絶好の露天日和でございます(*´▽`*)

tamuraDSC07712


tamuraDSC07713
なんかリゾート地の別荘にある浴槽みたいです(笑)
湯口からはふんわりと柔らかい温泉臭がいたしました。
この浴槽、ジャグジー付いているのですが、ちょっと強すぎかなぁ…(;´∀`)

tamuraDSC07719

tamuraDSC07720
うたせ湯もあったよ!もちろん温泉ですじゃ!
ここも38℃くらいでぬるかったですよ。
(ゲキアツの打たせ湯とか嫌だ…)

tamuraDSC07718
内湯に戻りますと、今度はかけ湯なるものがございました。
間違えてはいっちゃだめです。
でも見た感じですと、こちらのが一番泡が付いているんですよねぇ…
はいっちゃだめはいっちゃだめ…そう言い聞かせて立ち去りましたよ(´ω`)

tamuraDSC07705
これは人気があるのもわかりますわ!
温度もちょうどいいし、何よりも浴槽が沢山あって楽しめますもん!
子供たちは夢中でしょ!

そして駐車場には謎の建造物がございました。
そういえば、木工細工が多かったですが、もしかして材木屋もやっていらっしゃるのかしら?



newichikoki at 01:47|PermalinkComments(0)

2018年02月28日

恒例だよ!GW青森紀行♥(松園温泉 まつのゆ編)

水明温泉をチェックアウトし、
さっそく「ぶらり!女の一人湯めぐり」がスタートいたしました\(^o^)/
もちろん行先はてきとうです。(計画性…)

tamuraDSC07682
まずは、以前から気になっておりました
「松園温泉 まつのゆ」に参りました。
かなり大規模な日帰り施設&旅館でございます。
実はここと水明温泉で宿泊先を悩んでおりました(;´∀`)

tamuraDSC07684

朝なのでお客さんはほぼいらっしゃいませんでした。
館内はかなり綺麗で清潔感がございます。

tamuraDSC07683

畳の休憩スペースもあり、ゆっくりくつろげますよ♪

tamuraDSC07697


全然お客さんがいらっしゃいませんでしたよ。
ピーク(朝風呂)が過ぎたんじゃないかしら。

浴槽は普通のジャグジーがついている大きい浴槽&電気風呂&寝湯(ぬる湯)&あつ湯がございます。

tamuraDSC07698
あつ湯は45℃ですぐ上がってしまいました(笑)
ぬる湯(寝湯)はこれまた気持ちよく、泡付きが少しみられましたよ。

tamuraDSC07685
でんき風呂は苦手なので近寄ってませんが、手前の広い所は41℃程度で
落ち着いて入る事ができました。
ジャグジーとジェット噴射のやつが設置されておりました。

tamuraDSC07696
湯口がまあるい♥
ここからお湯が沸きだして、浴槽に流れてこんでおります。
微々たる温泉臭がし、味はなかったです。

tamuraDSC07694

tamuraDSC07692

なんと、立派な露天風呂もございます!
快晴でかなり気持ち良かったですよ。

tamuraDSC07689

ここは43℃あり、沢山ある浴槽の中で一番ツルツル感を感じました。
個人的に一番好きな浴槽かな?

tamuraDSC07690

オーバーフローっぷりも半端ないです!
よく考えたらあんなに浴槽があって、なおかつ大きな湯舟がオーバーフローしちゃうってのは
本当に湯量が豊富な証ですよね(;´∀`)
(それに加えて旅館にもお湯を引いているし)
これは恐るべき温泉でございます。

tamuraDSC07686
内湯と露天の間にあるうたせ湯でございます。
試しにやってみたら冷たくて痛いのでやめました(;´∀`)

tamuraDSC07699
さらに驚いたのはこの浴槽でしょう。
左は他と同じ源泉で44℃ございました。
問題は右側の浴槽なんですが、なんと20℃程度ございますよ。

tamuraDSC07700
水風呂湯口でございます。
金属パイプからお湯が溢れ出てきますよ。
舐めても味がせず、でも気持ち良いこの水風呂が別源泉かな?
上がると肌がスベスベし、ホンワカ温まります。

しばらくこの浴槽と左の熱いお湯を交互に入ってました(*´ω`*)
たぶん、サウナ用の浴槽なんだろうね。

ここは長い時間入浴が楽しめる施設でございます。

今度は旅館の「松園」にも宿泊してみたいなぁ。



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)