青森県の温泉

2017年09月22日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(さかいぜき編)

八甲田山を津軽側へ下り、弘前市へとやってまいりました。
前々から行ってみたい温泉があったのです!

tamuraDSC05453
その名は「境関温泉」。
数年前に改装されたとの事ですが、改装前もどんなんだか知らない訳で( ;∀;)

tamuraDSC05454

新築なだけあって、館内も近代的です。
ちゃんと休憩所で食べる軽食類や、アイスを売っている所が
さすが津軽の温泉銭湯だなぁと思います。

tamuraDSC05467

大浴場と書いてある暖簾へ向かい、右へ曲がると浴室入口です!
早速入りましょう!

tamuraDSC05465

tamuraDSC05455

※全体図は撮れなかったので、バラバラに撮影しました。
まずは内湯から。
薄黄色がかった透明湯で、舐めると少ししょっぱい味がいたします。
茶色の細かい湯の花も確認できました。
温度も42℃と適温です。
そして何よりも、微アブラ臭がいたします♥
泡付もあってツルツルするのがうれしいですね!

tamuraDSC05464
そしてこちらは水風呂…!これが気持ち良いんだな。
奥にもありましたが、手前のは24℃ありました。
本当にただの水なのかなぁ?(; ・`д・´)

tamuraDSC05463
そして露天でございます。
面白い形の湯船ですねぇ。

こちらも同じ源泉な訳ですが、泡付きはこちらのが良かったです。

tamuraDSC05462
湯口ドコー!と思ったら、なんと底から注湯していたんですね!
しかも二箇所ありました。
これなら泡付きが良いのも納得ですね(*´Д`)
40度と温めなのもポイント高いです!ゆっくりできますもん。

tamuraDSC05457

なお、露天風呂にはこんな寝湯がございました。
あまりゆっくりできなかったのが残念。

他にもいくつか浴槽がありましたが(うろ覚え)
はっきり覚えてないあたり、温泉じゃなかったのかも…

tamuraDSC05469

こちらには家族風呂もあるらしいです…
源泉かけ流しらしいので、ぜひとも入ってみたい所ですよ!

tamuraDSC05468
なんと、床屋さんも併設されておりました!
この「髪」暖簾いいですね!
休憩室もあったり、家族風呂もあったりで
本当に、地元の方々の憩いの場なんでしょうね。(´∀`*)



newichikoki at 01:10|PermalinkComments(0)

2017年09月19日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(ラムネだけ編)

さて、3日目でございます。
谷地温泉を出発し、同じ八甲田山中にございます、「ぬぐだまりの湯 八甲田温泉」に参りました。
夏といえばここでしょ!
tamuraDSC05435


tamuraDSC05436

しかしながらですね、この時何らかの事情で大浴場「龍神の湯」が使えなくなり
別館にある「らむねの湯」オンリーだったのです⊂⌒~⊃。Д。)⊃
でもらむねだけでも入れるのは有難いですし、特別価格500円だし
(通常は龍神の湯+らむねの湯で1,000円。らむねの湯単体は通常やっておりません。)
早速入りましょう!


tamuraDSC05437

やはりお客さんは少な目かなぁ(´・ω・`)
仕方ないですが…
tamuraDSC05439

らむねの湯の湯小屋が見えてまいりました!

tamuraDSC00173

浴室はお客さんでいっぱいでしたので、2014年に訪問した写真をはっつけておきます!
透明感のある、少しすっぱい36℃程度のぬる湯です。

tamuraDSC05447

特筆すべきはやはり、この泡付っぷりでしょ!
今回も期待以上のアワアワでした!
そしてこの季節に相応しいぬる湯ときたもんですから、
お客さんだって長湯になりますわな!
我々もかなり長い事入っておりましたが!
tamuraDSC05444

前回もあったかどうか忘れましたが、湯上りのお水もセットされておりました。
ぬる湯でもなんだかんだで脱水しますもんね。
温泉旅館におけるこのサービスはいつも有難いと思っております。

tamuraDSC05441

今回は休業中だった「龍神の湯」外観。
またこんどくるからねー!('◇')ゞ
※2017年9月現在、両方の浴室とも通常営業しております。



newichikoki at 01:41|PermalinkComments(2)

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(いきなり宿泊編)

新青森駅に到着した後、マイカーをピックアップしそのまま八甲田方面へGO!


tamuraDSC05382

今夜のお宿はそう…谷地温泉ですよ!
すっかりご無沙汰しておりました\(^o^)/
別会社に譲渡後初の訪問です。

tamuraDSC05412
館内ロビーです。
以前と若干レイアウトが変わったかな?
雰囲気は以前と同じでしたので安心いたしました。
そしてこちらで念願のテンのぬいぐるみを購入!

tamuraDSC05386


tamuraDSC05385

チェックイン後すぐに部屋に入ったらすでに布団が敷かれておりました!
我々チェックインが遅かったからね…(17:30頃)申し訳ないです。

tamuraDSC05408

夕食は食堂にていただきます。
これは以前から変わっておりませんね。

tamuraDSC05409

食事は以前より少し立派になった気がします。
(その分、宿泊代が上がりましたが)
↑こちらに天ぷらとミートローフが付きましたよ。
イワナの塩焼きが健在で安心(*´▽`*)
これがないとねぇ!谷地温泉の重要アイテムだと思います。
tamuraDSC05428
ちなみに朝はこんな感じです。
アッサリして食べやすかったです。(もち完食!)

tamuraDSC05405

そしてお風呂なのですが、ご存じの方もいらっしゃいますが
撮影禁止なので写真はございません。
ちなみに男性(混浴)浴室と女性浴室は入れ替え制なので、
混浴にある足元自噴浴槽を男女関係なく安心して堪能できます(*´Д`)

tamuraphoto01
※HPより拝借させていただきました。

このように2槽に分かれているのですが、片側は36℃の霊泉、
もう片方は42℃の熱湯と呼ばれる所です。
この霊泉はかけ湯にも使用されていて、アビるとたまんないのですよ(*´Д`)
混浴の方は足元から直接自噴しておりますので、思い切り堪能できます。
女性浴室も同じ造りなのですが、(ややコンパクト)霊泉は
湧出場所からの引き湯になっているそうです。
この2槽の異なるお湯を往来がたまらないのです♥
まさに真夏に相応しい温泉でございます(´∀`*)

tamuraDSC05432

翌日、ちょい天気が良くないですが出発!
駐車場にある、谷地湿原入口です。
tamuraDSC05433
晴れていれば、もっといい眺めになったのですが…(´・ω・`)

さぁ、今日は津軽方面の湯へ出発ですよ!



newichikoki at 01:15|PermalinkComments(0)

2017年03月27日

GW企画!青森を行く(古町温泉編)

八甲田温泉でHさん達とお別れしたのち(お世話になりました!)
DanさんRonさんと共に南部町へ~~

tamuraDSC04078
南部町にございます数少ない温泉「古町温泉」ですよ!
桜が綺麗(*‘∀‘)
そういえば、2年前にも訪問していたのでした。

tamuraDSC04096


 温泉旅館のような佇まいですが、メインは日帰りのようです。
入口にはコインロッカーが設置されておりますぞ!
tamuraDSC04079
 なんと、サービスも満点!
平日にこれだけの入浴料なのはかなりうれしいですね(∩´∀`)∩
tamuraDSC04081
 外見は鄙びた建物ですが、館内は綺麗で清潔感あります。
そして手作り風民芸品が所々に飾られていて、見るものを楽しませてくれます。
tamuraDSC04083

浴室はかなり近代的!
透明感のあるお湯ですが、うすく白濁りなお湯です。
こちらは源泉温度が低めなので沸かして利用しているのですが浴槽温度は42℃と適温です。
浴槽は思った以上に深めにできてました。

tamuraDSC04085

湯口は熱めでございます。
 
tamuraDSC04093

なんと、カランからは源泉が出ているもよう!
この源泉からは硫黄臭がいたしました♥舐めてみましたが、味が感じられず。
この源泉をRonさんと一緒に楽しみましたよ( *´艸`)
夏とか洗面器いっぱいカブりたいですよね~ 
(↑一般人には決して理解されないこの気持ち) 

tamuraDSC04094
 脱衣所に貼ってあった張り紙。
術後の傷跡を気にされる方は女性には特に多いかと思われます。
たしかにこれがあれば、人目を気にせず温泉が楽しめそうです( ´▽`) 
このサービス見たのはこの温泉が初めてでしたよ。 
もっと広まってもいいと思うのですが~~ 

それにしても、お客さんひっきりなしに訪れる温泉です。
この町で数少ない入浴施設なので、これからも頑張っていただきたいです!

ここのお湯を〆に、青森県を後にしたのでした。

tamuraDSC04097
おまけ

 紫波SAで食したソフトクリーム♥
めっちゃ美味しかったです!
最後まで私の運転に合わせてご一緒してくださったDanさんRonさん、ありがとうございました! 


newichikoki at 01:35|PermalinkComments(0)

2017年03月21日

GW企画!青森を行く(八甲田温泉編)

お次は東北町へ突入~~!!

tamuraDSC04053
 私の強いわがまま要望により、立ち寄ってくださいました。
「八甲ラヂウム温泉」でございます!
念願の温泉ですよ!!
何度も近くを通ったもののなかなか立ち寄る機会がございませんでした。
お付き合いしてくださった皆さんに大感謝です!(∩´∀`)∩

DSC04073
 お隣には宿泊施設もございました。
ただし、現在は営業しているのかどうかは不明です。

tamuraDSC04054
 おおっ!玄関にいきなりこんなものが!
「日本にただ一つの天然ラヂウム原石」ですよ!ありがたや~!!!!
北海道の長万部から運ばれたとの事ですが、長万部にはこんな石がゴロゴロ転がっているのでしょうか…


tamuraDSC04055
tamuraDSC04055
tamuraDSC04056
 館内はこんな感じでグリーンカーペットが一面に広がっております。
 
tamuraDSC04055
そして先ほどのラヂウムについての長い説明分。
せっかくの柳沢先生についての説明分の上に新聞記事貼っちゃって大丈夫なの(;´Д`)

tamuraDSC04059
 そして浴室でございます。
誰もいらっしゃらなかったのですが、これはかなりラッキーな事らしいです。
普段はもっと混んでいるとか。
たしかにいつも駐車場は満杯でしたもんね。

tamuraDSC04063


tamuraDSC04061
 角っこの岩部分が湯口です。
一見黒っぽいお湯に見えますが、お湯自体は薄い茶色です。
 薄く硫黄臭がし、舐めると旨味がいたしました。
この岩自体がラヂウム鉱石なんでしょうか?

浴槽自体はかなり深めにできております。
そしてちょっとだけ泡付きがございました。
tamuraDSC04066
 
tamuraDSC04065
 今はなかなかお目にかかれないレトロ浴槽でございます。
盛り上がった縁の浴槽といえば、浪岡温泉でしょうか。
貴重ですよね。

tamuraDSC04070
 なんかこんなん貼られてましたけれど(;´Д`)
髪を染めている人をチクったら入浴券もらえるとな!!
そこまでするほどに、経営者は困っていらっしゃるんでしょうかね…

 いや~それにしても噂通りの温泉でした!
鄙び加減的にいつなくなるか不安でしたので、今回入浴できてよかったです! 

newichikoki at 01:56|PermalinkComments(2)