2016年10月31日

GW企画!青森を行く(正観湯編)

今年のGWに青森遠征してきました。
ここ最近の私はGW=青森となっておりますよ。

tamuraDSC03671

tamuraDSC03645

大鰐弘前IC付近で必ず見かける「正観湯」の看板が気になってこの度とうとう訪問する事ができました!
(今までなかなか機会がなかったもので)
気が付かなかったのですが、国道沿いすぐかと思いきや、結構奥の方にあるんですね。

tamuraDSC03647
「霊湯」というのがまたそそられますよね!温泉好きとしては!

tamuraDSC03648
こちらに立ち寄ったのは午前10時くらいでしたのでお客さんはまだいらっしゃらない様子でした。
(あるいは一旦、ピークが過ぎたのかも…)
入浴料を払い、奥へと進みます。
うっすら演歌が流れているのがいいですね  
これぞ演歌物泉! 

tamuraDSC03650
 おっ♥
季節柄こんなものが販売されておりました。
個人的な話をしてしまうと、私、わらびが好きなんです!
アク抜きが面倒なのがあれなのですが(;´Д`)

tamuraDSC03656
浴室どすえ。
なぜか不思議な位置に柱があります(;´∀`) 

tamuraDSC03655
柱を回避してみました(笑)
お湯は見事に無色透明でございます。
近くの大鰐温泉もこんな感じですので納得かな。 


tamuraDSC03659
 こちらは源泉温度が38℃しかないので加温して利用されているのだそうです。
湯口からは微妙に 温泉臭を感じます。スベスベ感も少しあります。
浴槽は42℃に設定されており、これはかなりマッタリできる温度でした(*´▽`*)
特徴の弱い泉質ですが、お湯触りがやさしいのですよ。
朝一番のお風呂にピッタリです(笑)

それにしても、この湯口不思議な形です。
(勝手にチューリップ湯口と命名!だってメモにそう書いてあったし…)
 
tamuraDSC03664
なぜか浴槽の底まで撮影してしまいました。
これは排水口なんですが、栓が木製なのがいいね!

tamuraDSC03662
柱があまりにも見事でしたので、つい天井を撮影してしまいました!
立派な梁ですよね。きっといい木材なんでしょうね~


tamuraDSC03667
一汗かいた後に有難~いお水のサービスです(*'ω'*)
なんだかんだで喉が渇きますからね
体内も潤して一休みでしましょうぞ♥

とても穴場な温泉施設です。
大鰐温泉とも泉質が微妙に違うのがまた不思議ですね。
また青森に来たら再訪したいなぁ。
 


newichikoki at 01:58│Comments(0)青森県の温泉 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字