2016年10月12日

2016年初の…もうやめーや!

お次は湯めぐりですよ!(むしろそれが本題)

鶴子そばから車で数分の場所にある、鶴子温泉「勘兵衛荘」へ参りました。
大河ドラマの軍師官兵衛の方じゃないですよ。
勘兵衛ですよ。
(いつのネタだよ) 

tamuraDSC03500


tamuraDSC03513

数年前に訪問した時はお子さんがお出迎えしてくださったなぁ。
もうお子さんは立派な青年になっているかと思われます。

早速赤い絨毯が敷き詰められた廊下を踏みしめ、浴室へと向かいます。

tamuraDSC03512
レッドカーペットではなく、ゴザカーペットでございます。
休憩用のパイプいすがえらい並んでおり、湯上りに休憩するお客さんへの思いやりが伝わりますねぇ。

tamuraDSC03503
 あれ?Σ( ̄ロ ̄|||)
なぜか半分ビニールシートに覆われておりました。
おそらくですが、沸かし利用の為この寒い地域ではお湯の温度が下がってしまうためビニールシートて保温していたんでしょうね。
元に戻せば大丈夫かしら…とシートをゆっくりはがしていきました。

tamuraDSC03509

作業終了!
まずはゆっくり浸からせていただきますよ。 

tamuraDSC03507
 
若干の白にごりのある、透明なお湯でちょっと硫黄臭がいたします。
前述のとおり、源泉温度が元々低い為加温利用しております。
体感温度は41度くらいかな。 
ちょいスベスベ感のある、肌さわりのやさしいお湯です。

上がった後は、もちろんシートを元へ戻し原状回復(・∀・)つ
 
tamuraDSC03516

旅館から出ると、外の住人に出くわしました。
表に積んであった資材に混ざって保護色で気が付かなかったです
もしかしてずっといたんか 
彼(彼女かもしれない)はこちらを見るなり、クールに立ち去っていくのでありました。 
 


newichikoki at 00:50│Comments(0)山形県の温泉 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字