あっ!猿!!2016年度忘年会!(黄金川温泉 白鳥荘編)

2017年12月31日

2016年度忘年会!(小原温泉 旅館しんゆ編)

宮城は白石市へと到着。
小原温泉「旅館しんゆ」に入りますぞ!!

tamuraDSC06680
何度かお邪魔しておりますが、今回はほんと4~5年ぶりになるかと思います。
小原温泉は全部で3軒ございますが、「しんゆ」さんだけ離れた場所にございますよ。

tamuraDSC06706
こじんまりとした、とても綺麗な館内でございます。
早速浴室へ!

tamuraDSC06682

こちらには内湯&露天風呂がございますが、入口が別々になっております。
最初は内湯・・・・!

tamuraDSC06691

の前に、露天風呂に入りますぞ!!
(割と意味のないフェイント)
tamuraDSC06692

扉を開けるとグリーンカーペットが中庭に広がっているではありませんか!
tamuraDSC06683
そしてその先には、露天湯小屋がございますよ!

tamuraDSC06685
とっても風情のある、露天風呂です(´▽`*)
景色も最高ですしね♪
紅葉の時期なんかは特にいいのではないでしょうか…!
tamuraDSC06687
お湯は無色透明で、芒硝の香りがいたしますよ。
舐めると旨みがいたしました。
なぜかこの時は温度は熱めで44℃くらいございましたよ。
(芒硝泉の44℃は割と熱く感じるのよ…(;´∀`))
冬だし、露天だし、このくらいがベストなのかも?

tamuraDSC06690

よぅ~く見ると、析出物で回りが縁取りされておりますよ。
芒硝泉は特徴的な白っぽいトゲトゲの析出物になりますよね。
いつもニンマリして眺めております。(キモッ)

tamuraDSC06694

露天を堪能した後は、内湯だぁ~!
こちらはかなり広めでございます。

tamuraDSC06699
反対側はこうなっております。
観葉植物と椅子がトロピカルで素敵。

tamuraDSC06698
こちらも同じ源泉な訳でして、芒硝泉な訳でして、やはり湯口がこんな状態になっておりました!
握ったら痛そ~♥
そう思いながらニヤニヤこいつを眺めておりました。(キモッその2)

湯口は熱いのですが、少し離れた浴槽内では42℃くらいでした。
ちょっとホッとしましたっけよ。

tamuraDSC06696
床のタイルもレトロで素敵♥

こちらは本当に隠れた宮城の名泉かと思います。
(案外この手の泉質が県内には少ない気が)
宿泊したら、どんな感じなのだろう…いつか宿泊して存分に堪能してみたいです。



newichikoki at 00:32│Comments(0)宮城県の温泉 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
あっ!猿!!2016年度忘年会!(黄金川温泉 白鳥荘編)