秋だし、新そばを食べるよ!秋だし、温泉に入るよ!(いつもの事やん!②)

2017年11月26日

秋だし、温泉に入るよ!(いつもの事やん!①)

で、冷え切った体を温める為にですね、温泉に入る訳ですよ。

tamuraDSC06161
物凄い近場にある、大石田温泉「あったまりらんど深堀」にまいりました!
お蕎麦もあり、団子屋もあり、温泉もありで本当に大石田町がうらやましいです!

tamuraDSC06162
入口に近づくと…
なんと!これが本当の猫バス!!
これは絶対に入らねば!入るべきでしょ!!

DSC06239

こちらは何度かお邪魔しております、猫バスっていつできたの?
まずは館内へ入りますといろんな町内のお土産が売っております。
その中に入浴券受付なる場所を見つけ、浴室へと向かいますよ。

tamuraDSC06173
早速浴室!
奥の方が熱い浴槽で、手前はぬるい浴槽+ジャグジー+寝湯になっております。
薄い紅茶色をしており、スベスベします。
奥の熱湯は42℃で、ぬる湯は41℃ございました。
塩素投入されておりますが、それでも臭素臭的香りが感知できました。
tamuraDSC06175
あがり湯。
かぶり湯とも言うのか…
tamuraDSC06176

かぶり湯の湯口なんですが、えらいじゃんじゃん投入されております(笑)

tamuraDSC06169

やはりこちらのメインは露天でしょ!
かけ流しなので、鮮度が違います!
だって、こちらのが泡付きがあってスベスベしますもん。
臭いもバツグンですね。

tamuraDSC06166

温度も42℃くらいでした。
この時期はこれくらいが最適かな。
天気もいい事だし、ゆっくり温泉に浸かり…おっと!先ほどの猫バスはいずこ?

tamuraDSC06163
猫じゃなーい(´;ω;`)
どゆ事?
tamuraDSC06164

贅沢言っている場合じゃないので入ります。
この陶器風呂、最高です!!41℃といいぬるさ!!
泡付き加減も内湯とだんぜん違います!そして陶器なので余計スベスベします!

tamuraDSC06172

陶器のフチには大石田焼 次年子窯と記載されております。
大石田町では陶器もやっているのでしょうか!Σ(・ω・ノ)ノ!
(あってもおかしくない。そんな雰囲気)
この湯船は特注品なのですね。

そういえば、猫バスはいったいどこ…(´・ω・`)とつぶやいた所
近くにいらした地元の方いわく
「男湯の方にしかないのよ」との事…
色々調べたところ、浴室は日ごとに入れ替え制になっているみたいですね!
となると、猫バスに会えるのもそう遠くないのかも(∩´∀`)∩

こちらの湯は本当に温まります。
さすがお蕎麦の町!冷やす所もあれば温める所も兼ね備えているとは!



newichikoki at 02:25│Comments(3)山形県の温泉 

この記事へのコメント

1. Posted by へす   2017年11月26日 10:00
5 ナカーマ♪

2. Posted by レン   2017年11月26日 19:18
ふふふ、我輩は2回行って2回とも、猫バスですじゃ
3. Posted by いちこ   2017年11月29日 01:21
>へすさん
おお(´;ω;`)ここに仲間が!

>レンさん
ある意味最強の運の持ち主ですよ!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
秋だし、新そばを食べるよ!秋だし、温泉に入るよ!(いつもの事やん!②)