2018年05月

2018年05月22日

10月にいきなり津軽ですよ!(畑中温泉 田舎館老人憩いの家)

お腹も膨れた所で、湯めぐり再開です。
田舎館といえば、(私の中で)あの温泉ですね!

tamuraDSC08927

畑中温泉「田舎館老人憩いの家」でしょう!!
絶好調の日も、なぜか湯温が下がった日もお邪魔してすっかりおなじみです。

tamuraDSC08943
昔の公民館を思わせる造りです。
(確かに40年以上前の建物だったりします)
受付で料金を支払い、右奥の浴室へ向かいます。

tamuraDSC08929
古い建物でも綺麗に手入れされているので好感度高いです。
早速はいりましょう!

tamuraDSC08937
丁度お客さんが出た所でしたよ。
薄く黄色みがかった透明湯で、お湯はじゃんじゃんかけ流されております。
この日は44℃と高めでございました。
微~アブラ臭が漂いますよ(*´▽`*)♥

tamuraDSC08934
白飛びしておる…
お湯は舐めると少し旨味がいたします。
そして特筆すべきはここの泡付きですね~(∩´∀`)∩
ツルッツルして気持ち良いですよ!
でもいつもよりは泡は少ないかなぁ?

何年か前に訪れた時、泡が付きすぎて白っぽくなっていてビックリした事がありますw

tamuraDSC08933
カランももち温泉ですよ。
それにしても、湯量の抱負なこと!

tamuraDSC08940

なんと給水器がございましたよ。
体が温まるので水は必須ですね!

こちらは何度来ても良いお湯です。
いつまでも続いてほしいなぁ~


newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年05月21日

10月にいきなり津軽ですよ!(ラーメン編 やまや)

ここでお昼となりました!!
みんな津軽といったら津軽中華だよね!
田舎館村でラーメンといったら…?

tamuraDSC08925
やまやさんとなるでしょう!
看板がないのでちと分かりづらいです。

tamuraDSC08920
店内はこんな感じでございます。
ご家族で経営されているようで、お二人で切り盛りされている様でした。
そしてお客さんはどんどん入ってきます。

tamuraDSC08921
早速注文いたしましょう!
壁のメニュー表には…あれ?「ラーメン」500円のみ…?

tamuraDSC08922
ちなみに大盛りは不可との事です。

tamuraDSC08923
着丼いたしました!
おおっ!見た目も美しい!津軽中華の王道でしょう!!

tamuraDSC08924
白い細めの麺でございます!
スープもクセがなく、でも香ばしい味です。
これは毎日食べに行きますわ…!

お腹がいっぱいになった所でお次のお湯へと向かいます!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)ラーメン 

2018年05月19日

10月にいきなり津軽ですよ!(湯川温泉 湯川山荘)

10月の後半くらいに青森は津軽地方へ参りました♥

tamuraDSC08850
まず伺いましたのは数年前に廃業となりました「温川温泉 温川山荘」でございます。
何やら山荘を買い取った方がいらっしゃって、今オープンの支度をされているとか。
宿泊は無理ですが、立ち寄りはOKらしいです!
それでも復活は嬉しいですね(*´▽`*)

tamuraDSC08853
この吊り橋を渡るのは何年振りだろう?
そして見事な紅葉です。

tamuraDSC08858
3分ほど歩くとあの懐かしいお姿が!!
建物が劣化していなくて本当に良かったです(*´▽`*)

tamuraDSC08856
それにしても、この時期に温川付近を通る事はなかったのですが紅葉がこんなに綺麗とは…!
穴場の紅葉スポットですねぇ( *´艸`)

tamuraDSC08859
紅葉を堪能した所で、改めて館内にお邪魔いたします。
まだまだ未完成のようで、必要最低限の設備しかございません。
(トイレは使えます)

tamuraDSC08860
館内は閉鎖された当時のままになっておりました。浴室入口もこの通り。

tamuraDSC08861
ですが、少しづつ手を加えている様子です。
脱衣所はすっかりリニューアルされておりました✨

tamuraDSC08864
浴室ですよ!
このお姿を再び拝む事ができるとは!!
窓の外から美しい紅葉が見え、この浴室全体をより引き立たさせております。


tamuraDSC08870
湯口はちょっと変わったかな?
無色透明のお湯ですが、旨みがハッキリとわかるタマゴ硫黄味です。
そしてフンワリとかすかに硫黄臭が。

そうだ、このお湯に会いたかったのだ!!

tamuraDSC08868
この見事な職人技も健在でした!
浴室は何年か放置されていてもちゃんと当時のまま残っていたんですね。
朽ちるときはあっという間ですもんね、建物って…

懐かしい気持ちでこのお湯にしばらく浸かってました(*´▽`*)

tamuraDSC08873
洗い場も少し改造されておりました。
タライを置く板がナイスアイディアですね。
鏡にあの見事な細工が映っておる…
tamuraDSC08875
こちらが復活されると聞いて居ても立っても居られなかったです。
2018年現在、まだ宿泊まで設備が整っていないらしいですが
これでまたお客さんがいらして盛り返してくれればなぁと思います。



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年05月18日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(雫石温泉 ホテルプリンス雫石)

ラストのお湯でございます!
tamuraDSC08838
皆さん大好き!雫石温泉「雫石プリンスホテル」でございます。
よく日帰り温泉本にてお世話になっております。
今回もお世話になります。

tamuraDSC08842
こちらは地元の方にも人気でいつもお客様が絶えません。
他のプリンスホテルを知らないのですが(貧乏だからね!)
こちらは地域密着型なので親しみやすいというのがすばらしい所だと思います。

tamuraDSC08843
奥にある浴室へレッツゴーですよ!
この入口前では従業員の方がかき氷サービスを行っておりましたよ♪

tamuraDSC08846
露天風呂でございます。
といいますか、露天風呂しかございません。
薄い紅茶色のちょっと熱めなアブラ臭のするお湯です。
人によってはこのアブラ臭が刺激臭ととらえかねないので露天にしたのはそんな理由なのかな。
洗い場をガラス扉で区切ってあるし(´・ω・`)
ちなみに私は大好物です♥

tamuraDSC08845
湯口は手前側に2つついております。
この表示の通り、触るとかなり熱い!Σ(゚Д゚)
浴槽に張ってもちょい熱めくらいにしかならないですもんね。

tamuraDSC08847
こちらの目玉はなんといっても浴槽のすぐ目の前にある池でしょう。
鯉たちがオーバーフローしたお湯にどんどん集まってきます。
鯉も寒いのね…

鯉があまりにも頭を出しているので頭を思い切り指でこづいている人がいたんですが
それはどうなの…(´・ω・`)

こうして2017年度紅葉を見る湯めぐりの旅も天候に恵まれなかったものの
無事終了となりましたとさ。
このイベントと須川参りが終わるといよいよ冬に入るなぁ…と毎年思うのでした。

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

2018年05月17日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(国見温泉 石塚旅館)

46号線を岩手に向かって走り、毎年恒例のあのお湯に着きましたぞ。

tamuraDSC08801
国見温泉「石塚旅館」でございます!
去年はタイムアウトで行けなかったので、訪問できて本当によかった!

tamuraDSC08809
山登りの時期とも重なっておりましたので、お客さんもたくさんいらっしゃいました。
受付を済ませた後、我々は真っ直ぐ中浴場へと向かうのでありました。
だって、空いているんだもん。

tamuraDSC08836
今日の湯温がばっちり表示されております!
うん、適温♥

tamuraDSC08825
ヒャッハー♥
アブラ臭ギンギンの浴室でございます!
そして例のごとくゲキアツなので誰一人この浴室に長居しておりません。
ゲキアツといっても44℃程度でした。
ここ最近の平均は(私データ)45~46℃なのでこの日は温いかもしれません。

tamuraDSC08816
なんと、よく見ると浴槽内に半透明状の破片みたいなのがチラホラ…
時間が経つと出来るという噂の油膜でしょうか?
(朝一番に入らないと見れない模様)

tamuraDSC08813
内湯より温めの露天へ移動。
温いといっても42℃なので一般的な湯温だと思います。

tamuraDSC08815
毎年ここでお湯を飲んで「ニガマズ!」と叫ぶのが恒例ですが
今回もまったく同じことをしましたw
お湯に変化はないという事で無問題!
それだけ効果がテキメンという事でしょう(*´▽`*)


tamuraDSC08818
露天から眺めた紅葉…ですが、あいにくの天気&逆光で綺麗に撮影できなかった(´・ω・`)
今まで見た国見温泉付近の紅葉で一番最高でした!

tamuraDSC08837
ラストは大浴場で仕上げますw
もうこちらは人がいっぱいでして…画像はなしよ。
シャワーもこっちには沢山あるし、お湯も41℃くらいなので大人気なんですね。

浴槽をハシゴした後、真向かいのソファーでマッタリ(*´ω`)
運転の疲れが出たのかしばらくグッタリしてました。
それでも最後のお湯に向かいますけれどね!(えー)

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)岩手県の温泉