2018年05月

2018年05月26日

10月にいきなり津軽ですよ!(百沢温泉 清明館)

岩木神社の近くまでやってきました。
この近くにも温泉旅館が集結していますね(*´▽`*)

tamuraDSC08987
実はまだ未湯だった「清明館」へお邪魔いたしました。
岩木神社すぐ脇にございます。
お参りの方用の旅館なのかしら?

tamuraDSC09019
とても綺麗な館内でございます。
早速入浴料を支払い、浴室へと向かいますよ。

tamuraDSC09014
なんとΣ(゚Д゚)
お金を入れるトレーがあらかじめ準備されておりましたよ!
宿泊以外にも日帰りも積極的に受け付けていたんですね。
やっぱり留守の時にここにお金いれるのかしら…?

tamuraDSC08989

暖簾の向こう側が浴室でございますよ。
この瞬間はいつもワクワクしてしまいます(笑)

tamuraDSC08993
窓が大きく、陽の光が差すとても明るい浴室でございます。
壁も新しめ?少し改装されたのでしょうか。

tamuraDSC09002
お湯は百沢温泉にしては少し透明感のある笹濁りのお湯です。
しかし浴槽の縁は赤く染まっております。
湯の花も多いのでしょう。

tamuraDSC09004
ラーイオーンウォウウォウウォウラーイオーン♪
仙台に楽天がなかった頃は西武系のデパートでやたらセールやってましたねぇ…
という訳でライオン湯口でございます。
ダァダァお湯がかけ流されておりますよ!
舐めると甘味がし、鉄臭がプンプンいたします♪

tamuraDSC09012
乗せてみました。

こじんまりとした浴室でありながら、なかなか開放感のある浴室と
パワーのあるお湯でございます。
このあたりは大体鉄系のお湯なんですが、施設によってだいぶ浴感が違うなぁと思います。
だからこそ、湯めぐりのしがいがあるというものですが(`・ω・´)

お次は本拠地へ向かいますぞ!

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年05月25日

10月にいきなり津軽ですよ!(湯段温泉 時雨庵)

お次は岩木山の麓、湯段温泉に参りました。
もう2軒ほどしか営業していないっていうじゃない( ;∀;)
私が青森に初めて行ったときは5軒は営業しておりましたぞ…

tamuraDSC08949

tamuraDSC08950

私が大好きな温泉の一つ、「時雨庵」に参りました。
別荘地の中にある旅館でございます。
バス亭がございますがバスが停まる訳じゃないっす。

tamuraDSC08952
玄関開けたらサトウのごはん!…じゃなくってねこちゃん!!

tamuraDSC08953
なんていいますか、人間っぽい仕草に驚きましたよ( *´艸`)
まるで三つ指ついている女将のようではありませんか!
かなりなれっこい猫ちゃんで、触っても全然嫌がりませんでした。

tamuraDSC08978
早速お邪魔いたしますよ。
こちらには浴室が2つあり大きい浴槽と小さい浴槽がございます。

tamuraDSC08955
最初に女子組に大きい浴槽を譲ってくださいました。
ありがとうございます~!
笹濁りの鉄臭のするお湯でございます。

tamuraDSC08956
手前の溝はなんやねんと思ったら、なんと溝じゃなくてお湯が流れた後に析出物がたまった所でした!
すっかりお湯の通り道が出来上がっております!
これでこのお湯の濃さが伝わるのでは…!

tamuraDSC08963
42℃と適温で、鉄炭酸臭がし、舐めると甘味がします。
お湯の中では細かい泡付きがございます。
これがまた気持ち良い!(*´▽`*)
うっかりマッタリしていたら男性チームに「遅い!」と怒られました。
ごめんちゃい(;´∀`)

tamuraDSC08965
飲泉用の枡も設置されておりましたよ。
テイスティングはもちろんこれを使わせていただきました♥

tamuraDSC08968
湯口の中はこうなっておりました。(フタ開けんな…)
源泉がシュワシュワ勢いよく出てきてます!

tamuraDSC08971
もちろん、小さい浴槽の方に入りましたよ。
こちらは41.5℃と温めです。
2人分しかスペースがないので、小さい浴槽ファンとしてはかなり落ち着くものがございますよ!

tamuraDSC08972
大浴場と同じお湯なんですが、泡付きはこちらのが多かったです。
小さい浴槽のせいかのかな・・?
いずれにせよ、鮮度バツグンなのです。

tamuraDSC08961
おおっ!手書きのポスター!?

こちらは雰囲気がとても良いですし、
猫ちゃんもいらっしゃるので一度宿泊してみたいのです!
ご飯も美味しいと聞きましたので!

そして一晩中あのお湯に浸かれたら…と思うとたまらん!( *´艸`)



newichikoki at 00:17|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年05月22日

10月にいきなり津軽ですよ!(畑中温泉 田舎館老人憩いの家)

お腹も膨れた所で、湯めぐり再開です。
田舎館といえば、(私の中で)あの温泉ですね!

tamuraDSC08927

畑中温泉「田舎館老人憩いの家」でしょう!!
絶好調の日も、なぜか湯温が下がった日もお邪魔してすっかりおなじみです。

tamuraDSC08943
昔の公民館を思わせる造りです。
(確かに40年以上前の建物だったりします)
受付で料金を支払い、右奥の浴室へ向かいます。

tamuraDSC08929
古い建物でも綺麗に手入れされているので好感度高いです。
早速はいりましょう!

tamuraDSC08937
丁度お客さんが出た所でしたよ。
薄く黄色みがかった透明湯で、お湯はじゃんじゃんかけ流されております。
この日は44℃と高めでございました。
微~アブラ臭が漂いますよ(*´▽`*)♥

tamuraDSC08934
白飛びしておる…
お湯は舐めると少し旨味がいたします。
そして特筆すべきはここの泡付きですね~(∩´∀`)∩
ツルッツルして気持ち良いですよ!
でもいつもよりは泡は少ないかなぁ?

何年か前に訪れた時、泡が付きすぎて白っぽくなっていてビックリした事がありますw

tamuraDSC08933
カランももち温泉ですよ。
それにしても、湯量の抱負なこと!

tamuraDSC08940

なんと給水器がございましたよ。
体が温まるので水は必須ですね!

こちらは何度来ても良いお湯です。
いつまでも続いてほしいなぁ~


newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年05月21日

10月にいきなり津軽ですよ!(ラーメン編 やまや)

ここでお昼となりました!!
みんな津軽といったら津軽中華だよね!
田舎館村でラーメンといったら…?

tamuraDSC08925
やまやさんとなるでしょう!
看板がないのでちと分かりづらいです。

tamuraDSC08920
店内はこんな感じでございます。
ご家族で経営されているようで、お二人で切り盛りされている様でした。
そしてお客さんはどんどん入ってきます。

tamuraDSC08921
早速注文いたしましょう!
壁のメニュー表には…あれ?「ラーメン」500円のみ…?

tamuraDSC08922
ちなみに大盛りは不可との事です。

tamuraDSC08923
着丼いたしました!
おおっ!見た目も美しい!津軽中華の王道でしょう!!

tamuraDSC08924
白い細めの麺でございます!
スープもクセがなく、でも香ばしい味です。
これは毎日食べに行きますわ…!

お腹がいっぱいになった所でお次のお湯へと向かいます!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)ラーメン 

2018年05月19日

10月にいきなり津軽ですよ!(湯川温泉 湯川山荘)

10月の後半くらいに青森は津軽地方へ参りました♥

tamuraDSC08850
まず伺いましたのは数年前に廃業となりました「温川温泉 温川山荘」でございます。
何やら山荘を買い取った方がいらっしゃって、今オープンの支度をされているとか。
宿泊は無理ですが、立ち寄りはOKらしいです!
それでも復活は嬉しいですね(*´▽`*)

tamuraDSC08853
この吊り橋を渡るのは何年振りだろう?
そして見事な紅葉です。

tamuraDSC08858
3分ほど歩くとあの懐かしいお姿が!!
建物が劣化していなくて本当に良かったです(*´▽`*)

tamuraDSC08856
それにしても、この時期に温川付近を通る事はなかったのですが紅葉がこんなに綺麗とは…!
穴場の紅葉スポットですねぇ( *´艸`)

tamuraDSC08859
紅葉を堪能した所で、改めて館内にお邪魔いたします。
まだまだ未完成のようで、必要最低限の設備しかございません。
(トイレは使えます)

tamuraDSC08860
館内は閉鎖された当時のままになっておりました。浴室入口もこの通り。

tamuraDSC08861
ですが、少しづつ手を加えている様子です。
脱衣所はすっかりリニューアルされておりました✨

tamuraDSC08864
浴室ですよ!
このお姿を再び拝む事ができるとは!!
窓の外から美しい紅葉が見え、この浴室全体をより引き立たさせております。


tamuraDSC08870
湯口はちょっと変わったかな?
無色透明のお湯ですが、旨みがハッキリとわかるタマゴ硫黄味です。
そしてフンワリとかすかに硫黄臭が。

そうだ、このお湯に会いたかったのだ!!

tamuraDSC08868
この見事な職人技も健在でした!
浴室は何年か放置されていてもちゃんと当時のまま残っていたんですね。
朽ちるときはあっという間ですもんね、建物って…

懐かしい気持ちでこのお湯にしばらく浸かってました(*´▽`*)

tamuraDSC08873
洗い場も少し改造されておりました。
タライを置く板がナイスアイディアですね。
鏡にあの見事な細工が映っておる…
tamuraDSC08875
こちらが復活されると聞いて居ても立っても居られなかったです。
2018年現在、まだ宿泊まで設備が整っていないらしいですが
これでまたお客さんがいらして盛り返してくれればなぁと思います。



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉