2018年04月

2018年04月27日

栗駒山をウロウロドサ旅(小安峡温泉 山の抄)

須川高原温泉に半日くらい滞在した後、秋田側に国道を走らせました。
一番最初に辿り着くのが小安峡温泉と呼ばれる所です。

tamuraDSC08499


tamuraDSC08478
この近辺を何年もうろうろしていると、冒険したくなるじゃないすか。
そんな訳で車を走らせる途中で見つけた、
素敵なお宿「小安峡温泉 山の抄(しょう)」に突入してしまったのでした。
「日帰り入浴」の看板の文字にまんまと吸い寄せられました(笑)

tamuraDSC08495
館内に入ると…なんとまぁ素敵なロビー!!
カフェもやっていらっしゃる様でした。
早速入浴料を支払い、浴室へ向かいます。

tamuraDSC08480
館内は隅々まで綺麗に管理されております。
それにしても、温泉旅館とは思えないシックな廊下だわ汗

tamuraDSC08481
浴室前でございます。
暖簾もシンプルに「男」「女」(; ・`д・´)
潔くでいいかと!
tamuraDSC08482
脱衣所は木造の壁で素朴で温かみがありますよ。

tamuraDSC08485
そして浴室です!!
なんだかデザイナーズ的な浴室のデザインですΣ(・ω・ノ)ノ!

tamuraDSC08490

お湯は無色透明ですが、よく見ると茶色の細かい湯の花が時折見られます。
湯口からはわずかな温泉臭がし、42℃とこの辺りでは温めのお湯でした。


tamuraDSC08493
天井~~!!
余談ですが、最近浴室の天井を撮影するのが好きです(;´∀`)

tamuraDSC08486

ところで、浴室のドアは普通閉じるものですが、こちらは常に開放しておりました。
脱衣所から風が入ってくるんですよね。
確かに風通りがいいかも!
湯温が低めなのも納得です。

宿泊はお高めですが入浴料金は500円ですので、気軽に立ち寄れるのもポイントが高いなぁと思いました。HPを拝見いたしましたがお料理がおいしそうですよ(*´▽`*)



newichikoki at 01:43|PermalinkComments(2)秋田県の温泉 

2018年04月26日

栗駒山をウロウロドサ旅(須川高原温泉編)

話は飛んで、9月末になります。
この年(2017年)はなぜか秋の訪れが早く、栗駒山も一週間早く紅葉し始めたのでした。

tamuraIMG_0741
繰り返しお伝えいたします、
紅葉し始め…天気悪くて伝わらないやん!(ノД`)・゜・。

tamuraIMG_0742
恒例の須川高原温泉にやってまいりました!!
毎年この時期にやってくるわけですが、その方がお客さんが少ないからです!
(春と秋に入る前は本当にねらい目だね~)

tamuraDSC08452
まずは大日湯に体を浸らせます~(*´▽`*)
大日岩様に今年もいい年でしたとご挨拶。
そして足元が黄色く染まっていらっしゃる。

tamuraIMG_0745
お風呂から上がり、周りをうろうろ。
この足湯は湧出地から直接引いているので、ふつうに熱いです。
昔ここに体ごと入りry

tamuraIMG_0748
山の方をお散歩。

tamuraDSC08453
山支度ではないので、ここまで。
頂上付近は紅葉がとっても綺麗との事でした。
遠めからでも分かるのですが、何分腕が伴わないので画像がイマイチなんですよ( ;∀;)

tamuraIMG_0752
そして湧出ポイント。
入りたいですが、ゲキアツなので眺めるだけです。
でも入りたいなぁ~~~

tamuraDSC08456

お次は館内のお風呂へ。
霊泉湯と呼ばれている中浴場へと参ります!!

tamuraDSC08466

|д゚)チラッ

tamuraDSC08460
おおっ♥
思わずうなってしまいました。
ちょっと浴槽の縁が補修されておりますが、相変わらず元気なお湯を出し続けている中浴場でございます(*´▽`*)

tamuraDSC08461
変形タイプの湯口にもすっかり慣れました。
ここに指で落書きしたいんですが(やめて)お湯が熱すぎていつも断念しています。

tamuraDSC08463
ちな、覗くとこうなっております。
湯の花モコモコ!!

しばらくこの浴室で寛いでおりました( *´艸`)
ここってかなり熱めなのであまり人がいつかないのがいいのです。
途中でお客さんが入ってきましたが、45℃の熱湯に耐えられずすぐに上がっていかれました。
私は出たり入ったりを繰り返し幸せな気分に一時間くらい浸っておりましたよ。

tamuraDSC08467
浴室の出口付近の湯治場用洗い場。
マンガもそろっておりますぞ。

tamuraDSC08468
最後に大浴場にも参りました。
内湯は込み合っておりましたが露天は人がおりません。
ここも穴場でしてね…

tamuraDSC08475
結構なオーバーフローっぷりなので、トドができちゃうというね♥
(他の方の迷惑にならない程度にしようね)
タッフタフの洗い場を見て幸せな気分になっておりました。
湯温も内湯よりやや熱めなのもいいですね。

こうして幸せ絶頂な須川参りを2017年も達成いたしました(笑)



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)岩手県の温泉 

2018年04月25日

憧れの群馬に行ったよ!(川原湯温泉 王湯)

さて、そろそろ帰路につきませんと本日中に家に着きません(笑)

tamuraDSC08443
最後にひとっぷろ浴びたく、ついつい立ち寄ってしまった
川原湯温泉「王湯」でございます。
リニューアルしてから2度目の訪問ですよ。

tamuraDSC08444
この家紋は昔からあったね(*´▽`*)

tamuraDSC08446
早速体を温めよう!
先ほどはぬる湯だったうえに運転してちょっとお疲れモードでしたのでここで休憩ですよ♪
真ん中の王湯の看板は改築前の浴場に飾ってあったものっぽいです。

tamuraDSC00991
激コミでしたので、5年前の写真を…。
無色透明のお湯ですが、湯口からは微硫黄&アブラ臭がいたします💛
この写真の時はまだ新築でしたが、現在はすっかり茶色くなり、貫録がでております。
内湯は42℃と適温です。

tamuraDSC00997
露天風呂ですよ!
ここは大人気で内湯より人が集まっておりました。
(こちらも5年前の画像…)
41℃と適温でしたので人気があるのもわかる気がします。
風が気持ち良いですしね~(*´▽`*)

tamuraDSC08448
こちらは最近の。
右下のイラストが萌え画だ!時代だなぁ。

川原湯で立ち寄り入浴できるのはこの王湯だけでして、他の旅館は日帰り不可らしいです。
どんな感じか宿泊したいけれど、お値段が非常にキビシー!⊂⌒~⊃。Д。)⊃
どなたかレポしてください!(切実)

脱線してしまいましたが、こうして群馬県のすばらしいお湯の旅は終わりを告げたのでした。
また行きたいなぁ!



newichikoki at 00:27|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年04月24日

憧れの群馬に行ったよ!(半出来温泉 登喜和荘編)

ちょっと遠回りしますが、気になる温泉へ向かいました。

tamuraIMG_9930
ま…まさかあの噂の…!?

tamuraDSC08417
そうです、数年前から行きたいと思いつつ行けないでいた
「半出来温泉 登喜和荘」でございます。
遠くから湯めぐりするとコース取りに難儀してしまうんですよね。
その結果入れない温泉が発生してしまうんですよね。
それがこちらと平治温泉逢友荘でした(もう入れない…( ;∀;))

tamuraDSC08418
扉に旅館の名前が入っているとキュンとしますね♥

tamuraDSC08419
早速お邪魔いたしました。
なぜか玄関にびっしり休憩用の椅子が並んでおります(;´∀`)
こちらは日帰りの常連さんもかなり多いと聞きましたのでこういった
椅子も準備しているのでしょうか。

tamuraDSC08421
宿泊するとすっぽん料理が出るそうな。
しかもよくみたらすっぽんの甲羅だ!!Σ(゚Д゚)

tamuraDSC08420

そしてその上には手書きの分析表!

tamuraDSC08422
年季の入った長い廊下を真っ直ぐ歩き、浴室へと辿り着きます。

tamuraDSC08424

手前が女湯でございます。
早速入りましょう!しかしすごい暖簾だ…!

tamuraDSC08427
浴室ですよ!!
いい感じに鄙びております!
右側の岩湯口から滾々とお湯がかけ流されております。

お湯はちょっと薄濁りのある透明なお湯です。
tamuraDSC08432

このお湯が激温めでこの時期には大変気持ちが良いのです。
温度はジャスト40℃!これは出られませんがな~

tamuraDSC08429
露天風呂もあるので行ってみましょう。
混浴の露天風呂もあるのですが、そちらがご家族が借り切っておりましたので遠慮いたしました。

tamuraDSC08430
これは!!まさに野原の中の露天風呂!!

tamuraDSC08433
露天は39.5℃くらいだと思います。
内湯より茶色というか白っぽい湯の花がちらほら見られましたぞ。
この天気でしたので、ぬくぬく浸からせていただきました。

混浴のお湯がいいらしいと聞いた事があるのでいつか入ってみたいですが
ロケーション的に裸で移動は非常に厳しい…(; ・`д・´)



newichikoki at 01:29|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年04月23日

憧れの群馬に行ったよ!(おやつ編その2)

お腹が空いたので、お昼ご飯を食べますぞ。
せっかく群馬に来たのだから、群馬名物を食べたいじゃないですか。

tamuraDSC08416
四万温泉街にいい感じの食堂がございましたので、立ち寄ってみました。
「銀泉茶屋」という名前のお店です。

tamuraDSC08415
こじんまりとした内装でございます。
観光客向けのお店で、軽い食事&カフェがメインのようです。
(あとやきまんじゅう)

tamuraIMG_9926
そして人生で初めての群馬名物「おっきりこみ」ですぞ!
野菜がいっぱい入ったうどんだと思ってくだされば分かりやすいかと思います。
これがまた美味しかった!!

tamuraIMG_9928
女子なので、デザートもいただきました♥
オリジナル商品のようですが、かなりおいしかったです(*´▽`*)

四万は若者がかなりいらしたので、若者向けのカフェが充実している印象です。
こういう努力って大事だなぁ。
老若男女に愛される四万温泉って魅力的だなぁと思います。



newichikoki at 01:58|PermalinkComments(0)食物