2018年03月

2018年03月21日

憧れの群馬に行ったよ!(草津温泉に到着編)

ようやく草津温泉街に到着いたしました!
いや~遠かった。仙台から6時間強かかったんじゃないかな。

tamuraDSC08048

チェックインを済ませ、ちょっとそこらをお散歩♪

tamuraDSC08053

tamuraDSC08055
この湯畑の湯滝が迫力満点!!

tamuraDSC08056
圧巻ですねぇ~母も感激しておりました(*´ω`*)

tamuraS__12451902
温泉街にアジサイが咲いておりました。
季節的には終わりなんですが、高度があり気温が低い地域なので遅れて開花するのかな?

tamuraS__12451906
湯畑にいたにゃん。
綺麗な毛並みです(*´▽`*)

tamuraS__12451916

tamuraS__12451919

夜はライトアップされて、とっても綺麗( *´艸`)
ライトアップ状態は初めて見たので感激いたしました!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)雑記 

2018年03月20日

憧れの群馬に行ったよ!(平治温泉編)

林温泉を発ち(あと一時間いたい…)さらに草津方面へと進みます。

tamuraDSC08018
とある場所にとある小屋がございました。

tamuraDSC08023
丁度、日帰り時間になった様子で出入口が開いておりました。
早速お邪魔いたします。

tamuraDSC08021
感謝の気持ちを忘れずに、入浴料を支払いますよ(*´ω`*)

tamuraDSC08025
おおっ♥
いい感じの浴室が目の前に広がります。

tamuraDSC08027

別角度から!もういっちょ!
早速入らせていただきます。

tamuraDSC08031
湯口!
パイプからものすごい勢いでお湯が出ております。
お湯は鉄臭がし、舐めると鉄味がいたします。
何よりもこちらは泡付がすばらしい!とってもツルッツルいたします(*´ω`*)
しかも38℃と温めでしたので、とっても心地よい気分。。。

tamuraDSC08032
飲泉コップかな?なんと万座温泉のお土産品みたいです(;´∀`)

tamuraDSC08037
天井です。
まるで別世界に来たみたいな気分になりました。
まさかこの小さな小屋に素敵な温泉があるなんて…!

もっと満喫したかったですが、そろそろ草津に向かわないとチェックイン時間に間に合わないので後ろ髪惹かれつつ去ることとなりました。

またいつか入れるかな。
※現在は地元の方じゃないと入れない等色々議論があるみたいですが、
私たちが訪問した時は(2017年8月)地元の方から許可をいただきました。




newichikoki at 01:15|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年03月19日

憧れの群馬に行ったよ!(林温泉 かたくりの湯編)

伊香保温泉を後にし、さらに草津方向へと進みますぞ。
もちろん、その間にも湯めぐりは欠かせません。

tamuraDSC08000

久々にアブラ臭の聖地の1つ、「林温泉」にまいりました!
立派な施設になっている!?Σ(゚Д゚)
2年前くらいに建て替えをした模様です。しかも多目的施設も併設されておりますぞ。
もう無敵の施設じゃん。

tamuraDSC08001
看板まで立派になっちゃって…立派になったねぇ( ;∀;)

tamuraDSC08005
早速館内へお邪魔いたします。
脱衣所も以前よりかなり広くなりました。
もち、トイレも常設されております。

tamuraDSC08006
入浴料はこちらにINします。
いつもありがとうの感謝の気持ちも忘れずに…!

tamuraDSC08003
そして浴室へ…!
浴槽が広くなっているΣ(゚Д゚)
そしてアブラ臭は改装前と同じく絶好調です!これには一安心いたしました。
(天狗の湯の例もございますからね…)

tamuraDSC08009
横からみるとこう!!
やっぱり広くなりました。
そして手すりがついているのがいいですね。
年配の方も多いでしょうから。

tamuraDSC08010
これが夢の様なアブラ臭プンプンの湯口でございます。
改装前も有り余るほどの湯量でしたが、今回も変わっておらず。
余ったお湯は左のたらいに一旦うつされておりました。

tamuraDSC08011

ああ…捨てられる運命なら家にもって帰りたい…♥

tamuraDSC08012
湯口から出る源泉と共に、蛇口からでるこの水で温度調整しているみたいです。
でもね、この水だと思われる液体も測ったら30℃あったんですよ。
鉱泉なんかな…

ツルツル感のある、透明なお湯にひたすら満足♥
アブラ臭も国見温泉系でもう天国としかいいようがございません!
舐めたら薄くしょっぱかったです。

tamuraDSC08002
上がった後に見つけたつばくらめの巣。
燕が巣をつくる家は繁栄すると聞きました。
かたくりの湯もこれからもいろんな人に支えられてずっと続くといいなぁ。



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)群馬県の温泉 

2018年03月18日

憧れの群馬に行ったよ!(伊香保温泉 伊香保大露天風呂編)

こうなると最上階まで登りたくなるのが心情というものです。

tamuraDSC07957
そこで気になる看板発見!
tamuraDSC07958
このタンクもスゲーと思いましたが、「この坂上より湯元源泉地…(露天風呂)」
なる掲示が…!
これは行くしか!行くしかありません!!

tamuraDSC07959
階段をのぼりつめていくと、お社をくぐるようになります。

tamuraDSC07960
御手水がございましたよ。
もちろんここで清めていきました。
tamuraS__12451869
なんと、石段の頂上は神社だったのですね!
パワースポットらしいので、お参りいたしました。

tamuraDSC07962
すると横にこんな看板が!
温泉も噴出する口があるらしいじゃないですか!

tamuraDSC07961

tamuraS__12451873

こんな感じの風情のある道を10分ほど歩いていきます。

tamuraS__12451879
素敵な建物!と思ったらトイレでしたΣ(゚Д゚)
おしゃれな公衆トイレですわぁ♥

tamuraS__12451875

tamuraS__12451877
途中で飲泉所を発見!
やはり赤茶色のお湯でしたよ。

tamuraS__12451874

曲がりくねった~道の果てに~~

tamuraDSC07963
それはございました!
伊香保名物「伊香保大露天風呂」でございます!
もちろん日帰り専用施設で露天風呂が売りでございますよ。

tamuraDSC07964
お金を払い、さっそく中へGO!

tamuraDSC07968
「大」が付くほど大きい訳ではないですが
(東北の人としては、「蔵王大露天風呂」みたいなのを想像しちゃうんです。ごめんね)
広めでとっても画になる露天風呂がございましたよ。

tamuraDSC07966
違う角度からももいっちょ!

tamuraDSC07969
ご覧のとおり、2槽に分かれております。
左が39℃で、右が40℃でした。
この日の伊香保温泉は全体的に温めなんかな~

少し透明感のある、赤茶色のお湯でございます。

tamuraDSC07972
湯口!
やはり鉄臭がし、舐めると鉄味がいたします。
天気が良かった事もあり、かなりノンビリお湯に浸かってました(*´▽`*)
tamuraDSC07973
奥の方をよく見たら、出入口らしいものを発見!
以前は男湯と行き来ができたのでしょうか?

tamuraDSC07976

お風呂から見た脱衣所の様子。
シャワーもあったりして設備が整っているのですよ。

tamuraDSC07985
脱衣所は鍵付きロッカーも設置されているので安心です。
そして綿棒やティッシュもございましたよ。
女性浴室ならわでの配慮ですね。

tamuraDSC07987

お風呂から上がると、施設の前にある源泉噴出口なる場所がございましたので見てみました。
tamuraDSC07990
なるほど、茶色のお湯が滾々と湧き出ている様子が見て取れます。
しかもホッカホカですぞ。

tamuraDSC07988
そしてベルツ博士!!
草津温泉と関わりがあったのは知っておりましたが、伊香保温泉とも関連があったのですね。

tamuraDSC07994
そして突如現れた「俳句ポスト」!
投函はしていないです。

以前宿泊で訪れた事のあった伊香保温泉でしたが、観光メインで再訪したら
改めて新発見があったりで新鮮です!
(前回は石段全部上らなかったしね…)
また来ようっと♪



newichikoki at 02:03|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年03月17日

憧れの群馬に行ったよ!(伊香保温泉 処々や②)  

長らくお待たせいたしました
1月の公約がすでに破られている訳ですが(# ゚Д゚)

お昼ごはんを食べた後、その「秘密」に迫る事にいたしました。

tamuraDSC07920
食堂へ行く途中の階段にありました、謎の入口!!これはいったい!

tamuraDSC07921
キャー♥脱衣所も完備!

tamuraDSC07940
あらこんな所に温泉が♪
なんと年季の入った愛らしい浴槽なのでしょう!!

tamuraDSC07936
もう片方の浴槽です。
この浴室は貸切で利用するようになっているのですが、
一応男女別に区切られておりました。

小さい浴槽マニアとか鄙び浴槽マニアがニヨニヨしてしまいますね(*´ω`*)

tamuraDSC07947
奥を見るとお分かりでしょうが、奥に大きな穴がございます。
この浴槽は元々一つにつながっており、隣の浴槽へと行き来ができます。

tamuraDSC07944
早速潜ってみたら、なんと!ここが湯口か!!
上からお湯がかけ流されておりますよ!!Σ(゚Д゚)
うまく撮影できませんでしたが、析出物でこんもりしているのがわかるかな?

湯温は浴槽内で36℃とかなり温めになっております。(湯口は40℃)
しかし真夏なのでかなり気持ち良い(´▽`*)
処々やの方のお話しによると、今日は低めらしいです。

tamuraDSC07938

赤茶色の細かい湯の花が散り、伊香保特有の赤茶色のお湯です。
舐めると鉄味がし、湯口からは鉄臭がいたしました♥
浴槽の縁はすでにまっかっかでございますよ。

こちらは食事をすると無料で入れます。
(お風呂だけだと確か500円くらい…要確認!)

元旅館の風情が残っていて、私はかなりお勧めです!
湯温が違う日があるのがわかったので、再訪したいなぁ♪

newichikoki at 23:30|PermalinkComments(0)群馬県の温泉