2017年07月

2017年07月03日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(西ききょう温泉編)

あまりの興奮&運転に奇声を上げながら向かった先は(奇声あげるなよ…)
函館市内桔梗町にございます「西ききょう温泉健康グランド」でございます。

tamuraDSC05048
思いのほか駅から近かったです。
なんだかグッとくる建物ですね!

tamuraDSC05077

玄関でございます。改築したのかな?木造部分が新しいです。
館内は綺麗に管理されておりますよ。
お金を払い、浴室へ向かいます。

tamuraDSC05051
なんと!Σ(・ω・ノ)ノ!卵が売っておりますぞ!

tamuraDSC05049

卵の奥には休憩室が…なんだか会議室みたいです。
tamuraDSC05050

tamuraDSC05068


脱衣所はロッカーが沢山ありますよ。
しかも無料鍵付きでございます。
これは安心してゆっくり入浴できますね(*´▽`*)

tamuraDSC05066

浴室へいざ!
なんとドカンです!土管ではありませんか!!
tamuraDSC05058

内湯と露天がありますが、それぞれ3つの浴槽がございますよ。
まずは内湯。
入口手前から40℃、42℃、46℃とそれぞれ分かれております。
これは46℃の浴槽かな。

tamuraDSC05053
カランは蛇口のみでシャワーはなしです。
おそらくなんですが、カランのお湯も温泉な気がしますよ…!

お湯は鉄と硫黄臭がし、舐めると旨みがいたしました。
透明のお湯で少しピリッとしました。
tamuraDSC05060
そして露天!
端っこから28℃、42℃、46℃に分かれておりました。
やっぱりドカンです。

tamuraDSC05054

これは端っこの浴槽だったかも…(全部同じなので忘れている…)
温泉の成分によって、すっかり赤茶色になった洗い場でございます💛


tamuraDSC05061



tamuraDSC05063

お湯もこれでもかという位ガンガン投入しており、ドカンからあふれ出ておりますよ!
これにはニッコリ(*´▽`*)
真ん中の浴槽湯口ですが、このこんもりとした析出物Σ(・ω・ノ)ノ!
まるでハリネズミの様でかわいらしさすら覚えましたぞ!

私は温め浴槽の方がかなり気に入りまして熱い浴槽と言ったり来たりしてました♥
めっちゃ気持ち良いですもの♥

tamuraDSC05075

手書きの分析表が愛らしい(´∀`*)

脱衣所で地元の方とお話しさせていただきましたが元々入口は前述の場所ではなく、
脱衣所付近の方にあったんだそうです。なんでも軽トラックが突っ込んできて壁をぶち抜いたとか…
一体どんな状況じゃい!と思いつつも微笑ましく感じるのでした。

これが私の人生初の北海道の1湯となりました\(^o^)/


newichikoki at 00:26|PermalinkComments(6)北海道の温泉 

2017年07月02日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(降車編)

乗車時間は1時間ちょい程度。
青函トンネルを通過する際にはアナウンスが流れます。
ミーハーな私はこれに大興奮でございます。

tamuraIMG_3823

ついに北海道に上陸じゃ~!!

tamuraIMG_3825

新北斗函館駅でございますよ。
立派な駅でございます。
私はここで散々記念写真を撮りましたが他にも同じような方がいらしたので
モーマンタイでございます!

tamuraIMG_3852

しかし、周りはまだ何もない…
あるのはレンタカー会社数件でございます。
もうちょっとしたらにぎやかになるのかなぁ。
まずは歩いてレンタカー会社へ。
駅から丸見えです(涙)

tamuraIMG_3855

そして、今回の我らの相棒、ノートちゃんでございます!
乗車前に念のために4方向撮影したのち、レッツら出発でございますよ!
いや~道路が広くていいですね!
ノートちゃんも大きさも良く運転しやすかったです。
チョイスして下さったレンタカー会社の担当の方に感謝です。







newichikoki at 23:57|PermalinkComments(0)雑記 

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(乗車編)

お昼を食べ、新青森駅へ向かいます。
平日だったので、駐車場は空いておりすんなり駐車できました。
しかも出入口付近だったのでかなりラッキーでしたぞ!

tamuraIMG_3810

何故全景を撮らなかったし…

tamuraIMG_3811

構内はそんなに広くはないですが、食事処&お土産コーナーが充実しております。
食事処は青森名物が色々食べられるみたいです。

tamuraIMG_3817

しばらくお土産コーナーをうろうろしていると、謎のせんべいマシーンが!
やだこれ欲しい!(どこに置くの…)

tamuraIMG_3819

改札口にはミニねぶたが!
観光客にはうれしい演出です。

tamuraIMG_3821

立佞武多もあったよ!
これ原寸は物凄い高さあるんですよね。
ほんとどうやって作るのだろう…

さぁ、乗車時間ですよ!
はやぶさに乗り、いざ北の大地へ!

newichikoki at 23:43|PermalinkComments(0)雑記 

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(まずは青森で昼めし編)

朝の7:00に仙台を出発し、11:00には青森に到着です。
新幹線搭乗まで一時間以上あるので、お昼と食べちゃいます(∩´∀`)∩

tamuraIMG_3792

新青森駅から車で10分くらいの場所にある
「ひらこ屋」でお昼ご飯だよ!
お昼タイムからはまだ時間があるのにかなりお客さんがいらしてビックリです(; ・`д・´)

tamuraIMG_3793
ラッキーな事にテーブル席をゲット!
窓から駐車場が見えるのですが、どんどん車が増えていく様子が見えます。
これ一歩間違えば席座れなかったかも…(;´Д`)

tamuraIMG_3795

メニューはこちら。
私たちはスタンダードにあっさり煮干し中華そばをチョイスいたしました。

tamuraIMG_3802
着丼!
なんか、想像以上に麺が太い!(; ・`д・´)
青森の津軽中華というと、細麺を思い浮かべがちですが
こういうのもあるのか!
(孤独のグルメのゴローちゃん風に)

tamuraIMG_3806

麺どアップ
もっちりした食感です。
あと、漬物は必ずついてくる模様。

tamuraIMG_3797
そういえば、こちらは割り箸は竹で出来ているのよね。
初めてみたZO!

tamuraIMG_3807

スープもあっさり煮干しだしで激ウマ!
ペロリと完食いたしました★
こちらはまた行きたいです(*´Д`)ウマー



newichikoki at 23:35|PermalinkComments(0)ラーメン 

函館~青森をいかにコンパクトに湯巡りできるかツアー計画ですぞ

去年の7月の三連休を利用して、ある実験をしました。
そう、その名も
「函館~青森をいかにコンパクトに湯巡りできるかツアー」
計画です!
丁度北海道新幹線が開業しましたからね(´∀`*)ウフフ
これをやらない訳にはいきません!!

考えたルートはですね…。
仙台から東北自動車道にて青森へ

新青森駅近くの駐車場に車を置いて新幹線に乗る!

新北斗函館駅にてレンタカーであちこちをめぐる!

でな感じでして、実験的な旅行になりました。

新青森~新北斗函館駅まで片道7,260円かかる訳ですが
「えきねっと」の「お先にトクだ値」を使って事前予約しておけばなんと40%割引に!
お蔭さまで4,350円で済みましたよ( *´艸`)
(まぁ、仙台から直接新幹線に乗れよって話ですが、これはあくまでも青森~函館を満喫できるかどうかの実験ですから!)

そして新青森駅に付随している駐車場「南口・西口駐車場」は一泊1,000円になります。
仙台市と比べてなんと安い事!
(ただし、私らは平日に出発したので休日の場合はかなり混み合うかもしれません)

レンタカーも事前予約の割引浸かって2日間で6,000円ちょいでした。
これは色んなレンタカー会社でサービスがあるのでもっと安いのがあったのかもしれません。

結果からかなりうまくいきました!

青森+函館で旅行を計画されている方、ご参考になればと思います。

以上、イントロダクション。
さぁ、レポが始まるよ!



newichikoki at 23:11|PermalinkComments(0)雑記