2017年06月

2017年06月29日

初夏ど真ん中の湯めぐり(松楓荘編)

先ほどの「ちーたん」でお別れをし、最後にYさんと二人でどっか寄りたいね~てな事で
松川温泉へ向かいました。

tamuraDSC04906

やはりここはオススメだよね!
てな事で松楓荘にお邪魔いたしました♥

tamuraDSC04908

手前にはものすごい蒸気吹き荒れるスポットが!(; ・`д・´)
物凄い地熱です。
近くに地熱発電所もありますしね~

tamuraDSC04960

10年くらい前に宿泊したっきりでございます。
やっぱり当時とは少し玄関などが変わったかな?
名物の洞窟の露天は1~2年前の台風で壊れてしまったんですよね。残念。

tamuraDSC04910

一番驚いたのは、浴室が増えていた事。
いつのまに!?
これは早速行かないと!ななかまど湯という名前らしいです。

tamuraDSC04915

石造りのなんとも素敵な雰囲気の浴室です♥
そして相変わらず青みがかった白濁湯が綺麗でございます(*´Д`)

tamuraDSC04919

tamuraDSC04920

浴槽は2つに分かれており、左がぬるめ、右は熱めになっております。
温めの方は36℃しかなく、かなり気持ち良いのですが、熱い方はなぜか45℃と温度差が激しい(; ・`д・´)
なんでこんなに差つけるねん!(何で大阪弁)
とはいえ、交互に入るとかなり気持ちよくなってきます。
tamuraDSC04917

洗い場はシャワーではなく、このかけ湯のみです。
真湯だと思われ。
このスタイルは新しい浴室でも生かされているんですね。

tamuraDSC04918
この浴室の奥には扉があり、そのまま進むと露天!
と思いきや、混浴でした。
一応仕切りはあるのですが、すみっこに入ってそこそこに退散いたしました(^▽^;)
tamuraDSC04950

全景はこうなっております。
雑誌とかで見かけるのはこのお風呂だったんですね。
なかなかこっち側に入れないのですが、この年の秋に念願叶う事になります。
この時はただただ指をくわえてこの写真を眺めておりました(笑)

tamuraDSC04949
新浴室のさらに奥へ進むと、本来の大浴場がございます。
そうそう、こんなんだったっけ。と思い出してきました。
tamuraDSC04923

おおっ♥
新しい浴室も悪くないですが、やはりこれでしょ!
かなり深めの岩がくっついた浴槽です。

tamuraDSC04945

こちらは42℃と適温になっておりました。
注湯口は2つあり、これはその一つでございます。
硫黄泉ですが、滑らかな感触でフンワリとした香りに包まれて幸せなひと時を過ごしました!
ちなみにお湯を舐めるとえぐみ硫黄味がいたしましたよ。

tamuraDSC04947
天井もかなり高い~~~!

tamuraDSC04933
こちらにも露天風呂が付いておりますが、ちゃんと男女別ですよ。
ちんまりしておりますが、景観は抜群。こちらは41℃になっておりノンビリするには丁度良い温度でした。
tamuraDSC04936

奥には謎の祠がございました。
何か奉っているのでしょうか。

tamuraDSC04962

tamuraDSC04957
そうそう、こちらには看板猫ちゃんがおり、お風呂から上がった後かまっていただきました。
10年くらい前に迷いこんできてそのままお宿の猫ちゃんになったそうです。
靴下を履いている、気品のあふれた猫ちゃんでした♥
そして動物の写真撮るのが下手な私…(;´Д`)

こうして、初夏ど真ん中の湯めぐりは終了と相成りました。
その節は皆さま、大変お世話になりました!





newichikoki at 01:44|PermalinkComments(2)岩手県の温泉 

初夏ど真ん中の湯めぐり(お昼めし編)

お腹が空いたので、福田パンへGO!


…と思ったらもう売り切れで閉まっていたよ…(´;ω;`)


急遽、グルメ班の支持によりお昼の場所を変更!

tamuraDSC04905

盛岡名物「じゃじゃ麺」のお店「ちーたん」でございます。
実はあたい、本場のじゃじゃ麺を食べた事がないんよ(´・ω・`)

tamuraDSC04898
じゃじゃ麺は知っている方も多いかと思いますが、ちょっと麺を食べ残してスープと玉子を入れてスープにして飲むという、一粒で二度おいしい食べ物でございます!
初心者向けに作り方が載っているよ!

tamuraDSC04901
大と中と小の比較図(笑)
tamuraDSC04902
うどんに似た麺の上に甘辛い味噌とネギときゅうりがのっております。
横には薬味もあるよ!

tamuraDSC04904

そして、スープを追加してタマゴを入れるとこうなります!
これはなかなかお得なグルメですじゃ!

大変美味しくいただきました(*´▽`*)
人気店なのも納得でございます。
それにしても、盛岡はなぜこんなにも麺類に恵まれているんですかねぇ?
冷麺といい、わんこそばといい…羨ましい!


newichikoki at 01:12|PermalinkComments(0)食物 

2017年06月28日

初夏ど真ん中の湯めぐり(鴬宿温泉編)

国見温泉を後にし、向かった先は鴬宿温泉でございます。
tamuraDSC04879

そして向かった先は「川久旅館」でございます。
2年前にもお邪魔した事があるのですが、ちょうどその時はおばあちゃん&ワンちゃんがいらっしゃいました。
今回はおばあちゃんのみでしたがお元気で何よりです!

tamuraDSC04893


tamuraDSC04894

快く日帰り入浴を受け入れてくださり、さっそくお邪魔いたします。
年季の入った建物で、なんだか懐かしい気持ちになります。
奥のマッサージチェアも年代ものでしょ(´▽`*)

tamuraDSC04889

この浴槽がとても好き♥
タイルが敷き詰められた、味のある洗い場&水色のタイルの浴槽が目にひきます。

tamuraDSC04885

はがれた所もタイルで修復されております。
何だかアートっぽくなっている!
味があって好きなんですよね、タイルの浴室。
今はなかなかお目にかかれません。

tamuraDSC04887

お湯は硫黄の香りがする透明湯でございます。
42.5℃と適温でしたが鴬宿ではぬるい部類のお湯でした(笑)
にしても、この空間、めっさ落ち着きます(*´Д`)

tamuraDSC04895

鴬宿温泉街で購入いたしましたおだんごでございます。
こちらも美味しくいただきました♥
ありがとうございます!

良い所が沢山ある鴬宿温泉ですが、認知度がイマイチ低めなのが悲しい…(´;ω;`)
もうちっとアピールしてほしい所なんですが~~



newichikoki at 01:49|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

初夏ど真ん中の湯めぐり(森山荘編)

国見温泉を発つ前に、お隣の旅館にもお邪魔いたしましたよ。

tamuraDSC04841

こちらもかなりメジャーですよね♥
国見温泉「森山荘」でございます

tamuraDSC04843

お店の前では山菜も売っておりました。
この時期は豊富ですよね(*´ω`*)
あまり調理法がわかっていない私は断念いたしました…(料理しろや)

tamuraDSC04844

本館で料金を支払い、別棟の浴室へ向かいます。
こちらには混浴の露天が一つあるのですが、だめもとで向かった所…

tamuraDSC04847

あらやだラッキー♥
誰もおりませんよ!
こんなチャンスは滅多におきませんので、女性陣で突撃じゃ~~!!

tamuraDSC04848

tamuraDSC04845

絶景の中で入る国見温泉は格別でしたよ( *´艸`)
湯温は38℃しかなく、これまた絶妙な温度でございます。

tamuraDSC04853

湯口はこんな感じじゃい。
tamuraDSC04850

そして
トド枕いわゆるトドマがあるではないですか!!
(元々の命名はDanさん)
これじゃなかなか人が空かないのも分かります…。
こんなに至れりつくせりなんですもの、絶対に寝るでしょ!!

…男性陣の事もございますので、寝るのは断念して、そこそこに切り上げました。
ああ~~本当に気持ち良かった!

tamuraDSC04870

場所は変わって内湯です。
変な角度になってしもうた。朝なので、お湯がいつもより透明感ありますね。
綺麗なエメラルドグリーンです。

tamuraDSC04868

基本的に石塚旅館と泉質は同じなんですが、こちらは若干滑らか&温めかもしれません。
とはいえ国見温泉。浴感バツグン!
こちらも40℃と温めでした。

tamuraDSC04869

あら!ここにもトドマ君が!
いつも混んでいたので存在に全然気が付かなかったです。
やっぱり人気の温泉は朝に限ります。

tamuraDSC04858

そういえば、ここにはペット専用風呂があるんですよ。
人間専用は先ほどの混浴露天へ向かいます。

tamuraDSC04861

tamuraDSC04859



利用者様に初めて遭遇いたしましたよ。
(お写真撮影の許可いただきました)
気持ちよさそうに入浴しております。わんちゃんにもお湯の良さがわかるんですね(´∀`*)ウフフ

tamuraDSC04856
脱衣所にあった、おすすめメニュー。
いつか森山荘さんに宿泊してみたい所なんですが、なかなか機会に恵まれず(´・ω・`)
秋以外(紅葉で混むからね…)の時期に泊まってみたいものです。






newichikoki at 01:30|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

2017年06月25日

初夏ど真ん中の湯めぐり(宿泊編②)

温泉編ですぞ!
湯治部棟と小浴場はかなり近いので気軽に浴室に行けるのがいいですね♥

tamuraDSC04782
正面は小浴場で、右側の出入口が混浴露天、そして湯治棟へつながっております。
つまり、湯治棟と混浴露天は本当に目と鼻の先でして…
男性だったら心おぎなく出入りできるのになぁ!

tamuraDSC04767

小浴場ちゃん!一年ぶり♥
相変わらず綺麗なエメラルドグリーンです(´▽`*)

tamuraDSC04778

洗い場はボッコボコでございます。
う~ん、こういった光景をみるとついニンマリしてしまいます( *´艸`)
いつもは45℃は軽くある小浴場もこの日は気温の影響か42.5℃程度でした。

tamuraDSC04770

そして小浴場につながっている女性専用露天です!
ここはいつも温めなので人気があるのです。この時も40℃程度でした。

tamuraDSC04774
アブラ硫黄臭は相変わらずで(*´▽`*)
お湯もやっぱりニガマズー(*´Д`)でこのお湯の濃さをかみしめましたよ(笑)
そして白い湯の花もガッツリ沈んでおりました!

tamuraDSC04795

大浴場!宿泊しないと撮影できない光景ですね(*´ω`*)
改築がついこの間のように思えますが、もう10年近く経つのかな?壁がだんだんいい色になってきました。

tamuraDSC04800

宿泊しないと撮影できない光景その2!(笑)
かなり立派な梁ですね!
それにしても、木の色が貫録でてきたなぁ。
tamuraDSC04804

その3!
いつ見ても、この柱にビックリしてしまいます。
tamuraDSC04808

Hさん、ありがとうございます(笑)!
大浴場はシャワー完備なので、頭洗う時有難いですね。
シーズン的にもお客さんが少ないので、終始ノンビリできました。

tamuraDSC04838

混浴露天はハードルが高めなので朝、人がいない時を狙ってGO!
tamuraDSC04824

霧の中の緑色の露天風呂というのも美しいですね✨
手前の岩の配置とかおしゃれでここの露天はお気に入りです。
これでいつも入れるようであればねぇ(´・ω・`)
tamuraDSC04828

湯口が知らない間に変わっていました。
少なくても、延長パイプなんでなかったぞ(笑)
どぼどぼかけ流しで大変気持ちよく過ごさせていただきました( *´艸`)
tamuraDSC04834

この露天も、宿泊しないと難しいですよね(^▽^;)
宿泊してもタイミング逃すと入れないし…本当にラッキーでした。
tamuraDSC04839

捨て湯の川。
夢みたいな光景でございます!

今年も絶対に再訪するぞう!



newichikoki at 02:18|PermalinkComments(0)岩手県の温泉