2017年01月

2017年01月10日

GW企画!青森を行く(うみのしずく編)

お腹が満たされたので、お次のお湯へ!

tamuraDSC03752
 旧ぽっかぽか温泉の「海のしずく」へまいりました。
(わさおがいるお店に割と近いです。)
源泉名が分からないのですが、やっぱり海のしずく温泉でいいのでしょうか…(;´Д`)

tamuraDSC03753

tamuraDSC03754
お客さんがいない時間帯なのか、とても静かでした。
公共施設なのかな?と思う位とってもシンプルです。


tamuraDSC03755

浴室内でございます。やはりお客さんはいらっしゃらないです。
おそらくピークは夕方なんでしょうね。
3年前にも訪問いたしましたが、変わずお湯は滾々と注がれております。
昔は手前の広い浴槽の所は歩行湯だったんだよ。(-。-)y-゜゜゜

tamuraDSC03756

お湯は紅茶色かね。
やや黄色っぽい気はしますが。
tamuraDSC03759

しょっぱいお湯にモールっぽい?アブラ臭プンプンですよ(*´▽`*)
奥側が熱い浴槽・・・という事になっているみたいですが、この時の湯温は42℃でした。

tamuraDSC03758

そして温い方(広めの浴槽の方)はなぜか44℃…(;´∀`)なんでやねん
遠刈田の「神の湯」現象と申しますか…!!
あとなぜか表示の所に無理やり感あふれる張り紙がとても微笑ましいです。
 
この近辺では貴重な公衆浴場です。
いつまでも頑張ってほしいなぁ。
そして、お隣のコテージに宿泊してみたい~( ;∀;) 


newichikoki at 01:23|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

GW企画!青森を行く(麺編その1)

ここでお昼タイムです!
鰺ヶ沢町にある、Hさんオススメのラーメン屋さんへ向かいましたぞ。
(このフレーズ久々♥)

tamuraDSC03742
 「らーめん 鰺丸」でございます。
この付近は何度も来ているのに全然知らなかったのです。
やっぱりジモティ―の情報にはかないません。

tamuraDSC03744
 ピークを過ぎていたのか、お客さんはそんなにいなかったです。
すぐ着席できてラッキーでございます(*´▽`*)

tamuraDSC03743
 「人気ベスト5」なるものが貼り出されておりましたぞ。
以外にもみそラーメンが一位でした。
そこは煮干じゃないの?(; ・`д・´)という疑問は置いておいて、早速定番のあっさり中華を注文いたしました!

tamuraDSC03746
 着丼画像!
ワカメ!チャーシュー!メンマ!ネギ!
シンプルな中華そばです。
ちなみに私は具にワカメが入っていても許すタイプなんです。
高菜も許します。(←えらそうに)

tamuraDSC03749

麺は細め~(*´ω`*)
懐かしのあっさり中華でございます。
クセがないので、食べやすいかと!

tamuraDSC03747
 北のお方はみそを注文しておりました。
さすが流行に敏感なお方!

こちらは本当に穴場でした!
海鮮が苦手な方にはこちらをオススメしたいです。
(もち海鮮好きな私もまた行きたいのです!) 

newichikoki at 01:04|PermalinkComments(0)ラーメン 

2017年01月04日

GW企画!青森を行く(グランメール編)

待ち合わせの場所にようやくたどり着き、本日のメンバーと合流です!
そう、鰺ヶ沢温泉「グランメール山海荘」の駐車場にて…

tamuraDSC03712

北のあのお方が未湯との事で早速お邪魔する事となりました。
だって、日帰りは11:00~13:00の間でしか受付しておりませんから、今がチャンス! 

tamuraDSC03738
 鰺ヶ沢町ではかなり立派な温泉ホテルでして、館内もご覧のとおりです。
(式場の案内とかもありましたので、結婚式場としても利用できるのかな?)
 何もかもが超立派です。

tamuraDSC03739
 !?
新いちこさんはこういうの食いつくよね~と言われそうですが、ついついしてしまいましたよ(;´Д`) 
しかしこの高レベルな技術は、さすがねぶたの国だなぁ~と思う訳です。
(うちの近辺の町内会が作るとこうはいかないですもん…) 

tamuraDSC03731
まずは風呂に入ろうず。
ラッキーな事に貸し切りでした♪
お昼の時間だからですかね。こりゃのんびりできるわい。
tamuraDSC03727
大きな浴槽は40℃程度で温め設定です。
奥にはこのような寝湯スペースがありますよ♥
うす黄色透明なお湯で、塩っ気があります。
やっぱり海に近い温泉だなぁ。モール的な香りを感じました。

tamuraDSC03730

お湯はドバドバでございます。
半循環?なのかな?
それでもお湯の状態はばっちりだし文句ないです!

tamuraDSC03732

 中&高温浴槽です。
 おそらく先の大きい浴槽より温度は高いかと思いますがほとんど入らなかったので記憶が曖昧(;´∀`)
ごめんちゃい。

tamuraDSC03719

やっぱりメインはこの露天風呂でしょ!
日本海が見渡せちゃいます(∩´∀`)∩
 
tamuraDSC03721
曇りがちですが、景色は抜群!
貼れていたらもっと素敵なんですが 


tamuraDSC03722
お湯は内湯と同じでございます。
こちらの方が若干温めになっておりました。(39.5℃くらい?)
ここで風に当たってノンビリしておりました。
お湯があふれ出した後があるのですが、こちらはかけ流しなのかなぁ? 

tamuraDSC03737
 廊下にはわさおギャラリーがずらりと並んでおりますよ♥
すっかり鰺ヶ沢の顔になっておりますね!
前回訪問した時はシャーベットを食べたのですが、今回は湯めぐりが目的ですから!
早速次の目的地へ参りまする('◇')ゞ 


newichikoki at 02:24|PermalinkComments(6)青森県の温泉 

2017年01月03日

GW企画!青森を行く(かしわ温泉編)

目覚ましの湯めぐり2連発を済ませた後
Hさんと北のあのお方と合流するために、一気につがる市へと向かいました。
tamuraDSC03694

 いきなり天気が良くなかったのですが( ;∀;)
合流前のひとっぷろ!
柏温泉「かしわおんせん」にてさらに体を温めますよ(温めすぎなんじゃ)

tamuraDSC03695
モモモモアイ!?
謎オブジェがお出迎えしてくださいましたよ(; ・`д・´)
これは今から胸が高まりますね!(なんの期待だ)

tamuraDSC03708
 扉を開けると、ごく普通の温泉施設で安心いたしました。
しかし右にもやっぱり謎オブジェがあります。石屋さんと縁があるのでしょうか。
まずは風呂はいりましょう!

tamuraDSC03698
 気温も低かったので、湯気ってごめんなさい!
ジャグジーってますね!
お湯は黄色っぽい、透明感のあるお湯です。
手前の広い浴槽は浅めで温度は42.5℃、奥は狭くなっており深めで44℃ありました。
そして良い感じに浴室内にアブラ臭が漂っていますよ♥

tamuraDSC03697
かぶり湯もあったぜ。
おそらく普通のお湯かな?

tamuraDSC03699
 湯口のドアップですじゃ。
湯量的に半循環なのかと思いましたが、それはお湯を舐めてから気が付きましたΣ(゚д゚lll)
(よくある失敗だね☆)
このあたりではよくあるしょっぱめのお湯でございます。
そして何より、この湯口の上に載っている…

tamuraDSC03701
ビビビビビーナス!? 

これは男性浴室にもあるんでしょうか?
そういえば、似たようなのが十和田市の温泉施設にありましたっけね。 
この施設のオーナーはオブジェ好きなのでしょうか。 

tamuraDSC03702
 さて、こちらの特筆すべき点はやはり水風呂でしょう!
この近辺の温泉施設は冷泉の水風呂が付随している所が多いですよね!。二ヒヒ。
もちろん、堪能させていただきました。

tamuraDSC03704
 しかも出し放題!
やはりここもうす黄色で、水面でパチパチ気泡が弾けていました。
 22℃あるので、水風呂苦手な方でも安心かも? 
しかし、これってやっぱり別源泉ですよねぇ…鮮度が良いですし…。

以前から気になっていた施設でしたので、念願がようやくかないました!
(今回はそんなんが多いです(笑))
やはり期待を裏切らない施設でしたよ! 


newichikoki at 02:56|PermalinkComments(2)青森県の温泉 

2017年01月01日

GW企画!青森を行く(大坊温泉編)

サッパリした所で、第2湯へ向かいます。
またサッパリするのかよ!というツッコミはなしで!
tamuraDSC03674

 大坊温泉でございます。
以前から看板が大鰐弘前IC付近にあったので気になっていたのでした。
皆さん「急いで立ち寄る事ないって!それよりも~」
などとおっしゃるものですから行くに行けなかったのです。
プンプン。
なんだか山形にある「臥竜温泉」を彷彿させる佇まいですね。

tamuraDSC03680

―…と思ったら、こちらが温泉入口でした(;´∀`)
さっきのは宿泊棟なのかと思われます。

tamuraDSC03681


館内はとってもシンプル!
とはいえ、お土産も充実しており利用客にやさしい施設です(*'▽')
お腹が空いたらここで買えばいいもんね!

tamuraDSC03685

 早速浴室へ!
やったーだれもいないぜ!(時間がまた微妙だったからねぇ…)
大きな浴槽に広めな洗い場、たくさんのカランと充実しております。
tamuraDSC03687
 不思議湯口。
一つの湯口から熱いのと丁度良いお湯が同時に噴出しておりますよ。
奥の狭い浴槽が44℃、広い方が42℃ありました。
しかしぬるい方に足を入れた瞬間ピリッとしましたよ。
お湯は少しスベスベし、湯口で気のせいかと思いますが微~アブラ臭を感知いたしました。
(でも気のせいかもしれない)

tamuraDSC03688

 お湯はご覧のとおりの無色透明で、舐めると薄く旨みを感じました。
 このあたりはこんな感じのお湯が多いのかな?

tamuraDSC03689
 
休憩室に貼ってあった弘前弁の説明書き?
当たり前なんでしょうけれど、どれも初めて聞く方言です(;´∀`) 
こういうのちょくちょく目にするので、勉強のために覚えようと思うのですが
なかなか覚えきれないですね…

tamuraDSC03679
こちらも朝ブロにふさわしいお湯だと思いました!
このあたりは別源泉の温泉施設が沢山あるので面白いですよね。
湯めぐりのしがいがあるってもんです!
 

newichikoki at 01:48|PermalinkComments(3)青森県の温泉