第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(ウニ編)第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(さようなら津軽長寿温泉編)

2017年09月25日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(森田温泉編)

西海岸を堪能した後、再び弘前方面へと向かいますよ。
途中、森田温泉を発見!

tamuraDSC05503

なつかしさのあまり、ついつい立ち寄ってしまいました。
森田温泉「森田温泉旅館」でございます。
おそらく、旅館業はもうやっていないかと思います。

tamuraDSC05501
数年前に訪問した時もおばあちゃんが対応してくださいましたが、ご健在で何よりです(∩´∀`)∩
手芸の大好きなおばあちゃんの旅館はいろんな民芸品や絵が飾っております。
手先の器用な人ってうらやましいです。
tamuraDSC05484

何年振りのご対面だろう。
タイルとボコボコの湯口、そして不安定なカランともどもご健在です!
tamuraDSC05485

なぜか湯口には「立ち入り禁止」が…
tamuraDSC05487

「石にさわ」の部分は赤ペンで、それ以外「るな」の文字は黒ペンで書いてあり、黒い文字は取れてしまったんでしょうね。と推測!
tamuraDSC05491

お湯はガンガン塩ビパイプからかけ流し!
ぬる~い40℃の鉄臭がするマッタリ湯がとっても気持ち良い♥
地元の方に大人気なのも頷けます(´∀`*)

tamuraDSC05488

湯口の脇からお湯がもれてるよ!Σ(・ω・ノ)ノ!
そんなにお湯が有り余っているの!?

tamuraDSC05489

そんな訳でオバーフローも半端ないんですよ。
ここでトド寝する方々のお気持ち、ものすごくわかります…!

tamuraDSC05490

浴槽端っこのスペース。
なしてこんなスペースが?(´・ω・`)??
浴槽が別にあったのでしょうか。
tamuraDSC05499

お風呂上りに廊下をふと見ると、小学生たちの自由研究?の成果が張り出されておりました。
身近に研究対象があるっていいね♪

tamuraDSC05495

そして旅館の方の張り紙が。
「感謝」の文字をよく見ると…!Σ(・ω・ノ)ノ!
とっても凝っている演出だなぁ♥

お湯もおばあちゃんもこちらの雰囲気も全部大好きです。
いつまでも頑張って欲しいです。




newichikoki at 00:36│Comments(3)青森県の温泉 

この記事へのコメント

1. Posted by G   2017年09月28日 20:08
北海道+青森の湯巡りとはパワハラじゃなくパワフルですね!

張り紙は謝謝なのだよ。
2. Posted by kama   2017年10月02日 14:09
夏に行った時に、「長湯は禁物よぉ~!」とお母さんに言われ!(笑)

行った時は独泉だったけど、後から続々と地元の人達がやってきて人気なのがうかがえました。

あのボコッボコッと出る湯は、福島の大塩温泉のようで、自然のパワーに感動しました♡

良い湯っこだし、ここでのトド寝はサイコーでしょうねぇ~!w
3. Posted by いちこ   2017年10月03日 23:25
>Gさん
新幹線も北海道まで到達したし、友達が函館に旅行に行ったという影響もあってついにやってしまいました(笑)
あれ謝謝だったですか!( ゚Д゚)
ずっと感謝とばかり…w

>kamaさん
そうなんですよ、独泉かと思いきや…
ぞくぞくと地元の方々がやってきてビックリしましたw
お母さんのキャラがこの温泉の人気の一つなのかなぁと思いましたよ(*´▽`*)
時間が気にならなければ、ずっとトド寝したい。。。
(-_-)zzz

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(ウニ編)第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(さようなら津軽長寿温泉編)