第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(北海道で昼めし編)第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(ラムネだけ編)

2017年09月19日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(いきなり宿泊編)

新青森駅に到着した後、マイカーをピックアップしそのまま八甲田方面へGO!


tamuraDSC05382

今夜のお宿はそう…谷地温泉ですよ!
すっかりご無沙汰しておりました\(^o^)/
別会社に譲渡後初の訪問です。

tamuraDSC05412
館内ロビーです。
以前と若干レイアウトが変わったかな?
雰囲気は以前と同じでしたので安心いたしました。
そしてこちらで念願のテンのぬいぐるみを購入!

tamuraDSC05386


tamuraDSC05385

チェックイン後すぐに部屋に入ったらすでに布団が敷かれておりました!
我々チェックインが遅かったからね…(17:30頃)申し訳ないです。

tamuraDSC05408

夕食は食堂にていただきます。
これは以前から変わっておりませんね。

tamuraDSC05409

食事は以前より少し立派になった気がします。
(その分、宿泊代が上がりましたが)
↑こちらに天ぷらとミートローフが付きましたよ。
イワナの塩焼きが健在で安心(*´▽`*)
これがないとねぇ!谷地温泉の重要アイテムだと思います。
tamuraDSC05428
ちなみに朝はこんな感じです。
アッサリして食べやすかったです。(もち完食!)

tamuraDSC05405

そしてお風呂なのですが、ご存じの方もいらっしゃいますが
撮影禁止なので写真はございません。
ちなみに男性(混浴)浴室と女性浴室は入れ替え制なので、
混浴にある足元自噴浴槽を男女関係なく安心して堪能できます(*´Д`)

tamuraphoto01
※HPより拝借させていただきました。

このように2槽に分かれているのですが、片側は36℃の霊泉、
もう片方は42℃の熱湯と呼ばれる所です。
この霊泉はかけ湯にも使用されていて、アビるとたまんないのですよ(*´Д`)
混浴の方は足元から直接自噴しておりますので、思い切り堪能できます。
女性浴室も同じ造りなのですが、(ややコンパクト)霊泉は
湧出場所からの引き湯になっているそうです。
この2槽の異なるお湯を往来がたまらないのです♥
まさに真夏に相応しい温泉でございます(´∀`*)

tamuraDSC05432

翌日、ちょい天気が良くないですが出発!
駐車場にある、谷地湿原入口です。
tamuraDSC05433
晴れていれば、もっといい眺めになったのですが…(´・ω・`)

さぁ、今日は津軽方面の湯へ出発ですよ!



newichikoki at 01:15│Comments(0)青森県の温泉 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(北海道で昼めし編)第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(ラムネだけ編)