第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その①)第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その③)

2017年08月29日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その②)

そうなると、どうしてもここに入ってみたくなるよね!

tamuraDSC05278

同じ濁川温泉「新栄館」でございます!
新栄館といえば、あの有名な混浴の浴室ですよね!
tamuraDSC05279

早速館内へ入り、呼び鈴を押します!
幸いに電話する事なく、旅館の方がいらっしゃいました。

駄菓子菓子




旅館の方(;´∀`)<混浴は男性の方が数名入っていらして





…(ノД`)・゜・。
いや、どうせこうなるとは思っていましたが!
ダメもとダメもと!

こればかりはどうしようもないので、女性が入れるという専用浴室をお借りいたしました。
なかなか見る事ができないよ!きっと!(負け惜しみ)

tamuraDSC05280
↑せめてものと思い、廊下は撮らせていただきました。

tamuraDSC05306
そんな訳で浴室へと向かった訳ですが、なんとこちら側は建物が新しい様子です!
入口は鄙びた昔ながらの建物だったのに!?
元々昔からあった建物に、増設したみたいです。
(宿泊もこちら側の建物になるらしいです)

tamuraDSC05308

一応、ロビーらしき場所もありましたが、お会計はあちら!
(先ほどの玄関です。)
“湯銭”って言い方が好きですわ(´∀`*)ウフフ

tamuraDSC05309
とうちゃこ!
この階段を上がった所に入口がございます。

tamuraDSC05310

明るめな浴室です。
そしてやや笹濁り色をしたお湯が張られております。
新館のお風呂といえども、成分でしっかり洗い場や浴槽が茶色く着色されておりますよ。

tamuraDSC05314

で、早速入ろうとした訳なんですが…
ゲキアツでじょ!(ノД`)・゜・。
50℃近くありました(笑)
さすがにこれでは蛋白凝固を起こしかねないので、水で埋めますよ!
ああ…アブラ臭が…
(それでも結構な臭いですよ( *´艸`))

tamuraDSC05313

湯口は下のパイプから出ております。
(上の蛇口は水です)これがなかなか温度下がらないんだぁ。
だから46℃くらいで頑張って入ったよ!
でもすぐ上がってしまったよ!

しばらくすると、他のお客さんが何人かいらっしゃいました。
旦那さんは例の混浴に入っているので、こちらにいらしたそうです。
やはりあそこはハードル高いですもんね。(ググってみよう!)
そこでオススメの他の濁川温泉の情報を交換し、さっそく3湯目へと向かう事になりましたよ。
(先ほどの天湯をお勧めしたのでした。)




newichikoki at 00:25│Comments(0)北海道の温泉 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その①)第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その③)