2017年07月08日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(山内温泉編)

観光もいいけれど、温泉もね♥

tamuraDSC05084
函館市内の共同浴場に行ってみたい!てな事で
山内温泉「長生湯」に参りました!
路面電車が近くを走っており、これには大興奮ですぞ。
(実は人生で初めて路面電車見ました。ハズカシー!)

tamuraDSC05085

素敵なのれんです♥早速入ってみましょう!

tamuraDSC05107

入口は男女に分かれております。
これは昔ながらの銭湯でよく見られるタイプですね。

tamuraDSC05108

「女」(;´Д`)
「男」はなかったので、間違えて入らないようにするためになんとなく貼ったのでしょうね。
tamuraDSC05104

昔のドラマに出てきそうな、番頭さんがいる銭湯スタイルです。
手前のカゴも昔ながらのやつですね(´∀`*)
思わずニンマリしてしまいます!

tamuraDSC05088

tamuraDSC05089

下駄箱は最近飲み屋さんでもよく見られるタイプのやつです。
いいねいいね~~♥

tamuraDSC05090
お座敷状の休憩ルームもありましたぞ♥

tamuraDSC05099
そして、温泉!
この美しい浴槽の形、そして歴史を物語る色合い、ピュアな透明感のあるお湯!
もうね、これ見ただけで胸いっぱい大感激ですよ!!
このお湯に入りたかったんです!
tamuraDSC05102

このお湯は奥の方に源泉があり、そこから引き湯をしております。
引き湯たって本当に数メートルなんですが…
ちなみにカーテンで仕切ってある部分は男湯につながっております。

tamuraDSC05100

そしてこれが湯口!
なんとまぁダイナミック泉法!!(; ・`д・´)
お湯は広い方が深めで、44℃と熱め設定になっており、
狭い方は加水してあって42℃になっておりました。
噂によると、もっと熱いのがデフォらしいのですが、
私が入った時はたまたまなのかもしれません。
44℃の透明湯はじっとしてられないので、
このホースから出てくる源泉のお湯を堪能しながら42℃の方に入っておりました(笑)

潮っぽい香りがし、薄くしょっぱい味がしました。
そして少しスベスベ感がございます。
tamuraDSC05092
常連さんの温泉グッズ置き場がありましたよ♥
津軽の温泉銭湯と一緒ですね(´∀`*)

私らが入った時には住人の方もいらして色々お話ししてくださいました。
戦前からある銭湯なんですね。
ここのお湯を誇りにしておりました。
自分が住んでいる所に誇れるものがあるのってうらやましいなぁ。



newichikoki at 23:21│Comments(5)北海道の温泉 

この記事へのコメント

1. Posted by G   2017年07月09日 00:21
今や、函館市内で一番渋い温泉銭湯ですかね。

さすが、いちこ!
2. Posted by へす   2017年07月09日 21:30
5 深め浴槽 デフォ46-7℃(爆
3. Posted by とおりすがり   2017年07月10日 17:07
このすぐ近くの大成湯もなかなかの渋さ
4. Posted by いちこ   2017年07月13日 23:53
>Gさん
本当は日の出湯に入りたかったですよ(ノД`)・゜・。
今はこちらが函館市内のシブ系銭湯代表になるんですかねぇ。
いつまでも残って欲しいです!

>とおりすがりさん
めっちゃとおりすがっていますね(笑)
大成湯も気になりましたが時間の都合でカット…
やはり再訪必至ですね!('◇')ゞ
5. Posted by いちこ   2017年07月13日 23:56
ああっ!コメント漏れてしもうた( ;∀;)

>へすさん
私が行ったときですら何とか入れたというのに47℃とか正気の沙汰じゃないです(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字