2017年05月29日

初夏にほど近い温泉巡り(真湯山荘編)

須川高原温泉をチェックアウトした後、岩手県一関側に降りて2日目の湯めぐりスタートでございますよ!

tamuraDSC04457

真湯温泉「温泉交流館」でございます。
こちらは須川の上がり湯として有名で昔からあったのですがどうやら数年前に改築したみたいです。
新しい源泉が出たらしいとの事でしたので要チェック★


tamuraDSC04458

入口から温泉受付まで長~~~い!
ホールとして利用するためのスペースでしょうか?

tamuraDSC04459

やっと受付に着いたぜ!
そういえば、20年前くらいにここに行ったことがあるのですが、以前の面影が何となく残っております。
tamuraDSC04460

広いロビーにはおみやげがずらり。


tamuraDSC04462

さらに温泉入口まで行くと、この光景にデジャヴが…!
もしかしたらここは旧施設のままなのかもしれません。
以前は浴室が2つ別々の場所にあり、どちらかに飲泉所があったと記憶しています。

tamuraDSC04465
これが新源泉だ!
以前の無色透明とは打って変わって赤茶色のお湯でビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

tamuraDSC04468

そして中央の謎スペース…どうして鉄の網で囲っているんだろう??

tamuraDSC04469

湯口!もちろんかけ流しですじゃ!

一応こんな色をしているのですが、鉄の香りは感じられなかったです。
ちょっと鉄味はしたかな。思いのほかアッサリ。
それでも湯口は赤茶色に染まっておりますよ。
誰かが秋田の「南玉川温泉みたい」とおっしゃっておりましたがまさにそんな感じかと!

tamuraDSC04470

露天からの眺め。実にいい季節です(´▽`*)

tamuraDSC04472

tamuraDSC04473
なぜか先に露天の方をUPしてました(笑)
内湯は以前から使用していた源泉を使っています。
無色透明の芒硝泉。ちょっとだけスベスベしました。おそらく循環利用?

tamuraDSC04475

湯口ですじゃ!
熱いのとぬるいのとで浴槽が分かれております。
よく見ると白い析出物がこびりついておりますね!
それにしても、同じ場所で違う泉質のお湯が沸くって、いったいここの湯脈はどうなっているんだろう!?

tamuraDSC04476

新しい施設になってからの再訪ですが、色々とグレードアップしておりました!
立地も良いし、利用者も納得の施設でした(*‘∀‘)




newichikoki at 02:06│Comments(0)岩手県の温泉 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字