2017年04月25日

初夏にほど近い温泉巡り(文字温泉編)

駒の湯を後にし、お次は今まで(私の中で)謎とされていた例の温泉へ行ってみました!

tamuraDSC04183
 栗原市の旧花山村付近にあります文字温泉「門寿屋」でございます。
入口に「善の湯」と書いてありますが、これがいわゆる通り名なのかな?
(浪岡駅前温泉の「熱の湯」的な)

tamuraDSC04185
 こちらは事前にHさんがアポを取ってくださったので、ご主人も快く入れてくださいました。
ちなみにお風呂&宿泊棟はこっちになります。

tamuraDSC04190

この宿泊棟はかなり綺麗に手入れされております。
広間もこんなに見晴らしが良くて明るい陽射しが差してます(´▽`*)

tamuraDSC04195

 早速浴室へ…!
男女別の浴室×1浴槽でございます。
お湯は冷鉱泉なので、加熱利用しております。

tamuraDSC04193
 
 家のお風呂か!(; ・`д・´)的加熱循環方式です(笑)
源泉を浴槽に投入、普通のお風呂のように沸かしているようです。

tamuraDSC04201
こちらは湯口…ではなく加熱用の蛇口です。

ちなみに温度は 40℃もなかったです!
なので、こちらでも温めのお湯を堪能させていただきましたよ( *´艸`)
鉄っぽい?香りがいたしましたよ。

tamuraDSC04199
桶で掬ってみました。
ちょっと茶色っぽい色かな?浴槽のお湯は笹濁りだけれど…
蛇口からのお湯(源泉)は透明なので、加熱したりすると変色するんでしょうね。 
tamuraDSC04192
 男湯の方も見させていただきました。
こちらのがやや広めかな?

ちなみにこちらは青森ヒバを浴槽に使用しているのだとか!
先ほどの女湯は檜らしいです。
とても手の込んでいらっしゃる浴室なのですよね。

 
tamuraDSC04210

お風呂から上がった後、ご主人からコーヒーをごちそうになりました✨
美味しくいただきましたよ(*‘∀‘)
色んなお話しを伺いましたが、あまり積極的には旅館経営はされていないご様子です。
それくらいが丁度よいのかもしれません。

tamuraDSC04188
☆おまけ☆
 源泉穴その1です。
奥の方に源泉がたんまり入っているのが見えるかな?
香りとかは感じなかったかなぁ。

tamuraDSC04189
 
こちらはその2
湯量が豊富なのがわかります。

tamuraDSC04187
 
 こちらの庭園に池があったのですが、やはりただの池の水ではないのでしょう。
ご主人曰く、ここの鯉は60年以上生きていらっしゃるとか!!(; ・`д・´)
うへー私より長生きしていらっしゃるのね!
(私の年齢は気にしないで以下略)
 


newichikoki at 02:00│Comments(2)宮城県の温泉 

この記事へのコメント

1. Posted by Kama   2017年05月10日 09:11
冷鉱泉とは言え、興味そそるなぁ~♪(*^_^*)
2. Posted by いちこ   2017年05月16日 01:26
>kamaさん
返信に気が付くのが遅くなってすみません
こちらは前々から気になっておりましたが、想像以上のお湯でした!
冷鉱泉も侮れませんね(*‘∀‘)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字