2017年03月20日

GW企画!青森を行く(焼山荘編)

次の宿泊地へ移動すべく、八甲田山を横切りますよ。
さらば津軽地方!
こんにちは上北地方!

tamuraDSC03950
 GWだというのに、まだまだ雪壁は残っているようでした。

tamuraDSC03951
 この日のお宿は十和田温泉郷。
その前に湯めぐりをする事になりました。

かなり有名ですがいまだに入った事がない「焼山荘」にお邪魔いたします。
かなり綺麗で立派な旅館ですよ!

tamuraDSC03952
 ロビーも広いしとても落ち着きますね(*´ω`*)

tamuraDSC03953
 こういった小物も飾られており、訪問者の目を楽しませてくださいますよ。

 
tamuraDSC03957

お風呂へ向かいますよ。
浴室はロビーとちょっと離れた所にございます。 
廊下に飾られているライトや障子がとても素敵なんです。
tamuraDSC03969

とても素敵なデザインのライトですが私の部屋では絶対に生かしきれないです(笑)

tamuraDSC03955

浴室の部屋の前にはこんな素敵なお札が♥
やっぱりりんごですよね( *´艸`)

tamuraDSC03961
 お湯は無色透明でございます。
そしてかなりぬるかったです(;´Д`)お客さんもいらしたので、ぬるく設定していたのかな?
十和田温泉ならわの硫黄臭はあまり感じません。

tamuraDSC03959
 それにしても、お湯まぜ棒(これ正式名称なんていうの)がこの位置にあるのは初めて見ました。
壁に立てかけるより安定感あったのが不思議です(笑)

tamuraDSC03958
 ところで、この日(というか時間)は女性は内湯のみの浴室&離れの露天という割り振りになっておりました。
男性は内湯と露天が合体した浴室だったそうです。
せっかくですから離れの露天も堪能しましょ。

tamuraDSC03956
 洗い場も備えた、素敵な露天風呂ですよ!

tamuraDSC03964
 こちらのお湯は44℃となぜか熱めになっておりました。
しかし我々にはこのくらいがちょうどよいです!
底には白い湯の花も沈殿しておりましたよ。
内湯よりこの日はこの浴槽のが泉質が安定しておりました。
香りもしましたし、うす美味い味もいたしました。
(浴槽のお湯って日によって調整したりするから状態もまちまちなんですよね。改めて別の日に行ったら内湯もアッツアツのお湯なのかも!?)
個人的にはこの露天風呂のがかなり良かったです。

tamuraDSC03971
 お風呂から上がったらこんなサービスも♥
なんと奥入瀬の水との事で、おいしくいただきましたよ!
八甲田山付近のお水はとても美味しいですよね。

こちらの旅館は温泉に明るい方でなくてもかなり満足できる所だと思います。
 


newichikoki at 01:21│Comments(0)青森県の温泉 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字