2017年02月10日

GW企画!青森を行く(丹羽旅館編)

黒石市は板留温泉に参りました。
板留といいますと、かの有名な共同浴場を想像される温泉ファンの方も多いかと思われますが、私は入った事がないんよ!
というかもうなかったんだよ!(ノД`)・゜・。
 
tamuraDSC03877

そんな訳で、「丹羽旅館」にお邪魔いたしました。
この辺では中規模の旅館です。

tamuraDSC03879
 なんと!玄関には巨大こけしねぶたがお出迎えです!
さすがこけしの街です。
黒石のこけしってくびれがあって何と言いますか女性らしいですよね(*´ω`*)

tamuraDSC03881
 館内に広がるレッドカーペット!
浴室へどんどん歩いていきますよ~

tamuraDSC03882
その途中にありました黒石こけしのガラスケース!
色んなサイズや模様があるんですね。
スタイルの基本は決まっているのね。

tamuraDSC03883
 そして浴室にはこけしのれんがお出迎え!

tamuraDSC03884
 入ろうとしたその時、手元を見ると
なんと自動ドア!
浴室の扉がこうなっているのは初めてみましたよΣ(・ω・ノ)ノ!
(逆に玄関が自動ドアなのに、手動しゃないと開かないという旅館も知っております(笑)) 

tamuraDSC03889
 浴室です!
黒石温泉郷特有の無職透明泉です。
tamuraDSC03890
 湯口が面白いです。
お湯はちょいスベ感があり、舐めると旨みがいたします。
細かい茶色の湯の花がみられましたよ。
内湯の湯温は42℃でした。 

内湯を堪能した後はもちろん露天へGO!
tamuraDSC03891
 モダンな露天風呂です(*´▽`*)
デザイン的に内湯と同じかな?

tamuraDSC03894
 ちなみに湯口も内湯と同じですが、なんとこちらには析出物がでんこもりになっているのです!
tamuraDSC03899
 ドアップにしてみました(笑)いいねぇ~~(*´ω`*)
(析出物大好きっこ)

こちらの湯温は40℃と温めなんですが、湯口付近は50℃以上ありました(; ・`д・´)
露天は内湯の引き湯(いわゆるポイポイ湯)なんですが、源泉もそのまま投入しているのでしょうか。
だとしたら、ここだけカッチカチになっているのも納得です。
もしかしたら内湯湯口からでるお湯は温度調整済なのかもしれません。

tamuraDSC03886

 こちらは温泉をいい状態で堪能できてよかったです(*´▽`*)
いままで立ち寄っていなかった事に反省!

そして最近知った情報なんですが、2月いっぱいで休業するとの事です(ノД`)・゜・。
別の経営母体になるとのうわさを聞きましたが、今までの様なお湯使いなのか
そもそも日帰り入浴できるのか謎ですよね…。
この時に入浴して本当に良かったです。
再訪したいなぁ。


newichikoki at 02:08│Comments(4)青森県の温泉 

この記事へのコメント

1. Posted by へす   2017年02月13日 18:18
5 > 湯口が面白いです。
いや、湯口の撮影角度の方が面白いw
2. Posted by いちこ   2017年03月15日 01:44
>へすさん
ぎゃー!レスが遅れてすみません(;'∀')
湯口撮影する時はなぜか角度まで凝り始めてしまうくせがあります(笑)
3. Posted by シド   2017年03月17日 08:08
どうやら3/15で屋号が変わり再出発したようですよ。
浴室は男女が逆になったとか。
4. Posted by いちこ   2017年03月20日 02:36
〉シドさん
日帰りOKなんですね!(∩´∀`)∩バンジャイ
ここは男女とも浴室は同じなんでしょうか?
いずれにせよ、またあのお湯を堪能できるのかと思うとニンマリですね~♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字