2017年12月30日

2016年度忘年会!(湯沼温泉 こまくさ荘編)

米沢から北上し、東置賜郡は高畠町へと向かいました。
ワインやぶどうが有名な町です。
ワイナリーがありますよね。

tamuraDSC06661
そこにございます「湯沼温泉 駒草荘」へ参りました!!
名前は知っていたものの、なぜか未湯でしたのよ。

tamuraDSC06662

玄関にあった看板なんですが、なぜかキャッチコピーは「ふしぎな温泉」でございます。
何故不思議なのかは結局最後まで謎のままでした(; ・`д・´)

tamuraDSC06664
館内でございます。
旅館なのですが、どちらかというと日帰り施設の色が強いです。
そして卓球台とくつろぎスペースがあり、一日いても楽しめるようになっておりますよ。

tamuraDSC06665
早速、お風呂に入りますよ!!

tamuraDSC06672
内湯でございます。
半循環でごさいますが、源泉も同時に投入されているようです。
お湯はご覧のとおり、無色透明ですよ。

tamuraDSC06669

湯口からはほんのり、硫黄臭がしました。
41℃程度のお湯でゆっくり入っていられる温度です。

tamuraDSC06673
内湯から見えた謎のデッキスペースでございます。
(最初は露天風呂かと思いました)
夏になるとすのこが取り付けられて休憩スペースになったりするんでしょうか。

ちなみに露天風呂もあったのですが、
すし詰め状態になっておりましたので、画像は割愛いたします。
どうやら露天は源泉かけ流しみたいです!温めで気持ち良かったです。
しかしなぜか「泣いた赤鬼」という名前が付いているのですが…(;´∀`)
こちらも由来は謎のままです。

tamuraDSC06674
どうやら泉質は御墨付きらしい(´ω`)
私が入った時間のせいかもしれませんが、数字ほどのツルツル感は感じなかったかなぁ。

tamuraDSC06675
駒草荘専用の除雪車!!
雪深い地域では、こういった乗り物じゃないと除雪が大変なのかも。

そんな訳で、こちらは全くノーマークでしたがかなり良いお湯でした!
近くに来たらまた立ち寄りたいと思う温泉でございます。

newichikoki at 01:53|PermalinkComments(0)

2016年度忘年会!(ラーメン編その2)

お腹も空いたので、米沢ラーメンを食べますよ!!
秘拉の会会長もお腹が空いた模様です!!

tamuraDSC06650

tamuraDSC06651

tamuraDSC06652

「桂町 さっぽろ」さんでございます。
山形なのにさっぽろとはこれいかに…
しかも今日は札幌の方とご一緒ですよ!!これもまた宿命なのか…

tamuraDSC06655

お店の雰囲気は普通の食堂ですが、
「伝統米沢ラーメン指定店」の看板がございましたので、侮れません。
そしてこの豊富なメニュー!
麺類はすべて網羅しているもよう。

tamuraDSC06657
ラーメンゲット!!
シンプルなスープですが味わいがございます。
tamuraDSC06659
米沢ラーメン特有の細い縮れ麺ですね♥
指定店なだけあって、かなりおいしかったです!!

tamuraDSC06660
お隣の席の方はそばを注文しておりました。
そしてなぜかナルトが乗っているという(; ・`д・´)

米沢ラーメンは夜中にふと食べたくなるラーメンです。
こうしてこの記事書いている今でも無償に食べたいですもん。
米ラーの道を究めなければなりませんな!!



newichikoki at 01:32|PermalinkComments(0)ラーメン 

2016年度忘年会!(小野川温泉 亀屋万年閣編)

続きまして同じ小野川温泉に参りましたよ。
tamuraDSC06628

先ほどのししどやさんと同じ並びにございます
「亀屋万年閣」のお邪魔いたしました。
なんとも風情のある建物です。
近くの「高砂屋」さんに似た雰囲気がございますね~

tamuraDSC06630
かなり新しめの旅館でございます。
そして館内も風情たっぷり。

tamuraDSC06629
こちらには猫ちゃんがいらっしゃるのですが、
猫ちゃんグッズが販売されておりましたよ。
旅館の方の深い猫愛が感じられますね(*´▽`*)
お写真の猫ちゃんは先代の看板猫さんらしいです。
tamuraDSC06632
さて、浴室へと参りますよ!
この廊下はめっちゃ長くてビックリΣ(・ω・ノ)ノ
レッドカーペットの先にはお風呂がございますよ~!
tamuraDSC06635

tamuraDSC06637

tamuraDSC06636
“亀”屋万年閣だから亀オブジェかな?

浴室画像撮影するの忘れた…(´;ω;`)
湯口はかろうじてございましたのでとりあえずそちらをUP!
湯の花が湯口にべろっとくっついていて面白いです。
そしてやさしい硫黄の香り。いいですねぇ~

湯口はなぜ二段階方式なのかは謎です。。。

tamuraDSC06638

露天もあったよ!
むりやり感がございますが、ここもええお湯です。
そういえば、露天のある旅館が小野川には少ない気がしたので作ったのでしょうか。
火照った体を冷やすのにちょうどいいです。
(どんだけ湯めぐりしてるんだという話ですが)

tamuraDSC06641

露天にもこの表示が♥
4号泉とぬるめの5号泉を混合して温度調整しているようです。

tamuraDSC06647

tamuraDSC06644
上が看板猫ちゃんでございますよ!
(上手く撮らせてもらえませんでした)
旅館の猫だけあって、人に対して全く動じません。
そして下の写真の猫ちゃんは必ず写真の椅子に座っているらしいです。

う~ん、こちらに宿泊して猫ちゃんを堪能したい!!
やはり小野川温泉は猫天国でございます(=^・・^=)




newichikoki at 01:21|PermalinkComments(0)山形県の温泉