2018年04月23日

憧れの群馬に行ったよ!(おやつ編その2)

お腹が空いたので、お昼ご飯を食べますぞ。
せっかく群馬に来たのだから、群馬名物を食べたいじゃないですか。

tamuraDSC08416
四万温泉街にいい感じの食堂がございましたので、立ち寄ってみました。
「銀泉茶屋」という名前のお店です。

tamuraDSC08415
こじんまりとした内装でございます。
観光客向けのお店で、軽い食事&カフェがメインのようです。
(あとやきまんじゅう)

tamuraIMG_9926
そして人生で初めての群馬名物「おっきりこみ」ですぞ!
野菜がいっぱい入ったうどんだと思ってくだされば分かりやすいかと思います。
これがまた美味しかった!!

tamuraIMG_9928
女子なので、デザートもいただきました♥
オリジナル商品のようですが、かなりおいしかったです(*´▽`*)

四万は若者がかなりいらしたので、若者向けのカフェが充実している印象です。
こういう努力って大事だなぁ。
老若男女に愛される四万温泉って魅力的だなぁと思います。



newichikoki at 01:58|PermalinkComments(0)食物 

2018年04月22日

憧れの群馬に行ったよ!(四万温泉 ゴム層の湯)

最後に以前立ち寄りしたあの日帰り施設に立ち寄ってみました。

tamuraDSC08406
四万温泉の中心から少し離れました「御夢想の湯」でございます。
名前がとっても素敵ですね!
こちらは2006年にリニューアルしてから初の入浴となります。
(2005年に訪問してるんだね…ほんとラッキーだったと申しますか)

tamuraDSC08407
この御夢想の湯が四万温泉の発祥の地との事で、深い由来があるようです。
それにしても、立派な建物ですなぁ。
早速入ってみましょう!

tamuraDSC08410
脱衣所に小さな神棚?がございました。
お向かいの神社のものでしょうか。


c7fb22c0d7b0649e2d235a698fff4f73-300x225
※お客さんで一杯だったので、HPよりお借りしました。

リニューアル前もこんな石造りのお湯だった気がするので、浴槽はそのままなのかしら?
黒っぽい石をくりぬいたような浴槽です。
※後で確認したら以前は木造でした。↑何勘違いしとんねん(; ・`д・´)

お湯は無色透明で、湯口の方から芒硝臭がしました。
舐めましたが、味はあまりしません。

ちなみにこの時他のお客さんがガンガン加水しまくりであまり
お湯の臭いを感じなかったんですね( ;∀;)シャンプー臭に負けてしまっておる!
しかも加水しすぎでお湯がぬるくなっているし(39℃!)
どうやら訪問するタイミングが宜しくなかったようです。

tamuraDSC08411

気を取り直して、お向かいにございました足湯へまいりましたぞ!

tamuraDSC08413
こちらは鮮度バツグン!
そして芒硝臭はこちらのが強めでした。
これが本来の御夢想のお湯なんですね。
ちょっと赤めの成分が付いているという事は少し鉄分を含んでいるのかしら?

すぐ隣に旅館がいくつかございまして、この近辺は「日向見温泉」という名前なんですね。
雰囲気がかなりよさそうでしたので、次回訪問してみたいと思います!



newichikoki at 23:30|PermalinkComments(2)群馬県の温泉 

2018年04月20日

憧れの群馬に行ったよ!(四万温泉 上の湯)

お次は四万温泉街の街の中の方へ歩いていきます。
目指すは四万の共同浴場「上の湯」!

tamuraDSC08385
先ほどの駐車場から歩いて10分ほどの場所にございますよ。
とても風情のある建物です。

tamuraDSC08386
利用時間は9:00~15:00まで。
以外に短いΣ(゚Д゚)午前中に訪問して良かった~

tamuraDSC08387
早速浴室へ…
奥が女性、手前が男性となります。

tamuraDSC08392
やっぱりこちらにも「善意の箱」が。
気持ちを入れさせていただきましたよ。

tamuraDSC08393
その箱の上には、石鹸の寄付が!
世の中捨てたもんじゃありませんね(*´ω`*)ほっこりいたしました。

tamuraDSC08389
チラッと覗くと…オオゥ♥

tamuraDSC08391
無色透明のお湯が滾々とかけ流されております。
ちなみに2槽に分かれておりますが、どちらも同じ温度でした。
本当は温度わけしているのでしょうが、だれも入らなかったせいか普通に48℃ございました(; ・`д・´)
これは入ったらいってまうやつや!!

tamuraDSC08398
そんな訳で必至にうめました。
(それでも44℃)
湯口には白いカッチカチの析出物がくっついておりましたよ。
芒硝臭がいたしますね(*´ω`*)舐めたらやっぱり旨味がいたしました。
芒硝泉の特徴ですね。

tamuraDSC08396

tamuraDSC08397
ここにも四万の植物と野鳥のタイルが。
こういうのが飾ってあるという事はやっぱり観光客向けになっているんでしょうね。
むしろいらしてほしいなぁ。
四万温泉の良さがわかりますから!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)群馬県の温泉