2018年03月17日

憧れの群馬に行ったよ!(伊香保温泉 処々や②)  

長らくお待たせいたしました
1月の公約がすでに破られている訳ですが(# ゚Д゚)

お昼ごはんを食べた後、その「秘密」に迫る事にいたしました。

tamuraDSC07920
食堂へ行く途中の階段にありました、謎の入口!!これはいったい!

tamuraDSC07921
キャー♥脱衣所も完備!

tamuraDSC07940
あらこんな所に温泉が♪
なんと年季の入った愛らしい浴槽なのでしょう!!

tamuraDSC07936
もう片方の浴槽です。
この浴室は貸切で利用するようになっているのですが、
一応男女別に区切られておりました。

小さい浴槽マニアとか鄙び浴槽マニアがニヨニヨしてしまいますね(*´ω`*)

tamuraDSC07947
奥を見るとお分かりでしょうが、奥に大きな穴がございます。
この浴槽は元々一つにつながっており、隣の浴槽へと行き来ができます。

tamuraDSC07944
早速潜ってみたら、なんと!ここが湯口か!!
上からお湯がかけ流されておりますよ!!Σ(゚Д゚)
うまく撮影できませんでしたが、析出物でこんもりしているのがわかるかな?

湯温は浴槽内で36℃とかなり温めになっております。(湯口は40℃)
しかし真夏なのでかなり気持ち良い(´▽`*)
処々やの方のお話しによると、今日は低めらしいです。

tamuraDSC07938

赤茶色の細かい湯の花が散り、伊香保特有の赤茶色のお湯です。
舐めると鉄味がし、湯口からは鉄臭がいたしました♥
浴槽の縁はすでにまっかっかでございますよ。

こちらは食事をすると無料で入れます。
(お風呂だけだと確か500円くらい…要確認!)

元旅館の風情が残っていて、私はかなりお勧めです!
湯温が違う日があるのがわかったので、再訪したいなぁ♪

newichikoki at 23:30|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年03月14日

憧れの群馬に行ったよ!(伊香保温泉 処々や①)

2017年の夏、久々に群馬へ遠征いたしました!
(青森だと思った方残念!)
母がどうしても草津に行きたいとの事だったので、
念願と私の野望をかなえるべくぶらり温泉旅の始まりぃ!

tamuraDSC07918
渋川伊香保ICを下りてすぐに向かったのが、かの有名な「伊香保温泉」♥
数年ぶりですが、改めてこの名物階段を踏みしめる事にいたします。

tamuraS__12451846

tamuraS__12451847

共同浴場「石段の湯」付近にございましたあひる隊長神社(*´▽`*)
きゃわわ。

tamuraS__12451854

ずっと歩いていきますと、射的場や駄菓子屋さんがございます。
なんとも懐かしい光景でございます。

tamuraS__12451849

tamuraS__12451852

何よりも驚いたのが、この時々見えるシースルー温泉でしょうか。
伊香保温泉のお湯が勢いよく流れていくのが見えるんですよね。

tamuraS__12451858
そうして辿り着いたのが、こちら「処々や」さんでございます。
お団子などが売っているのですが、今日は平日なので店内での昼食のみの営業とか。

tamuraDSC07954

玄関はこんな感じでございます。
女将さんの案内で奥へと進みますよ。
今から昼食をとる訳ですが、ここから階段で三階へと向かいます。

tamuraS__12451859
とっても広い大広間♥
こちらは元々旅館を経営されていたとの事で、その後が所々に残されております。

tamuraS__12451865
例えば、この張り紙も旅館だった頃の時代のものだと思われます。
「かのうや」というお名前だったんですね。

tamuraS__12451862
扇風機もレトロである!!

tamuraS__12451861
窓から眺めた処。
石段が見渡せます。

tamuraDSC07935

こちらの名物のおうどんを食べました。
コシがあって美味しかったです♥
このあたりの名物「水沢うどん」と思いきや、完全オリジナルとの事です。

お腹を膨らませた後は…ここからが「処々や」の秘密があかされる!!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

恒例だよ!初夏の肘折温泉(肘折温泉 木村屋旅館編)

最後は旅館のお風呂にお邪魔いたしました。

tamuraimg_kimuraya-05
木村屋旅館さんでございます。
(すみません、画像はHPより引用させていただきました)
肘折温泉街の端っこの方にある、こじんまりとした旅館でございます。

tamuraDSC07905


tamuraDSC07904
肘折名物の雪だるまがモチーフかな。
女将さんにお伺いしたところOKとの事で、さっそくお風呂に入らせていただくことにいたしました。

tamuraDSC07916
どうやら貸切風呂もある模様。
(たぶん宿泊者専用かと思われます)

tamuraDSC07908

女性専用浴室でございます。
HPを拝見した所、男性浴室はもっと広めでしたよ。
台形の小さな浴槽でございます。しかしこれが落ち着くんですよね。

tamuraDSC07912

湯口は奥の方にございました。
鉄臭がし、舐めると薄く鉄味がいたします。やはり湯口が赤茶けておりますね~(*´▽`*)
これぞ「ザ☆肘折」といったお湯でございます
組合2、3、4号泉混合との事でした。
肘折のお湯全体に言える事ですが、汗が引かないお湯でございます!

tamuraDSC07914

お隣の貸切風呂も見せていただきました。
更に小さい浴槽で、2人入ったらいっぱいかな?といった感じです。
しかし小さき浴槽マニアでもある私はかなりそそられましたぞ。
宿泊して堪能してみたい♥

tamuraDSC07906

帰り際、玄関で見かけた猫グッズでございます。
女将さんに伺った所、猫は飼っていらっしゃらないそうですがグッズがお好きとの事。
招き猫が沢山で福多き旅館となりそう(*´▽`*)

当時の際はぜひとも利用させていただきたいなぁと思いました。




newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)