2017年02月10日

GW企画!青森を行く(新屋編)

【前回までのあらすじ】
北のお方の策略でBGE泉に連れていかれる所に救いの手が!

tamuraDSC03866
キタ――(゚∀゚)――!!

 伝説の日本一の公衆浴場、「新屋温泉」でございます!
毎年夏には訪問しておりましたが、春の訪問は久々じゃのう。

tamuraDSC02270

tamuraDSC02268

 大昔の画像しかないのでこれで許してつかぁさい(;´Д`)
まず現在は許可を取らなければ撮影できない訳ですが。 
写真ですと色が淡いのですが、この日はもっとエメラルドグリーンでした(*´▽`*)
お湯の状態も良かったし(朝なのが良かったのかも)
泡付も最高♥
トゥルントゥルンですよ♥

この日は38℃と温めでした。
いつもはもっと湯温があった気がしましたが…

アブラ臭もプンプンでございます。
(それでも数年前と比べると少ないらしいです…)

アブラ臭を堪能して、あのラーメン屋へ出発ですぞ!

newichikoki at 01:32|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2017年01月25日

GW企画!青森を行く(石川編)

チェックアウト後は各自、自主トレです(笑)

tamuraDSC03846
 
tamuraDSC03847


私は石川温泉をチョイス。
10年以上前に訪問したっきりな上に、当時メチャコミだったのでお湯がどんなんか忘れてしまったのです。
振り返り入浴ですじゃ!

tamuraDSC03850

支配人のおばあちゃんにお金を払います。
にしても、朝の微妙な時間帯とはいえ全然人がおりません。
なんか心配になりましたが、まずは浴室へ向かいます。
tamuraDSC03848

浴室は奥だよ~

tamuraDSC03849

 古い分析表です。
津軽地方ではよく見る事ができますよね。グッときちゃいます☆
これにアニオンとかカチオンとか古い用語を使っていると倍率ドンですな。

tamuraDSC03853
 誰もいないのでものすごく広く感じられた浴室です。
ほんとうに、あの時の喧噪はいったい何だったのだろう?と思うくらい静かなんです。

tamuraDSC03859
 お湯は薄く黄色っぽく透明感があります。
二層に分かれており、手前の広い方が40℃、奥が42.5 ℃ありました。
浴槽からは温泉臭がしますが、湯口は微鉄臭、舐めると微鉄味がいたします。
浴槽が黒っぽいのはそのせいなんでしょうか。
以前入った時に黒いお湯だと思ったのはそのせいだったんですね。
やっぱり記憶はあてにならないなあぁ~

tamuraDSC03856
 お湯はまろやかで入りやすいです。
しばらくの間、ボーっとしていました。
ああ…ザ!津軽の銭湯な感じのこの浴場が気に入りました。

tamuraDSC03863
カランだって温泉なんだぞう。

お風呂から上がり、待ち合わせ場所の温泉に行こうとしたらなんと休業の張り紙があったそうな。
(後日、正式に廃業したとの事です)
そこで関東のお方&北のお方と合流し、どこへ行こうか相談した所バリバリ塩素臭で有名な某場所へ連れていかれる羽目になりそうな所で救いの手が差し伸べられたのです…!(つづく)

 

newichikoki at 01:27|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2017年01月23日

おしらせ

このblogは「いちこ記」の続編でございます。
旧blogはコチラ↓

http://yaplog.jp/ichipon/ 

旧blogの方は記事だけ公開の形にしております。 書き込みはできません。
あくまでも参考までに…
頃合いを見て削除する予定ではあります。

私信:
プンタさん、Twitterにて拡散してくださってありがとうございます!
ぬまさん、操作ミスで海のしずくのコメント消してしまいました…ごめんなさい。
(メッセージはばっちり読みました!)

今後ともこのblogを宜しくお願いいたします
( `・∀・´)ノヨロシク

はよう操作に慣れねば… 




newichikoki at 01:43|PermalinkComments(0)雑記