2017年07月08日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(山内温泉編)

観光もいいけれど、温泉もね♥

tamuraDSC05084
函館市内の共同浴場に行ってみたい!てな事で
山内温泉「長生湯」に参りました!
路面電車が近くを走っており、これには大興奮ですぞ。
(実は人生で初めて路面電車見ました。ハズカシー!)

tamuraDSC05085

素敵なのれんです♥早速入ってみましょう!

tamuraDSC05107

入口は男女に分かれております。
これは昔ながらの銭湯でよく見られるタイプですね。

tamuraDSC05108

「女」(;´Д`)
「男」はなかったので、間違えて入らないようにするためになんとなく貼ったのでしょうね。
tamuraDSC05104

昔のドラマに出てきそうな、番頭さんがいる銭湯スタイルです。
手前のカゴも昔ながらのやつですね(´∀`*)
思わずニンマリしてしまいます!

tamuraDSC05088

tamuraDSC05089

下駄箱は最近飲み屋さんでもよく見られるタイプのやつです。
いいねいいね~~♥

tamuraDSC05090
お座敷状の休憩ルームもありましたぞ♥

tamuraDSC05099
そして、温泉!
この美しい浴槽の形、そして歴史を物語る色合い、ピュアな透明感のあるお湯!
もうね、これ見ただけで胸いっぱい大感激ですよ!!
このお湯に入りたかったんです!
tamuraDSC05102

このお湯は奥の方に源泉があり、そこから引き湯をしております。
引き湯たって本当に数メートルなんですが…
ちなみにカーテンで仕切ってある部分は男湯につながっております。

tamuraDSC05100

そしてこれが湯口!
なんとまぁダイナミック泉法!!(; ・`д・´)
お湯は広い方が深めで、44℃と熱め設定になっており、
狭い方は加水してあって42℃になっておりました。
噂によると、もっと熱いのがデフォらしいのですが、
私が入った時はたまたまなのかもしれません。
44℃の透明湯はじっとしてられないので、
このホースから出てくる源泉のお湯を堪能しながら42℃の方に入っておりました(笑)

潮っぽい香りがし、薄くしょっぱい味がしました。
そして少しスベスベ感がございます。
tamuraDSC05092
常連さんの温泉グッズ置き場がありましたよ♥
津軽の温泉銭湯と一緒ですね(´∀`*)

私らが入った時には住人の方もいらして色々お話ししてくださいました。
戦前からある銭湯なんですね。
ここのお湯を誇りにしておりました。
自分が住んでいる所に誇れるものがあるのってうらやましいなぁ。



newichikoki at 23:21|PermalinkComments(5)北海道の温泉 

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(西ききょう温泉編)

温泉もいいけれど、観光もね♥

tamuraIMG_3863

とにかく函館に来たらロープウェーな訳で、夜景が見れなくても乗ってみたい訳で…
夜は込み合って夜景どころじゃないと友達に事前にアドバイスされていたので、あえて昼に乗りました!
憧れの函館山のロープウェーに載りますぞ!

tamuraIMG_3864
乗車券はQRコードを読み取る方式なんですね。
ハイテク!
この時間帯は全然お客さんがいないうえに、日本人は我々のみでした(;´Д`)なんで?
tamuraIMG_3871
頂上側のロープウェイですじゃ!
これに乗車し、風景を堪能ですぞ♥

tamuraIMG_3870
函館の街が一望できます!

tamuraIMG_3872
そして…
キタ――(゚∀゚)――!!
この景色を見たかったんです!!
なんというくびれ!
でもこれって、でっかい北海道のごくごく一部分なんですよね…壮大だ…

tamuraIMG_3881
ラッキーな事に天気もそこそこ良かったので、いい画が撮れました!

tamuraIMG_3880
向こう側はもしや津軽半島かな?(よくわかってない)

頂上はレストランもあり、夜景を楽しみながらディナーもできるらしいです。
お土産コーナーも充実しており、北海道中の名物を取り揃えております。
念願のじゃがポックルもゲットし、職場の皆さまに感謝されたのでした。




newichikoki at 02:05|PermalinkComments(0)雑記 

2017年07月03日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(西ききょう温泉編)

あまりの興奮&運転に奇声を上げながら向かった先は(奇声あげるなよ…)
函館市内桔梗町にございます「西ききょう温泉健康グランド」でございます。

tamuraDSC05048
思いのほか駅から近かったです。
なんだかグッとくる建物ですね!

tamuraDSC05077

玄関でございます。改築したのかな?木造部分が新しいです。
館内は綺麗に管理されておりますよ。
お金を払い、浴室へ向かいます。

tamuraDSC05051
なんと!Σ(・ω・ノ)ノ!卵が売っておりますぞ!

tamuraDSC05049

卵の奥には休憩室が…なんだか会議室みたいです。
tamuraDSC05050

tamuraDSC05068


脱衣所はロッカーが沢山ありますよ。
しかも無料鍵付きでございます。
これは安心してゆっくり入浴できますね(*´▽`*)

tamuraDSC05066

浴室へいざ!
なんとドカンです!土管ではありませんか!!
tamuraDSC05058

内湯と露天がありますが、それぞれ3つの浴槽がございますよ。
まずは内湯。
入口手前から40℃、42℃、46℃とそれぞれ分かれております。
これは46℃の浴槽かな。

tamuraDSC05053
カランは蛇口のみでシャワーはなしです。
おそらくなんですが、カランのお湯も温泉な気がしますよ…!

お湯は鉄と硫黄臭がし、舐めると旨みがいたしました。
透明のお湯で少しピリッとしました。
tamuraDSC05060
そして露天!
端っこから28℃、42℃、46℃に分かれておりました。
やっぱりドカンです。

tamuraDSC05054

これは端っこの浴槽だったかも…(全部同じなので忘れている…)
温泉の成分によって、すっかり赤茶色になった洗い場でございます💛


tamuraDSC05061



tamuraDSC05063

お湯もこれでもかという位ガンガン投入しており、ドカンからあふれ出ておりますよ!
これにはニッコリ(*´▽`*)
真ん中の浴槽湯口ですが、このこんもりとした析出物Σ(・ω・ノ)ノ!
まるでハリネズミの様でかわいらしさすら覚えましたぞ!

私は温め浴槽の方がかなり気に入りまして熱い浴槽と言ったり来たりしてました♥
めっちゃ気持ち良いですもの♥

tamuraDSC05075

手書きの分析表が愛らしい(´∀`*)

脱衣所で地元の方とお話しさせていただきましたが元々入口は前述の場所ではなく、
脱衣所付近の方にあったんだそうです。なんでも軽トラックが突っ込んできて壁をぶち抜いたとか…
一体どんな状況じゃい!と思いつつも微笑ましく感じるのでした。

これが私の人生初の北海道の1湯となりました\(^o^)/


newichikoki at 00:26|PermalinkComments(6)北海道の温泉