2018年05月06日

10月にいきなり津軽ですよ!(百沢温泉 ㈱百沢温泉)

百沢温泉の本拠地(と勝手に私が思っている)㈱百沢温泉に参りましたよ!

tamuraDSC09024

このあたりではアソベの森の次くらいに大規模な旅館なんじゃないでしょうか。
でも宿泊を辞めてしまったんでしたっけ…(´・ω・`)
いつか泊まってみたいと思っていただけに残念です。

tamuraDSC09027
玄関もロビーも広ーい!!
親切な事に「ロビー」という看板まで下がっております。
休憩スペースもかなり広いのがうれしい所です(*´ω`*)

tamuraDSC09029
14年くらい前に来た事はあったのですが、すっかり忘れてしまいました。
それだけ超が付くくらいの久しぶりの訪問ですよ!

tamuraDSC09033
おおっ♥
いい感じの濃いめの笹濁りのお湯がかけ流されております。
周りの壁面もいい感じの色合いになっておりますよ♥
大きい方が43℃で、小さい方が41.5℃ございます。

tamuraDSC09044
そして名物「山口式湯口」!!
こんな風に湯口先が広がっているとお湯の温度がいい具合に下がるとかなんとか。
今やこの湯口を見るのはここだけじゃないでしょうか…
(昔は青森市内にいっぱいあったのかしら?)
舐めると甘味がし、鉄臭がプンプンでございます!
なんと、細かい泡付きも湯口付近で見られました。鮮度抜群なのでしょう。

tamuraDSC09035
もう一つ、浅めの謎浴槽がございます。
寝湯だと思うんですが…
こちらは割と温めでした。

tamuraDSC09036
ここもちゃんとかけ流しになっているんですねぇ。
湯量が豊富なんでしょうね。。

tamuraDSC09039
奥にはちょっと怖い♥うたせ湯もございます。
あまり使われている様子ではなかったですが、私はあえて行きましたぞ!

tamuraDSC09040

手動式なので、使う時はハンドルをひねってジョボジョボ出します。
ちょっと効果はあるかな?
やっぱりこちらも温泉を利用しておりました。

tamuraDSC09045

今回、改めて入らせていただきましたが、やっぱりこちらは百沢の中で一番だと思います!
パワーが計り知れないですもん…!
営業は縮小しているっぽいですが、日帰り入浴は何とか続けてほしいものです。

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年05月05日

葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(八幡平の麓)

岩手側の八幡平から必ず行くのですが、アスーピーテライン入口(元みどりの湯)付近の紅葉がとっても綺麗なのです。

tamuraDSC08578

tamuraDSC08579

この年は紅葉が例年より一週間くらい早かったようです。
かなり進んでいてビックリΣ(・ω・ノ)ノ!しましたよ。
毎年こんなに綺麗ではないですもん。

tamuraDSC08580
そしてみどりの湯の後に何か建設をしておりました。
地熱発電所を作るんですって。
みどりの湯再建か!?とちょっと期待した私でした( ;∀;)

tamuraDSC08581
このエリアの広場に毎年オープンしている産直売り場です。
ここではキノコ汁やちょっとした軽食なんかも販売しているんですね~

tamuraDSC08582
我々は早速なにか汁を飲むことにいたしました!
私はきのこ汁をチョイス!

tamuraDSC08583

名前も知らないいろんなキノコが入っております。
結構ぎっしり入っているので食べ応えがございますよ。
お昼前なので、ちょっとしたおやつかな!

少しお腹が満たされ、山頂へと進んでいきますよ。



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)食物 

2018年05月04日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(八幡平温泉 森の湯)

紅葉の季節になり、10月に八幡平を紅葉がてら温泉巡りする事にしました。
すっかり恒例になっているね!

tamuraDSC08543
初めての訪問となります、「八幡平温泉 森の湯」でございます。
こちらはすっかりノーマークでございまして、お湯が良いという噂を聞きつけ参上いたしました次第でございます。

tamuraDSC08545
なんと、ナツいポストがございますよ!
どうやら現役で使われている様子…。

tamuraDSC08548


tamuraDSC08547
日帰り施設なんですが、かなり広く立派な施設です。
もしかしたら食堂があったかもしれません(ちゃんと確認してこなかった…)
休憩室も広いしゆっくり休めそうです。

tamuraDSC08549
早速お風呂にはいろうかな♪

tamuraDSC08553
浴槽もかなり広いです!
硫黄臭がいたしますぞ♥
お湯は透明ですが、細かめの白い湯の花がございます。

tamuraDSC08552
石湯口!硫化水素が発生するので、なるべく離れて入浴してくださいとの事でした。
その張り紙すら黄色く変色しておりますよ。

tamuraDSC08559
湯口のアップ!
白い析出物が溜まっておりますね♥
お湯を舐めてみましたが味は感じられませんでした。
tamuraDSC08555

tamuraDSC08554
奥は寝湯コーナーでございます。
頭を置くところと、すべり止めが設置されているのが微笑ましいです。
43℃程度でしたが寝湯でマッタリ(*´ω`)しても問題ないくらい柔らかいお湯でしたよ。

tamuraDSC08560
露天も2つございます。
下の方は40℃と温めになっております。

tamuraDSC08561
湯口はどうやら上の浴槽から持ってきているようです。
ポイポイ湯か?

tamuraDSC08562
その上の浴槽へいってみますよ。

tamuraDSC08563
のぼりつめるとこんな感じです。

tamuraDSC08564
小さ目の浴槽でございます。
温度は41℃程度でやはり内湯よりは温めになっておりますよ。

tamuraDSC08565
湯口は思いの他こじんまりとしておりました。

tamuraDSC08567
囲いから外を覗くと…キャー!
割と見えるような(;´∀`)
まぁ、ジャンプしないかぎり体全体は見えないので大丈夫でしょう。
だから下の方にも浴槽があるのかな。

こちらの施設はなかなか良かったです!
そして結構温まるお湯で、上がった後も体がポカポカしました(*´▽`*)

さて、いよいよ八幡平へ向かいますか!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)岩手県の温泉