2017年11月12日

紅葉のついでに温泉だよ!(大深温泉編)

お次は再びアスピーテラインに戻り、秋田側へ向かいます。
丁度、ふけの湯の向かいにそれはございました。

tamuraDSC05942

大深温泉でございますよ( *´艸`)
こちらも一年ぶりだなぁ!
tamuraDSC05944

受付事務所の入口には湧き水が飲める場所があるよ!

tamuraDSC05946
事務所内にある受付でお金を払い、湯小屋へ向かいます。
それにしても、この辺りの紅葉は本当に見事です!

tamuraDSC05947

湯小屋へ行く途中に小さな橋から見た紅葉。
まだまだこれからだね。

tamuraDSC05963

湯小屋内の脱衣所です。
なんとラッキーな事にどなたもいらっしゃいませんでした!

tamuraDSC05950

浴室!!一年ぶり(´▽`*)
この落ち着いた空間がとっても大好きなんです。
うっすら白く濁っております。

tamuraDSC05953

湯口!Σ(・ω・ノ)ノ!
ゲキアツのお湯が滾々とかけ流されております。
そばにある蛇口は埋めるための湧き水です。
この日は44℃と熱めでした。
舐めると薄く鉄っぽい味がします。

長い時間、だれも入っていなかったらしく、湯の花は底に沈殿しておりました。
もちろん、私がかき回しましたが!!

tamuraDSC05964

なぜかこの時天井を撮影してました(笑)
この風景を眺めながらの湯浴みは天国じゃ!

tamuraDSC05966

tamuraDSC05967


湯上り後はちょっと周りを散策。
奥はオンドル小屋です。紅葉に囲まれたミニ地獄がとっても素敵です。
ここで2~3日湯治してみたいですが、床暖が慣れない私には夢の話かな…(´・ω・`)
(御所掛温泉で体験済)

tamuraDSC05969


tamuraDSC05970

湯小屋の後ろのすごい湯だまりです。
近づくだけでもものすごい熱気を感じるので触るのは(; ・`д・´)
向かいのふけの湯といい、このあたりの地熱は本当にすごいと思いますよ!



newichikoki at 02:09|PermalinkComments(0)秋田県の温泉 

紅葉のついでに温泉だよ!(藤七温泉編)

2016年10月に紅葉見物(という名の湯めぐり)に参りましたよ!
毎年恒例行事になりつつある、八幡平の温泉を巡りますぞ。

tamuraDSC05927

反射がきつくて白飛びしちゃってるかも…( ;∀;)すみません。
まずは松尾八幡平側(アスピーテライン)からのぼり、樹海ラインへと経由して
藤七温泉「彩雲荘」にまいりました!
やっぱりここに立ち寄らなきゃですよね。

tamuraDSC05928
たぶん、一年振りの訪問です!
張り切りつつ浴室へと向かいますぞ!

tamuraDSC05929

4年くらい前から内湯の位置が変わり、野天風呂(混浴)の行き来は楽になったぞ!
どちらにせよ、混浴なので内湯のみ入ります。

tamuraDSC05930

入口に到着!
古い分析表が掲げられておりますね。
オブジェ達も健在です!
早速浴室へ!!
tamuraIMG_0894

内湯画像取れなかったので、2年前に宿泊した時のでごめんなさい。
この時は新築ほやほやですが、いい感じに木造部分に使用感が出てきました。
このくらいの時期の木造浴室大好き(*´▽`*)

tamuraDSC05933

45℃のアッツアツのお湯です( *´艸`)
ちょっと酸っぱい細かい泥状の湯の花舞う硫黄泉は健在でした!
そしてこのドバドバ(ドナドナじゃないよ)湯口についニンマリ。

tamuraDSC05934

野天風呂は女性専用もございますので、一旦服を着て向かいます。
メッチャ白っ!
常にボッコボコ底から湧いていますからねぇ。

tamuraDSC05937

水面はこんな感じでメッコメコでした!
天然ジャグジーを堪能させていただきましたよ♥

結構温めなんですが、お湯が噴出しているであろう場所はもっとあるはず…。
油断すると、おしりがアチチなんですもん。
気を付けて落ち着く場所を探し、ゆっくり湯浴みしました。

この日は天気に恵まれたので、本当に良かったです。
2017年も行きましたが、天候はいまいちなうえに謎の虫が発生して
野天には入れなかったのでした( ;∀;)来年こそは!





newichikoki at 01:47|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

2017年11月11日

快気祝いの温泉巡り!夢の湯編

一人最後に向かったのは永岡温泉「夢の湯」でございます。

tamuraDSC05908

それにしても、このあたりは本当に温泉天国ですね!
実際、この辺に住んでしまったらどこに入るか迷ってしまいますね。

tamuraDSC05925
そしてアテルイ様が!
このあたりの温泉施設には必ずいらっしゃいますぞ。

tamuraDSC05924

めっちゃ広いロビーでございます。
ちなみにここから浴室までがえらい遠かったりします。
(しかも入り組んでいるので、初めて来たときは迷いました)


tamuraDSC05923

食堂を経由して、浴室へ!

tamuraDSC05910

そして浴室!
ラッキーな事にどなたもいらっしゃいませんでした。
ビバ!午前中!!
そしてカーテンの奥は…

tamuraDSC05912
なんと巨大湯口!!
ドボドボ豪快にかけ流されております!!
お湯が跳ねるからカーテンをしたのでしょうか。

tamuraDSC05913
どうしても気になる事があって、こちらに再訪した訳で。
実は以前あった泡付きが全くなくなったと聞いたので現地調査に参ったのです!
たしかに泡付きがなくなっている!
そして気のせいか色も以前より薄くなっております。
(以前はもっと綺麗なグリーンでしたのよ)
臭いは金気アブラ臭がプンプンでしたが、やっぱり控えめになっておりますね。

tamuraDSC05915

もう一つの小さな謎浴槽です。
実はここが一番落ち着きます(笑)

tamuraDSC05916
湯口!
以前はこの浴槽が一番アワアワだったのですが…残念(´・ω・`)
震災の影響とかあったんでしょうかね。
とはいえ、泉質的にはレベル高い事には変わりございません。
タップリ堪能させていただきました!
※ちなみに2016年9月のレポなので、現在はお湯の状態が変わっているかもしれません。

tamuraDSC05918

tamuraDSC05921

こちらは旅館ですので、客室があったりする訳なのですが
なぜか部屋の名前は「おとうさん」「おかあさん」等になっております。
どうしてこうなったかは謎でございます。
世の中にはりんごの名前の旅館もございますからね。。。

たっぷり2泊3日の湯めぐりを堪能いたしました!
再訪で色々発見できる事もあったし、いい岩手湯めぐり旅でしたぞ♥
皆様、大変お世話になりました(*´▽`*)

newichikoki at 02:46|PermalinkComments(0)岩手県の温泉