2018年02月07日

恒例だよ!GW青森紀行♥(ラーメン編その②)

そうなるとお腹もまた空く訳で(どんだけ食うんだ)

本日の津軽中華第2段は弘前市内「山忠」さんに参りました。
ちなみに読み方は今まで「さんちゅう」だと思っていましたが、
「やまちゅう」が正解らしいです。

tamuraDSC07299

中華そば以外にチャーハンセットもございますよ。
あたいは2食目なので遠慮して中華そばだけにいたしました。

tamuraDSC07301
地産地消ですね(*´ω`*)
大事大事!
tamuraDSC07303

着丼ですじゃ!
こちらはスープに少し甘味がございましたよ。
麺撮がなかったですが、中太のちぢれ麺でございます。
やはり食べやすい味に仕上がっており、スルスル入ってしまいました!
2食目だというのにね!

tamuraDSC07302

チャーハンセットでございます。
スープがつきますよ。
チャーハンにも心惹かれるものがありましたが
食べ過ぎですやんって事で諦めました…(;´∀`)

それにしても、津軽中華にも色々ございますねぇ。
私が食したのはまだほんの一部なので、まだ知らない味もどこかにあるんでしょうねぇ。


newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)ラーメン 

2018年02月06日

恒例だよ!GW青森紀行♥(桜ヶ丘温泉編)

tamuraDSC07285

tamuraDSC07286

弘前市内の住宅街へと参りました。
季節柄、桜が満開の時期で幸せ(*´▽`*)

tamuraDSC07287

何が恐ろしいって、青森県は住宅地内にも普通に温泉があるんですもんね。
そんな訳で、桜ヶ丘温泉に参りました!
同じ名前の住宅地は仙台にもありますが、温泉なんてないよ!

tamuraDSC07295

こちらは日帰り温泉で、地元の方がよくいらっしゃるようです。
小さめな建物ですが、休憩所、自販、アイス売り場すべて取り揃えておりますよ♥

tamuraDSC07289

おおっ♥
夢のような硫黄泉♥♥
住宅地のど真ん中に硫黄泉が湧いているなんで誰が信じるでしょうか?
でもこれが現実なんです!

硫黄の香りもプンプン♥

tamuraDSC07294
色はうす白濁りで、お湯はこうしてみると湯口は透明かな?
舐めると少ししょっぱいです。

tamuraDSC07292
隣にはうたせ湯&サウナがあるよ♥
うたせ湯もちゃんと源泉を利用しております。
ここで肩と腰を温めるのもいいですがやっぱり浴槽の方へ向かっちゃいます。

思い切り臭いをお湯を堪能させていただきました(*´▽`*)

tamuraDSC07296
駐車場にございました、「桜ヶ丘温泉」ロゴ入り軽トラです。
旅館用のハイエースとかは見た事ありますが、軽トラは初めてみました(;´∀`)
温泉以外にも商売をされているんでしょうか??

うおー!またここに再訪したいです!
ご近所さんがうらやましい!




newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年02月05日

恒例だよ!GW青森紀行♥(ラーメン編その①)

お昼はやっぱり津軽中華♥

tamuraDSC07284
Hさんを先頭に県外ナンバー達が向かった先はその名も「にぼし」
看板も堂々と「煮干し中華」

しかし、事前に情報がないと店名が全く分かりませんですわ…(;´・ω・)

tamuraDSC07271
店内にも中華そばの看板だぜ!

tamuraDSC07270

券売機ですぞ。
麺がストレートとか縮れとか色々選べるみたいです。
というか、初めてこのシステム見ました(笑)

tamuraDSC07280

あたいは普通にストレートの中華よ♥
あっさりしたでも、香ばしい味がいたします。
tamuraDSC07275

おっと、忘れ物!
なんとこちらは麩は後から自分で入れるセル麩システムなのです。
これも初めて体験いたしました(;´∀`)

tamuraDSC07283
麩をインして完成!!

tamuraDSC07282

麺は白っぽい中太麺です。
以外にニボニボしていないのも特徴です。
やさしい口触りがとても良かったです(*´▽`*)

にしても、このレベルのお店がゴロゴロ存在している津軽地方が恐ろしいですぞ!
(うらやましい)





newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉