2017年01月25日

GW企画!青森を行く(石川編)

チェックアウト後は各自、自主トレです(笑)

tamuraDSC03846
 
tamuraDSC03847


私は石川温泉をチョイス。
10年以上前に訪問したっきりな上に、当時メチャコミだったのでお湯がどんなんか忘れてしまったのです。
振り返り入浴ですじゃ!

tamuraDSC03850

支配人のおばあちゃんにお金を払います。
にしても、朝の微妙な時間帯とはいえ全然人がおりません。
なんか心配になりましたが、まずは浴室へ向かいます。
tamuraDSC03848

浴室は奥だよ~

tamuraDSC03849

 古い分析表です。
津軽地方ではよく見る事ができますよね。グッときちゃいます☆
これにアニオンとかカチオンとか古い用語を使っていると倍率ドンですな。

tamuraDSC03853
 誰もいないのでものすごく広く感じられた浴室です。
ほんとうに、あの時の喧噪はいったい何だったのだろう?と思うくらい静かなんです。

tamuraDSC03859
 お湯は薄く黄色っぽく透明感があります。
二層に分かれており、手前の広い方が40℃、奥が42.5 ℃ありました。
浴槽からは温泉臭がしますが、湯口は微鉄臭、舐めると微鉄味がいたします。
浴槽が黒っぽいのはそのせいなんでしょうか。
以前入った時に黒いお湯だと思ったのはそのせいだったんですね。
やっぱり記憶はあてにならないなあぁ~

tamuraDSC03856
 お湯はまろやかで入りやすいです。
しばらくの間、ボーっとしていました。
ああ…ザ!津軽の銭湯な感じのこの浴場が気に入りました。

tamuraDSC03863
カランだって温泉なんだぞう。

お風呂から上がり、待ち合わせ場所の温泉に行こうとしたらなんと休業の張り紙があったそうな。
(後日、正式に廃業したとの事です)
そこで関東のお方&北のお方と合流し、どこへ行こうか相談した所バリバリ塩素臭で有名な某場所へ連れていかれる羽目になりそうな所で救いの手が差し伸べられたのです…!(つづく)

 

newichikoki at 01:27|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2017年01月23日

おしらせ

このblogは「いちこ記」の続編でございます。
旧blogはコチラ↓

http://yaplog.jp/ichipon/ 

旧blogの方は記事だけ公開の形にしております。 書き込みはできません。
あくまでも参考までに…
頃合いを見て削除する予定ではあります。

私信:
プンタさん、Twitterにて拡散してくださってありがとうございます!
ぬまさん、操作ミスで海のしずくのコメント消してしまいました…ごめんなさい。
(メッセージはばっちり読みました!)

今後ともこのblogを宜しくお願いいたします
( `・∀・´)ノヨロシク

はよう操作に慣れねば… 




newichikoki at 01:43|PermalinkComments(0)雑記 

GW企画!青森を行く(あすなろ編)

とうとう、本日の宿泊地に到着です。

tamuraDSC03835
 みんな大好き!
掛落林温泉「あすなろ温泉」ですよ(*´ω`*) 

宿泊は、おそらく10年ぶりくらいかと思われます。
久しぶりすぎて宿泊棟を間違えたりしましたが、
(部屋風呂のない旅館棟へ入って行っちゃったのよね。みんなで…orz)
DさんRさんと無事合流し事なきを得ましたぞ。
 
tamuraDSC03834

 そうそう、こんな入口だったわね。

tamuraDSC03840
 こちらには日帰り用の大浴場+露天と旅館用のお風呂と部屋付きの家族風呂がございます。
今回は3部屋をお借りして部屋風呂を堪能する事となりましたよ。
(ちなみにこのイベントに興奮しすぎて全然写真がなかったりします。ごめんなさい。)

tamuraDSC03818
 
早めに旅館へチェックインしたDさんRさんはすでにお風呂を堪能しておりましたΣ(・ω・ノ)ノ!
早速部屋風呂チェック!
まずはこちらは「紅月」のお部屋のお風呂。大理石かな?

tamuraDSC03819
 そして、この横にある装置は…(; ・`д・´)
そう、これがHさんお手製の冷却装置なのです!

tamuraDSC03821

 こんな感じに湯口の蛇口にパイプを取り付け、
クーラーバックの中にある冷却装置で冷やしたのち湯船にお湯を投入する仕組みです。
こうすると、源泉を加水しないまま適温でお湯を堪能できるのです。
すなわち、源泉まんまのプンプンアブラ臭を存分に堪能できるという訳なのです!
夢みたいな装置ですよね(*´▽`*)♥♥

tamuraDSC03829
 こちらは「王林」の部屋風呂。
広めなのです。

装置は二つございまして、上記の2部屋に設置し
お酒を飲みつつお湯を堪能いたしました(*´▽`*)(*´▽`*)
(しかし、この風呂の脱衣所のガラスは薄すぎるぞ!)

tamuraDSC03827

「北斗」の部屋風呂。こちらは装置なしで堪能いたしました。
ガチ熱い風呂に入るならこちらよ♥
tamuraDSC03825

 にしても、加水したお湯と加水なしのお湯では全然違いますね!
臭いはもちろん、お湯触りまでも…!
加水なしですと、お湯が異様にツルンツルンなんです(笑)
これには関東のあのお方も大満足です!

こんなにまでも高スペックなお湯を堪能できたのもHさんのお蔭です。
本当に有難うございます!
tamuraDSC03843
「北斗」のお部屋よ↑♥
今回はこの部屋風呂に満足してしまい、大浴場や宿泊用の浴室にいかなかったのです。
たまにはこんな湯浴みもいいものです(*´ω`*)



newichikoki at 01:37|PermalinkComments(2)青森県の温泉