2018年05月08日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(蒸の湯温泉)

お次は珍しく目の前の温泉をハシゴしてしまいました。
「蒸の湯」に立ち寄る事となりましたよ。
目の前の紅葉が素敵すぎたからでしょうね!(シャレオツな理由)

tamuraDSC08666
予想はしていたのですが、お客さんが結構多いかな?

tamuraDSC08653
早速入浴料を払い、浴室へとまっしぐら。
ふけの湯内には金精様を奉っている小さな神社がございます。
若いご夫婦がお参りしているのをしばしば見かけます。

tamuraDSC08637
なんとラッキーな事にだれもいません!
(たぶん偶然入れ違いになっただけかと)
お蔭さまでいいアングルをいただきましたよ。

tamuraDSC08645
なんか逆光で白飛びしてますね…申し訳ないです( ;∀;)
42℃くらいの丁度良いお湯でございます。
こちらは大深と違って泥系の湯の花で濁ると薄灰色になります。
舐めると少し酸っぱいです。

tamuraDSC08642


tamuraDSC08643

この浴室のすごい所はこの窓でしょうか。
露天に出なくても、周りの風景が見渡せるというスペシャルな構造になっております!
ちなみにこちらはカランはこのお湯のみになりますよ。
シャワーなど一切なし!タライがあれば十分!

tamuraDSC08633
露天にももちろん参ります!
私たち、運が良かったのかもしれません。やっぱり誰もいらっしゃいません。

tamuraDSC08634

露天から眺める紅葉はやっぱり格別!
そして向かい側には混浴露天が丸見えです。(この時は誰もいませんでしたが)
まぁ、目のいい人しか分からないだろうし女はタオルで隠すだろうし…
混浴にチャレンジされる方が気を付けた方がいいかと思われます(。-`ω-)

tamuraDSC08650
こちらもいい感じに濁っておりましたよ。
それにしても、すぐ近くの大深温泉とこんなにも泉質が違うなんで本当にふしぎ!

tamuraDSC08664
お次は野天風呂に参りました。
(といっても、男女別の方ですよ)
男性浴室の方がかなり広いという事が後に判明して悔しい思いをいたしました(笑)

tamuraDSC08657
お湯をさっそくいただきましょう♥
そうはいってもこのサイズ感、私はとっても好きでございます(∩´∀`)∩
内湯と同じ泉質ですが、ここはロケーションを楽しむための浴槽かなぁと思います。

tamuraDSC08662
湯だまりがこの樋の奥の方にございまして、男性浴槽も同じところから引いているみたいです。
しかしものすごい湯気の吹き出しっぷりだなぁ。

天候にも恵まれ、紅葉に囲まれ思い切り野天を満喫させていただきました♥



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)秋田県の温泉 

2018年05月07日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(大深温泉)

秋田側へと車を進めていきます。

tamuraDSC08612
ちょうど蒸の湯付近は紅葉真っ盛りです!
写真じゃ伝わらないですが、かなり綺麗な紅葉でしたよ( *´艸`)

tamuraDSC08613
お次は「大深温泉」に参ります!
あと1週間もしたら冬季閉鎖になってしまうこの温泉に今年も同じタイミングで参りましたぞ。



tamuraDSC08615
入浴料を先ほどの事務所で払い、湯小屋へと歩いていきます。
その間にも周りの紅葉を楽しんだりしちゃいます。
このあたりは毎年綺麗なんですよね。

tamuraDSC08618
湯小屋でございます。

tamuraDSC08627
真裏には源泉を溜める枡が置いてあります。
かなり熱いのでさわっちゃだめなやつですが、近づくだけで熱気を感じ取れます。
まさに地熱、大地のエネルギーですねぇ。

tamuraDSC05950
※今年は混んでいたので、去年の画像をば…
加水されていたため、少し薄かったですが白い湯の花がかなり沈殿しておりました!
それでも湯口付近はかなりゲキアツで45℃はございましたよ。
そりゃうめちゃいますよね…
湯口をいじって調整したかったですが、他の方もいらっしゃる手前遠慮しました(;´∀`)
でも40℃もなかったぞー(´・ω・`)

tamuraDSC08622
上がった後は毎回オンドル小屋の裏手に回って紅葉を観察します。
広葉樹林がまとまっているせいか、かなり綺麗なんですよね♥

tamuraDSC08617
赤・黄・緑のバランスがまた良いんです(´ω`)

tamuraDSC08619
オンドル小屋前の湯だまりです。
ミニ地獄谷と化しておりますよ。
あのオンドルから眺めるこの湯だまりはどんな風に見えるんでしょうね?
そんな事を考えながら大深温泉を後にいたしました。

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)秋田県の温泉 

2018年05月06日

紅葉をめぐる温泉の旅だよ!2017年度版(藤七温泉 彩雲荘)

tamuraDSC08586

八幡平頂上付近のロッジで名物のカレーうどんを食し
早速温泉巡り再開です♥

tamuraDSC08587
樹海ラインを走ってすぐの場所にございます
藤七温泉「彩雲荘」に参りました!すっかり恒例でございます。

tamuraDSC08588
この日は平日&紅葉まっさかりとあってか、付近はかなり人が多かったです。
ここを拠点に登山される方も多いですもんね。

tamuraDSC08591
そんな訳で、さっそく温泉に入りますぞ。
女湯は日帰り内湯もこちらの方にまとまってしまったんですよね。
名物だった日の出が見られる露天風呂は宿泊者のみになります。

tamuraDSC08594

脱衣所には雨用の笠が置いてありました。
う~ん、これを裸でかぶるシチュエーションとか…
変態っぽいですよね(;´Д`)

tamuraDSC08595

tamuraDSC08600
そして内湯ですよ!
(好きなお湯は違う角度から何枚でも撮ってしまうという…)
綺麗に白濁しており、42℃の丁度良いお湯がザコザッコかけ流されております。
何といっても、この浴室の雰囲気がたまらないですよね( *´艸`)

tamuraDSC08596

鉄っぽい硫黄の味がするお湯でございます。
もちろん、鮮度抜群!
長い事、ここで体を温めておりました。

tamuraDSC08602
さ~てお次は露天な訳ですが、浴室から移動しても良かったのですが
やっぱり混浴露天を通過する事を考えるとね…
そんな訳で服を着て女性専用露天へ向かいました。

tamuraDSC08604

今年も元気いっぱいの露天風呂です(*´▽`*)

tamuraDSC08607
だがしかし、よく見ると水面に蚊の死骸が無数に浮いているではありませんか…
心が砕けてしまい、入浴は諦める事に(。-`ω-)

一つだけ空いていた混浴露天浴槽に足だけつっこんでお茶を濁すあたいでした。

こちらの混浴はすごいですね!
女性はもちろん、外人さんも浸かっていましたもんΣ(゚Д゚)
数年前ってこうでしたっけ?
私も入浴用タオルがあれば挑みたいレベルの混浴でしたよ。
敷居が低くて初心者にもおすすめかな。
(女性専用浴槽があるので、無理して入らなくても良いのですが)



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)岩手県の温泉