2017年11月27日

秋だし、温泉に入るよ!(いつもの事やん!②)

大石田町を抜け、お次は村山市の土生田という地域へ参りましたぞ。
(そうはいっても車で数分程度の距離ですが!)

tamuraDSC06187
湯舟沢温泉でございます。
たぶん、施設名も「湯舟沢温泉」だと思います。

tamuraDSC06188
この辺りの名所が描いてある看板です。
土生田というエリアはかなり古い歴史があるようですね。

tamuraDSC06189
入口付近にあった立札。
湯船沢温泉について説明書きがあります。江戸時代からあったんですね。
ところで「湯舟沢」なのか「湯舟澤」なのか、どっちなんだろう…

tamuraDSC06217

門をくぐると、素敵な東屋付き庭園が!
樹木を木で覆っているのはおそらく雪から守るためなのでしょう。
そういう季節になったのね…と思いながらお邪魔いたします。

tamuraDSC06215

ロビーで旅館の方に入浴を受け付けていただき、浴室へと進みます。
ちなみにここでお蕎麦を召し上がる事も可能らしいのですが
何時までやっているのか分からなかったです。
食べてみたいなぁ~
tamuraDSC06195

ちなみに浴室は玄関のすぐ右横にございますよ!

tamuraDSC06198
そして浴室ですよ♥
以前は真っ青なタイル湯舟に謎の壺を持った像からお湯が出ていた気がしたのですが…
改築したのかな?
すっかりシックな現代風デザインになっておりますよΣ(・ω・ノ)ノ!
お湯は透明かと思いきや、少し白みがかっておりますよ。

tamuraDSC06201
壺を持った像はどこに行ったのだろう…と思いながらお湯に浸かります。
なんというツルツッル!!
これにはツル田ハゲます会も驚きでしょう!(意味不明)

tamuraDSC06203

こちらはもともと20℃位しかない冷鉱泉で41℃位に沸かして利用しております。
先ほどの湯口は循環したお湯で、こちらの蛇口からは加熱源泉&冷鉱泉が出てきます。
ここで調整しているんですね。
これは以前にはなかったと思います。

よくよく考えたら…
これってほぼ100%源泉のお風呂じゃないですか!

tamuraDSC06205

冷鉱泉はなんと硫黄臭がし、指先がニュルニュルになりました!
これをしばらく楽しんでおりました(笑)
舐めるとやっぱり硫黄っぽい味がしますよ。

しばらく冷鉱泉を堪能しておりました(*´▽`*)

tamuraDSC06213

恐ろしいことに、カランも源泉使用している様です。
湯量が豊富という事でしょうか。余すことなく利用できるなんて羨ましすぎです!

tamuraDSC06209

この蛇口の登場により、こちらの評価が★一つ分増えました!
(元々評価とかつけてないですが)
また近くに来たら立ち寄っちゃいそう…( *´艸`)




newichikoki at 01:35|PermalinkComments(2)山形県の温泉 

2017年11月26日

秋だし、温泉に入るよ!(いつもの事やん!①)

で、冷え切った体を温める為にですね、温泉に入る訳ですよ。

tamuraDSC06161
物凄い近場にある、大石田温泉「あったまりらんど深堀」にまいりました!
お蕎麦もあり、団子屋もあり、温泉もありで本当に大石田町がうらやましいです!

tamuraDSC06162
入口に近づくと…
なんと!これが本当の猫バス!!
これは絶対に入らねば!入るべきでしょ!!

DSC06239

こちらは何度かお邪魔しております、猫バスっていつできたの?
まずは館内へ入りますといろんな町内のお土産が売っております。
その中に入浴券受付なる場所を見つけ、浴室へと向かいますよ。

tamuraDSC06173
早速浴室!
奥の方が熱い浴槽で、手前はぬるい浴槽+ジャグジー+寝湯になっております。
薄い紅茶色をしており、スベスベします。
奥の熱湯は42℃で、ぬる湯は41℃ございました。
塩素投入されておりますが、それでも臭素臭的香りが感知できました。
tamuraDSC06175
あがり湯。
かぶり湯とも言うのか…
tamuraDSC06176

かぶり湯の湯口なんですが、えらいじゃんじゃん投入されております(笑)

tamuraDSC06169

やはりこちらのメインは露天でしょ!
かけ流しなので、鮮度が違います!
だって、こちらのが泡付きがあってスベスベしますもん。
臭いもバツグンですね。

tamuraDSC06166

温度も42℃くらいでした。
この時期はこれくらいが最適かな。
天気もいい事だし、ゆっくり温泉に浸かり…おっと!先ほどの猫バスはいずこ?

tamuraDSC06163
猫じゃなーい(´;ω;`)
どゆ事?
tamuraDSC06164

贅沢言っている場合じゃないので入ります。
この陶器風呂、最高です!!41℃といいぬるさ!!
泡付き加減も内湯とだんぜん違います!そして陶器なので余計スベスベします!

tamuraDSC06172

陶器のフチには大石田焼 次年子窯と記載されております。
大石田町では陶器もやっているのでしょうか!Σ(・ω・ノ)ノ!
(あってもおかしくない。そんな雰囲気)
この湯船は特注品なのですね。

そういえば、猫バスはいったいどこ…(´・ω・`)とつぶやいた所
近くにいらした地元の方いわく
「男湯の方にしかないのよ」との事…
色々調べたところ、浴室は日ごとに入れ替え制になっているみたいですね!
となると、猫バスに会えるのもそう遠くないのかも(∩´∀`)∩

こちらの湯は本当に温まります。
さすがお蕎麦の町!冷やす所もあれば温める所も兼ね備えているとは!



newichikoki at 02:25|PermalinkComments(3)山形県の温泉 

秋だし、新そばを食べるよ!

11月になり、新そばの時期だねぇぇぇえぇええという事で
大石田町に参りました。
そう、名づけで蕎麦で冷えた体を温泉で温める作戦です!
(やっぱり温泉が絡んでくるのね)

tamuraIMG_5925
で、やってきましたのが「若佐」でございます。
すっかり新そばはここ!みたいな位置づけになりました。
tamuraIMG_5922
大石田のお蕎麦屋さんの中では新しい方だと思います。
館内は民家を改装したような、シックな佇まいとなっております。
手前の金ぴか招きキャットがキュート♥

tamuraIMG_5914

tamuraIMG_5915
こちらはお蕎麦を頼むと、必ずオードブル?が付いてきます。
卵焼きが絶妙な味わいなのでオススメです!
そして山形名物の漬物もちゃんと出ますよ!

tamuraIMG_5917

バーン!
合い盛り登場!!
お店の方に頼むと太麺&細麺の合い盛りにしてくださいます。
これが好きでいつも若佐さんにお邪魔しています。
tamuraIMG_5918
太い方♥ゴッツゴツで噛み応えあり!


tamuraIMG_5919
細い方♥細めながらコシがしっかりしている!

この二つが同時に楽しめるのはすごく嬉しいですね(*´▽`*)
ペロリと平らげましたぞ。

tamuraIMG_5928

そしてあんなに食べたのにまた食べるのですか!
大石田町で有名な千本だんごもいただきましたぞ♥
個人的にくるみあんがオススメかな( *´艸`)




newichikoki at 02:05|PermalinkComments(0)おそば