2018年01月18日

ようやく春だよ!岩手南部湯めぐり(東和温泉)

3月なのにまだまだ寒い北東北。
寒いけれど熱い温泉闘志を持つ猛者達が某日、集まりましたぞ!
(おおげさ)

tamuraDSC06970

待ち合わせ場所は東和温泉「花と緑とやすらぎの湯 東和温泉」でございます。
(本当にそういう名前なんです…)

このあたりにまず行くことがなかなかない私は初めてだったります。

tamuraDSC06972
日帰り施設付きのホテルな訳ですが、
さすが!設備が整っております。
休憩場所や、売店など一通りそろっておりますよ!

tamuraDSC06974

tamuraDSC06973


なんぞこれ!
実は健康の為に設けられた足つぼ廊下でございます。
おそらく手作りなのでしょう。
試しに歩いてみましたが、私は3歩でギブでした⊂⌒~⊃。Д。)⊃
(どんだけ不健康だっちゅーねん)

tamuraDSC06976
足つぼ廊下を避け(ダサッ)
ようやく入口に辿り着きました。
めっさ広い建物ですね。

onsen_tansansen

※HPから拝借いたしました。
奥がかけ流しのお湯となっております。
お湯は無色透明だったと記憶していますが、
このお写真を拝見する限りでは少し色が付いているのかな?
味はなく、臭いは感じなかったです。
ちなみに温泉浴槽しか入ってないです(笑)

onsen_rotenp

私は入れなかったのですが、露天もあったのね。
実は冬季(11月~4月)は閉鎖されているとの事。
分析表には源泉温度25.2℃と記載がございましたので加熱利用しているんですね。
そら寒い時期の露天は無理ですがな(´・ω・`)お湯が冷めやすくなっちゃう。

tamuraDSC06979
有難い事に、お水のサービスがございました!
お風呂上りが脱水しますからね…温泉ならなおさら。
思いっきりゴキュゴキュ飲み干しました(笑)

こちらは要再訪案件ですねφ(. .)メモメモ
露天に入ってみたい!!

色々ありまして、我々は東和町から花巻市中心部へ向かうのでした。

newichikoki at 23:29|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

2018年01月17日

湯めぐらんすin福島!(高湯温泉 高湯温泉のんびり館)

最後は駆け足で高湯温泉へ💦

tamuraDSC06952

同じのんびり温泉㈱が経営しております「高湯温泉 のんびり館」に参りました。
途中道路が事故で封鎖されて慌てて高速道路使ったり色々ありましたが、
なんとか無事辿り着きましたぞ。

tamuraDSC06953
こちらは過去2回ほど訪れておりますよ。
館内の絨毯がめっちゃ豪華なのが印象的でした。
早速お風呂をお借りいたします。

tamuraDSC06954
こちらのオススメはやっぱり露天風呂でしょ!!
雪をかき分けながら、湯小屋へ参りますぞ。
(本当に、高湯は雪深いですね(;'∀'))

tamuraDSC06955
いい感じに青乳白色をしております💛
濁り湯だけに、足場がわかりづらいので要注意!
(手前と奥とでは深さが違うのですよ)
張り紙してあっても大抵私は
罠にはまるけれどね!

硫黄臭ばっちり!濃いめのお湯でございますよ(*´▽`*)

tamuraDSC06959
お次は内湯へ参ります。
時間が押してますので、あまり長いこと入れなかったのが残念(;'∀')

tamuraDSC06964

三角形の大きな浴槽です。
やはりここも青みがかった乳白色(*´▽`*)
湯加減も丁度良かったです。(体感42℃くらいかな?)

tamuraDSC06961
私は高湯温泉が大好きなんですが、その秘密がガッツリ硫黄だけれど
どこかまろやかな湯触りでしょうか。
硫黄泉といっても色々あるんですよね。
湯の花も多いめな気がしますよ。

tamuraDSC06963

湯口にコッテリついていたので、思わず指で掬ってしまいました。
これには湯の花マニアもニンマリでございます( *´艸`)

高湯はまたいつかどこかの旅館に宿泊したいなぁ。
あの浴感は堪らないですもん。

これにて湯めぐらんすin福島は終わりでございます。
皆様、大変おせわになりました!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(3)福島県の温泉 

2018年01月16日

湯めぐらんすin福島!(沼尻温泉 沼尻温泉のんびり館)

中ノ沢温泉街からさらに奥の方へ向かいます。
中ノ沢温泉の源泉となる沼尻温泉があったりする訳なんですが
なんと、昨日宿泊した「のんびり温泉」の系列の旅館があったりするんですね。

その名も「沼尻温泉のんびり館」

tamuraDSC06930

外見の画像は撮影するの忘れたっぽいです(;´・ω・)
代わりにフグでも…

tamuraDSC06949
ロビーでございますよ。
もしかしたらソフトクリームも売っていたのかもしれませn。
ちなみになぜフグの水槽があったかと申しますと、
こちらの旅館ではトラフグ料理が振る舞われるらしいです。
たぶん、のんびり温泉で養殖していたフグだろうね(∩´∀`)∩

tamuraDSC06932
浴室が2つありましたので、まずは一つめにお邪魔いたします。
先ほどの中ノ沢温泉より濃いーめなお湯がかけ流されておりますよ(*´▽`*)

tamuraDSC06937

壁面はタイル…かと思ったのですが、こういう小さ目の板を瓦の様に重ねたものでした。
なんか珍しいね!

tamuraDSC06935

奥まった所に湯口がありました。
やっぱり酸っぱいです。
そして浴室自体が狭いせいか、やはり硫黄臭がガッチリ香りますぜ♥
湯温は42℃と適温でございます。

tamuraDSC06941

もう一つの浴室でございます。
先ほどの浴室よりはるかに広めの造りになっておりますよ。

tamuraDSC06939

何でだか、こちらの方が熱めでした(;´∀`)?
普通、小さい浴槽の方が熱かったりするんですけれどねー

tamuraDSC06946

お水のサービスというとってもありがたい心遣い✨
熱めのお湯なので喉が渇くんです。
ありがたく頂戴いたしました。

不思議な造りの温泉でしたが、以前は別の名前だったのでしょうか。
新しく建てたという雰囲気ではなさそうでしたので…。

にしても、久々の沼尻温泉はガツンときました(;´∀`)
こちらもそのうち再訪したいなぁ。

newichikoki at 01:39|PermalinkComments(2)