2017年06月13日

初夏ど真ん中の湯めぐり(南玉川温泉 はなやの森編)

その後あっちゃこっちゃ冒険したりしまして
南玉川温泉「はなやの森」に到着いたしました!

tamuraDSC04648

実に数年ぶりの訪問となりましたよ。

tamuraDSC04682

マット撮影!
あのお方と同じ事してみました(笑)
バラのマットとはゴージャスです✨

tamuraDSC04689

女性向けな高級感ある旅館でして、それでいてお湯は本格的なんです。
以前、ツアーの団体さんと出くわした事があるので、一般的にも人気があるのだと思います。

tamuraDSC04658

お風呂!
綺麗なオレンジ色ですよ~(´▽`*)
壁や浴槽が木造なので気分的に落ち着いていいですね。



tamuraDSC04660

お湯はこんな色していますが舐めると鉄味は感じず旨しょっぱい味がします。
一応、分析表的には鉄も含まれているのでこの色は伊達ではないのですが…不思議。
40度と適温でノンビリできるのがいいです!
tamuraDSC04675

湯の花も沈殿しているので、底に手を付いたらこの通り!

tamuraDSC04666

この調子で露天にも行ってみますか~\(^o^)/
おおっ相変わらず綺麗なオレンジでございますよ!

tamuraDSC04664

手前にもこんな浴槽がありますが、現在は使われていない様子。
tamuraDSC04678

内湯は木造、露天は岩風呂なのがバランスいいですね(*‘∀‘)
こちらも温め設定になっておりました。
気持ち鮮度は内湯の方が良かったかな?開放感があって好きなのですが。

tamuraDSC04659

洗面器で掬ってみると意外に真っ赤ではありません!(; ・`д・´)
時間をかけて酸化して色が変わるんでしょうね。
浴槽のお湯はほぼ不透明でしたもん。


tamuraDSC04650

tamuraDSC04652

ロビーにあった飲泉所的なもの。
残念ながらこの時は使われている様子はなかったです。斬新だと思うのですが!

それにしても、玉川と名前が付くのに本家とは全く異なる泉質につくづく驚きです。
さて、いよいよ有名どころへと向かいますよ~!


newichikoki at 01:42|PermalinkComments(2)秋田県の温泉 

初夏ど真ん中の湯めぐり(旧レークイン大沼編)

2016年6月の頭に某湯めぐらんす(某になっていない)に参加させていただきました。
ちなみにこの日のスタートは藤七温泉でその次は蒸の湯だったのですが

2つとも画像データが
吹っ飛んじゃったんですよ( ノД`)

なんてこったい。

そんな訳で三番目のお湯からスタート(悲)

tamuraDSC04609


八幡平頂上付近を過ぎて秋田方面へと車で走っていくと
数年前に閉鎖したはずの「レークイン大沼」が営業しているではありませんか!
現在は八幡平大沼「茶屋湖」という名前に変わったようです。

そんな訳で早速立ち寄ってみる事になりましたよ!

tamuraDSC04612


建物が少し改装され、表にいた熊のジュンはいなくなっておりました。
完全に別の方が経営されているのでしょうか。
食堂と旅館経営は以前のままでございます。
そういえば、レジ(ここで料金を支払うの)の位置が変わっておりました。

tamuraDSC04614

お風呂は二階ですぞ。
二階にあがったらこんなところに張り紙が(*‘∀‘)

tamuraDSC04633


廊下にはこんなアートが。
やっぱり雰囲気が少し変わりましたね。
tamuraDSC04617

浴室は以前と同じかと思われます。
若干の白濁透明湯がオーバーフローしまくりです♥
ちなみに以前混浴だった露天は使用不能(2016年6月現在)になっており
入口が閉鎖されておりました。今は入れるのかな?

tamuraDSC04619


嬉しさのあまり、逆からも撮影してるし…(;´∀`)ミーハーやん

tamuraDSC04624

お湯に早速浸かってみますよ。
若干ですが、湯口からアブラ臭を感じます。42℃と適温でございます。
ちなみに湯口は2つあり、全然お湯が出てきません。

tamuraDSC04629

…と思ったら出てきたりします。
(; ・`д・´)一体どういう事なんだ!!

tamuraDSC04625


ちなみにもう一つの湯口はこんな感じです
一つじゃ補えない事情があるんでしょうか。

tamuraDSC04620

そして洗い場の湯だまり部分はすっかり赤茶けております!
ごく普通の透明湯かと思っていましたが鉄分も含まれているのかな?
tamuraDSC04628


お湯の中にはこんな湯の花も結構沈んでおりましたよ。
やっぱり赤茶色をしているんですよね。
でかいのなんの!(;´Д`)

tamuraDSC04622

そしておそらくメーカーがお揃い湯温計同志♥で記念撮影(´▽`*)

すっかり諦めていたのですが(失礼ながら、マイナーですし…)
まさかの復活は嬉しいですよ!!
これからも地道に頑張って欲しいです。




newichikoki at 00:38|PermalinkComments(0)秋田県の温泉 

2017年06月06日

初夏にほど近い温泉巡り(矢びつ編)

最後の〆湯はこちら、矢びつ温泉「瑞泉閣」でございます。
矢びつの“びつ”は大変難しい感じだった気がしたのですが
(大昔のじゃらんに載ってた)
公式もひらがななのでこのままにしておきますよ!

tamuraDSC04494

周りは田んぼだらけだぞ!
めっちゃいい季節です(´▽`*)
tamuraDSC04498

このあたりではかなり立派な旅館といいますかホテルでございます。
日帰り入浴も快く受け入れてくださいました。
やはりこの近辺にお住まいの方も結構いらっしゃるんでしょうかね?

tamuraDSC04497

ラーメン付き日帰りプラン!?(; ・`д・´)!!
いえいえ、一瞬勘違いしましたが旅館内にラーメン屋さんがあるんですね。
レストランじゃなくて麺処というのがまたここの旅館ならわなんでしょうね。
(そういえば、ロビーでもチラシが置いてあったり熱くラーメンを勧めてましたw)

tamuraDSC04499

tamuraDSC04514

もうここは広い広い!
浴室までの道のりがものすごく長かったです(;´∀`)
ここをずっと歩いていきましたw

tamuraDSC04500

や…やっと入口まで辿り着いた!
霊験の湯なんて素敵な名前じゃないですか!

tamuraDSC04506

内湯、かなり広い!(; ・`д・´)
お昼時のせいか、だれもいませんでしたよ。
基本的にこの近辺は無色透明のお湯が多いのでしょうか。
こちらにも早速入ってみますよ!
tamuraDSC04508
面白湯口ですじゃ。
一応かけ流しらしいです。
舐めましたが味は感じなかったです。若干の消毒臭がしたものの気になりません。
(もしかしたらカランのせいなのかもしれない)

tamuraDSC04503

tamuraDSC04504


露天でございます。
格好いい岩風呂ですよ!そして見晴らしがとても良いのです(*‘∀‘)

tamuraDSC04510

そういえば、ここで赤茶色っぽい細かい湯の花ゲット!
無色透明だと思いましたが、何かしらの成分が含まれているのでしょうか。
何だか不思議なお湯でございました。



newichikoki at 01:55|PermalinkComments(0)岩手県の温泉