2017年04月25日

初夏にほど近い温泉巡り(文字温泉編)

駒の湯を後にし、お次は今まで(私の中で)謎とされていた例の温泉へ行ってみました!

tamuraDSC04183
 栗原市の旧花山村付近にあります文字温泉「門寿屋」でございます。
入口に「善の湯」と書いてありますが、これがいわゆる通り名なのかな?
(浪岡駅前温泉の「熱の湯」的な)

tamuraDSC04185
 こちらは事前にHさんがアポを取ってくださったので、ご主人も快く入れてくださいました。
ちなみにお風呂&宿泊棟はこっちになります。

tamuraDSC04190

この宿泊棟はかなり綺麗に手入れされております。
広間もこんなに見晴らしが良くて明るい陽射しが差してます(´▽`*)

tamuraDSC04195

 早速浴室へ…!
男女別の浴室×1浴槽でございます。
お湯は冷鉱泉なので、加熱利用しております。

tamuraDSC04193
 
 家のお風呂か!(; ・`д・´)的加熱循環方式です(笑)
源泉を浴槽に投入、普通のお風呂のように沸かしているようです。

tamuraDSC04201
こちらは湯口…ではなく加熱用の蛇口です。

ちなみに温度は 40℃もなかったです!
なので、こちらでも温めのお湯を堪能させていただきましたよ( *´艸`)
鉄っぽい?香りがいたしましたよ。

tamuraDSC04199
桶で掬ってみました。
ちょっと茶色っぽい色かな?浴槽のお湯は笹濁りだけれど…
蛇口からのお湯(源泉)は透明なので、加熱したりすると変色するんでしょうね。 
tamuraDSC04192
 男湯の方も見させていただきました。
こちらのがやや広めかな?

ちなみにこちらは青森ヒバを浴槽に使用しているのだとか!
先ほどの女湯は檜らしいです。
とても手の込んでいらっしゃる浴室なのですよね。

 
tamuraDSC04210

お風呂から上がった後、ご主人からコーヒーをごちそうになりました✨
美味しくいただきましたよ(*‘∀‘)
色んなお話しを伺いましたが、あまり積極的には旅館経営はされていないご様子です。
それくらいが丁度よいのかもしれません。

tamuraDSC04188
☆おまけ☆
 源泉穴その1です。
奥の方に源泉がたんまり入っているのが見えるかな?
香りとかは感じなかったかなぁ。

tamuraDSC04189
 
こちらはその2
湯量が豊富なのがわかります。

tamuraDSC04187
 
 こちらの庭園に池があったのですが、やはりただの池の水ではないのでしょう。
ご主人曰く、ここの鯉は60年以上生きていらっしゃるとか!!(; ・`д・´)
うへー私より長生きしていらっしゃるのね!
(私の年齢は気にしないで以下略)
 


newichikoki at 02:00|PermalinkComments(2)宮城県の温泉 

2017年04月24日

初夏にほど近い温泉巡り(駒の湯編)

世の中はfacebookやらtwitterやらSNSが主流だってのに
前BLOGを閉鎖してまた新BLOG始めちゃうあたり時代に遅れている私ですが
色々気にしない!
(単純に新しいツールを覚えるのが苦手なだけ)

tamuraDSC04177
 今回は宮城岩手秋田県境のいわゆる栗駒山地帯の湯めぐりですよ。
駒の湯付近で待ち合わせしてうっかり早く到着して車内でグースカ寝ていましたよ。
そこでみなさんが続々到着して起こされまして朝一番のお湯をもらいに
「駒の湯温泉」さんへ向かいました。

tamuraDSC04178
 足湯でございます。
tamuraDSC04179


新鮮なお湯がドバドバです♥
ここと、男女別の浴室にもお湯がドバドバなのですから、
この源泉の湯量は計り知れません!(; ・`д・´)

tamuraDSC04180
この看板は2006年の震災前から旅館で浸かっていらっしゃった看板なのだそうです。
よくご無事でいらしたなぁと思います。


tamuraDSC04150
 今はこうして日帰り入浴もできる!
なんて幸せ!早速はいりますよ!

tamuraDSC04154
 お久しぶり♥な浴室でございます!
源泉がドバドバ♥
薄くブルーがかった、透明感のあるお湯です。

tamuraDSC04164
そして窓から見える新緑!
この日は天気も良かったし、新緑が綺麗な時期ってなもんで最高のロケーションでした。

tamuraDSC04157
 硫黄臭が充満したこの浴室で、温め(約37℃)のドバドバかけ流しのお湯を
じっくり堪能していました

tamuraDSC04162
でかい湯の花GET!
こんな感じの綿の様な白い湯の花がお湯の中にフワフワ散っております。
 
tamuraDSC04166

 洗い場の排水はこんな感じになっておりまして、直接小屋の外へ排水できるようになっております。
この構造、岩手の滝峡荘を思い出すなぁ。
 
tamuraDSC04167
 カランは温泉と水道水が両方出る仕組みになっております。
大事に使おう!

11年前(訪問当時は10年前ですが)の災害からよくここまで復興されたのかと思うと本当に感慨深いです。
これからも頑張って欲しい温泉です!
今年もお邪魔いたします!(∩´∀`)∩ 


newichikoki at 01:44|PermalinkComments(2)宮城県の温泉 

2017年04月02日

春なので、セレブリティに…(山の神温泉編)

tamuraDSC04132
ラスト湯は花巻だし…という事で台温泉「精華の湯」に行ってみました。
もしかしたら8年ぶりくらいじゃないかしら?
セレブ湯めぐりにふさわしい締めくくりとなりますわ。
(今にして思いますが、何をもってセレブと言ってるの。この人達)

tamuraDSC04133
 台温泉の中で唯一の日帰り専用施設であります。
当然、人気もある訳でしてお客さんも多い訳で…

tamuraDSC04134
 でも番台さんがいないってどういう事(;´Д`)
そんな訳でこの箱に入浴券を入れて入館いたしますよ。

tamuraDSC04135
 建物は六角形になっておりまして、当然ながら廊下は外郭通りカクカクしております。
そして女風呂の入口な訳ですがあらためて「おんな」って書かれるとなにかシュールなものを感じますね。

tamuraDSC04138
 激湯気っていたのでこれが限界なのであります。
夕方なので、若干のなまりがあるもののキリっとしたお湯でございます。
硫黄臭プンプンですし、白い湯の花も健在ですよ(*´ω`*)
tamuraDSC04136
 
ゲキアツ湯口でございます!
舐めると旨みを感じますよ。

久々に立ち寄ったお湯でしたが、やっぱり台温泉のお湯はいいですね♥
このあたりの旅館はいつ休業してもおかしくない状況なので、近いうちに再訪したい所です。
(昔訪問した所も廃業しちゃったしね…(´Д⊂ヽ)

セレブなのかよくわからないけれど大満足な湯めぐりでした!
(当初の目的が何なのかすでに分からなくなっている件) 


newichikoki at 02:34|PermalinkComments(0)岩手県の温泉