2017年08月29日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その②)

そうなると、どうしてもここに入ってみたくなるよね!

tamuraDSC05278

同じ濁川温泉「新栄館」でございます!
新栄館といえば、あの有名な混浴の浴室ですよね!
tamuraDSC05279

早速館内へ入り、呼び鈴を押します!
幸いに電話する事なく、旅館の方がいらっしゃいました。

駄菓子菓子




旅館の方(;´∀`)<混浴は男性の方が数名入っていらして





…(ノД`)・゜・。
いや、どうせこうなるとは思っていましたが!
ダメもとダメもと!

こればかりはどうしようもないので、女性が入れるという専用浴室をお借りいたしました。
なかなか見る事ができないよ!きっと!(負け惜しみ)

tamuraDSC05280
↑せめてものと思い、廊下は撮らせていただきました。

tamuraDSC05306
そんな訳で浴室へと向かった訳ですが、なんとこちら側は建物が新しい様子です!
入口は鄙びた昔ながらの建物だったのに!?
元々昔からあった建物に、増設したみたいです。
(宿泊もこちら側の建物になるらしいです)

tamuraDSC05308

一応、ロビーらしき場所もありましたが、お会計はあちら!
(先ほどの玄関です。)
“湯銭”って言い方が好きですわ(´∀`*)ウフフ

tamuraDSC05309
とうちゃこ!
この階段を上がった所に入口がございます。

tamuraDSC05310

明るめな浴室です。
そしてやや笹濁り色をしたお湯が張られております。
新館のお風呂といえども、成分でしっかり洗い場や浴槽が茶色く着色されておりますよ。

tamuraDSC05314

で、早速入ろうとした訳なんですが…
ゲキアツでじょ!(ノД`)・゜・。
50℃近くありました(笑)
さすがにこれでは蛋白凝固を起こしかねないので、水で埋めますよ!
ああ…アブラ臭が…
(それでも結構な臭いですよ( *´艸`))

tamuraDSC05313

湯口は下のパイプから出ております。
(上の蛇口は水です)これがなかなか温度下がらないんだぁ。
だから46℃くらいで頑張って入ったよ!
でもすぐ上がってしまったよ!

しばらくすると、他のお客さんが何人かいらっしゃいました。
旦那さんは例の混浴に入っているので、こちらにいらしたそうです。
やはりあそこはハードル高いですもんね。(ググってみよう!)
そこでオススメの他の濁川温泉の情報を交換し、さっそく3湯目へと向かう事になりましたよ。
(先ほどの天湯をお勧めしたのでした。)




newichikoki at 00:25|PermalinkComments(0)北海道の温泉 

2017年08月22日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その①)

さらに北上し、茅部郡森町まで来ましたよ。
これが精一杯の北上です。
(長万部まで行きたい所ですが時間がないんですもん)

tamuraDSC05281
そうなるとやはり濁川温泉!
そして前々から行ってみたかった「天湯」でございます!

tamuraDSC05304

看板にこう書いてあるとなんだか嬉しいな。
tamuraDSC05303

快く日帰り入浴を受け付けてくださいました(´▽`*)
とても広い、清潔感のある旅館です。
早速浴室へと案内してくださいました。

tamuraDSC05283

レッドカーペットならぬピンクカーペット!
そしてその先には浴室入口ワクワク( *´艸`)

tamuraDSC05289

これが見たかったのです!!!
プンタさんの記事にて拝見してから憧れておりました(*´Д`)
浴室に香るアブラ臭&この美しい浴槽の形ときたら!
tamuraDSC05292

当然別アングルからも撮りたくなりますよね!!
お湯は笹濁り色をしており、アブラ臭プンプンでございます。
浴槽は2層に分かれておりますが、どちらも42℃程度の温度でした。
この濃さにはこの温度が最適!

tamuraDSC05294

湯口じゃい!
舐めるとまずしょっぱい味が入っていき、その後鉄の味わいがあります(笑)
濃いお湯は味も複雑なんです…そして浴感半端ないです!

tamuraDSC05298

床もこのようにまだらに染め上げられております。
(よく見ると、タイルだったのが分かるかな?)
赤茶色ですが、ちょっと光沢がかっています。
これだけのお湯ですから、何もならない訳ないですよね(*´ω`*)

tamuraDSC05286

tamuraDSC05287
筆書きにて温泉の説明。
ナトリュムという表記がいいですね。(どう発音するんだろう)
そして園芸用にこの排水を利用しているとはΣ(・ω・ノ)ノ!
かなり地球にやさしいリサイクルっぷりでございます!

tamuraDSC05299
外には元露天風呂が…。
入ってみたかったなぁ。
tamuraDSC05301

上がりたてはかなり体が温まりました。
この時期はつらい所ですが(笑)香しい臭いの前に私は汗ダラダラでもえびす顔になるのでした。
そんな人の為でしょうか、お水が準備されておりました。
これはとても有難いです!

旅館の方に感謝しつつ、天湯を後にしました。
濁川は3つほど回りましたが、こちらが一番お湯が良かったです!






newichikoki at 01:39|PermalinkComments(0)北海道の温泉 

2017年08月17日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(亀の湯編)

もはや函館ちゃうやんけ!てなレベルですが(笑)

さて、温泉の町鹿部に来たらもうこれは入らない訳にはいかないでしょ的流れでやってきましたよ!
共同浴場「亀の湯」です!
tamuraDSC05277

tamuraDSC05250

ちなみに一般宅とつながっております。
入口でセンサーが反応し、奥から管理人がやってくるシステムになっている模様です。

tamuraDSC05276
入口付近には古びた看板が。
これはもう胸キュンじゃないですか!!!

tamuraDSC05251

館内は綺麗ですが、建物の造り自体は昔懐かしの共同浴場ですよ。
今となっては全国でもなかなかこういった造りの共同浴場は少ないのでは?

tamuraDSC05253

そして張り紙…丁寧に出口と入口を書いているのがいいですね!

tamuraDSC05255

tamuraDSC05254


そして浴室ですよ!
洗い場がかなり広いですが、浴槽もかなり大き目なんです!
床はすっかり赤く染まっている模様。

tamuraDSC05256

tamuraDSC05262


湯口はここなんですが…
しかしごっつごつだなぁ!
先ほどの道の駅で入った足湯とお湯のイメージがだいぶ違います。

お湯はややにごりのある透明なお湯で、湯温は41℃
舐めると少ししょっぱい味がします。
そして、何よりもビニールっぽいアブラ臭がうっすらするのです!!Σ(・ω・ノ)ノ!


tamuraDSC05258

tamuraDSC05271

油膜といいますか、こまか~い湯の花が膜になって表面に少し浮いてるのがみえるかな?
これが蓄積してあのごっつごつの析出物を形成するのでしょうか…
そうなるとこのお湯は見た目以上に濃いお湯だというのがわかりますね!
こんなお湯、初めて!!

tamuraDSC05269

底のタイルもレトロで素敵♥
年季の入ったこの浴室がとてもいとおしいですよ(´∀`*)ウフフ

tamuraDSC05267

窓から見た風景。
あそこが源泉湧出口なのかな?
すぐそばにあるなんて、とっても贅沢な(*´Д`)

こちらはほんとにオススメです!
他の鹿部温泉を引いている旅館にも行ってみたかったのですが、
時間の都合上カット…(´・ω・`)
この地域はまた再訪したいなぁ。




newichikoki at 02:00|PermalinkComments(0)北海道の温泉