2018年02月27日

恒例だよ!GW青森紀行♥(水明温泉 日帰り施設編)

tamuraDSC07627


せっかくなので、日帰りに使われている大浴場にも行ってみました。

tamuraDSC07628
ほんとこれね!
いや、賛否両論なんですがやっぱり男の子はちゃんと男性浴室に入れた方が
教育上いいと思うんですよ。
以前某共同浴場で体格が大人な子供(察して)が女湯にお母さん連れで入ってきたときは、
周囲が対応に困ってましたもん(;´∀`)

tamuraDSC07664
※オープン前の朝一番の撮影したやつ
日帰り終了時刻ぎりぎりに入ったので誰もいなかったです!ラッキー♪
浴槽は左が44℃、右が42℃と温度別になっております。

tamuraDSC07665
何が驚きかって、湯口から泡がシュワシュワしていましたもん。
田舎館村老人福祉センターを彷彿させる湯口ですね(;・∀・)
こちらは熱め浴槽の湯口でございます。

tamuraDSC07666
温めの方の湯口。
やっぱりぬるいと泡があまり出ない模様。

tamuraDSC07667
露天もあるんですよ♥
こうしてみると、湯船は普通なので内湯との差が分からないですね…

tamuraDSC07669
パイプの調子が内湯と違うのかも分からないですが、泡付はこちらが絶好調!!
泡が出すぎて白くなってしまいましたよ(*´▽`*)
こちらは43℃ありました。やっぱり熱めなのね。

tamuraDSC07673
見上げるとこんな感じでものすごい開放感を感じます。
しかも目の前にひろがる自然でマイナスイオンもバッチリ吸収♥ですぞ♥
ここは外気も入るので気持ちよく湯浴みできました。
夜と朝と2回入りましたよ。

tamuraDSC07649
そうそう、家族風呂もございました。
部屋風呂に入った私にはもはや不要なのですが、一応見学。

tamuraDSC07648
小ぶりですが、お湯は絶好調!!
ガンガンかけ流されておりましたよ。
部屋風呂なしの方は入れるんじゃないかなぁ(未確認)
こちらは蛇口から直接投入されておりました。

素泊まりにも関わらず、旅館の方の対応が丁寧でした。
ここはオススメですじゃ!
(個人的には大きい部屋風呂の方にいつか泊まりたい)



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年02月26日

恒例だよ!GW青森紀行♥(水明温泉 宿泊編)

本日のお宿はなんと…
東北町にございます「水明温泉」でございます。

tamuraDSC07678


tamuraDSC07679

町の外れの方にひっそりとございますその温泉は日帰り以外にも
旅館も経営されているのですね。
チェックイン直後は日帰り客でごった返しておりました。

tamuraDSC07680
ロビーはこんな感じでございます。
宿泊用の部屋は色々あるみたいですが、私はここからすぐ近くのビジホ風のお部屋に案内されました。

tamuraDSC07613
部屋の中ですぞ。
かなり広めでございます。
本来は2人泊まれる部屋のようですが、それでも余るくらい広いです。

tamuraDSC07616

テレビが壁に設置してあるよ!
ここでお酒を飲みつつダラダラニュースを見ていました。
…ん?テレビの隣にある扉はいったい?

tamuraDSC07615
なんと部屋風呂(温泉)付きなんですよ♥
チェックイン直後から蛇口からザンザコかけ流されておりました(*´▽`*)

ちょっと黄色みがかっており、表面には細かい泡が浮いております。
湯温は42~43℃くらいございまして、ちょっと入るとすぐ体が温まります。
長湯はしづらいかな?浴室内に熱気がこもるし。

tamuraDSC07623

早速入浴した訳ですが、物凄い泡付きに驚きました!!
泡付き温泉の多い東北町ですが、これを部屋風呂にて独り占めできるなんてかなりの贅沢です!!
お風呂に入ったり上がったりダラダラ湯浴みしましたよ♥

tamuraDSC07619

広さはガチ家風呂なので、2人が限界です。
自宅の風呂に似ていて本当に旅館のお風呂なのかな?
家の風呂の蛇口から温泉が出ている??そんな不思議な気持ちになりました。

ちなみに他にも2つ風呂付のお部屋があり、
そちらは広めで窓から外が眺められるようになっているらしいです。
料金もその分お高めになりますがね。。

tamuraDSC07659

tamuraDSC07660
水回りも綺麗で快適でした♪
洗面所には温泉もでる蛇口付だぞ☆(ゝω・)v
ここの湯量はいったいどのくらいあるんだろう…
計り知れない可能性を持った水明温泉でございます!!

ベッドもふかふかで快適に過ごさせていただきました(*´ω`*)



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)青森県の温泉 

2018年02月25日

恒例だよ!GW青森紀行♥(夕ご飯編)

湯めぐりも終わり、夕ご飯を食べる事になりましたよ。
(今回は素泊まりなのですよ)

tamuraIMG_8754
三沢市の中心部にございます「赤のれん」でございます。
こちらはかの有名な「十和田バラ焼き」の発祥のお店との事で
Hさんに連れて行ってくださいました。

tamuraIMG_8755
お肉♪お肉♪お肉たっべよー!

tamuraIMG_8756
材料はもちろん玉ねぎ&牛肉♥
これをドカッと鉄板の上にのせてじゃんじゃん焼きますよ。

tamuraIMG_8757
そしてごはんにのせて食べるのです!!
こちらの特徴は特製のタレに肉を付けて食べるようです。
これはうまい!!

周りは多くの地元客で満席。
かなりにぎやかな食堂でした(*´▽`*)

Hさん、おいしいお店をありがとうございました!!

ここでHさんとも解散となります。
本当にお世話になりました♪
さぁ、お宿に戻りますよ!








newichikoki at 01:45|PermalinkComments(0)食物