2017年09月19日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(北海道で昼めし編)

そろそろレンタカーを返しにいかねばなりませんが
その前にお昼ご飯!

tamuraIMG_3904

Hさんからオススメをいただいておりました
函館市桔梗町にある「和弦」さんでいただくことにいたしましたよ。

tamuraIMG_3902

お昼を過ぎておりましたので、お客さんは少なめ。
(しかしお店を出るときにお客さんが増えました!)

tamuraIMG_3900

Hさんのオススメ塩ラーメンです。
函館に来たなら塩ラー食べねばですね!\(^o^)/

tamuraIMG_3901
麺は細めで、スープはしっかりした塩風味です。
チャーシューと味が合ってました。
(たまに、チャーシューの味が濃くてスープに合わない事とかってありませんか?)
私は普通の塩ラーでしたが、こちらはトラピストバターラーメンなるものが人気らしいです。
あと味噌味も!
他のメニューも気になる所ですが、しょっちゅう行けないのが悲しい所(´・ω・`)

そんな訳で、無事ノートちゃんをレンタカーに返し(二日間有難う!ノートちゃん!)
新幹線に乗り込んで、北海道に分かれを告げたのでした。

本当にいい思い出ばかりの函館でした(´∀`*)ウフフ
絶対に再訪しますわ!

おまけ画像その①
tamuraIMG_3906
異様なまでに熱い大谷選手プッシュ!

おまけ画像その②

tamuraIMG_3905
「新函館北斗駅」だから北斗の拳らしいっす。
個人的にラオウと黒王号の銅像も欲しかったです!



newichikoki at 00:39|PermalinkComments(0)ラーメン 

2017年09月11日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(湯の川再び)

そして舞台は再び函館市内へ。
温泉街から離れた場所に湯の川温泉「漁火館」がございます。
ちょい遠回りしましたが、前日にロストしてしまったので、再チャレンジです。

tamuraDSC05379

旅行雑誌にも掲載される旅館なので、お客さんもちらほら。

tamuraDSC05380

旅館の真正面は海岸でございます。
運が良ければ津軽海峡がみえちゃうかな!?

tamuraDSC05377

玄関!木造のやさしい風合いが素敵です。
ちなみに玄関周りから下駄箱まですべて木造なのですが、自作なんでしょうか?
(HPで確認したら、けやき、ひのきが全館に使われているとか。贅沢ですね~♥)

tamuraDSC05374
早速浴室へ向かいます。
廊下の壁にも木が飾ってありますね。
tamuraDSC05354

浴室入口です。
何か壁紙が…とよく見たら、函館市内の観光地の写真がいっぱい張られているんですね!

tamuraDSC05355
浴室です。
おそらく男性も左右対称で同じなのだと思います。
そういえば、湯の川って透明なお湯なんじゃ…(´・ω・`)?
と思っていたら、赤茶色系のお湯を引いている旅館もあるみたいですね!
こりゃ課題ができましたぞ。
でもまずは目の前の赤茶色のお湯をですね!

tamuraDSC05360

何だろう?とよく見たら、分析表でした。
おしながきみたい。

tamuraDSC05361
ごっつごつの湯口♥
土っぽい鉄臭がし、舐めると薄くしょっぱいです。
濃い…濃いお湯ですよ!Σ(・ω・ノ)ノ!
湯温は42.5℃でしたが、数字より熱く感じられるのは気のせいでしょうか…

tamuraDSC05371

で、私のお目当ては露天風呂です!
この時雲がかかってきたので、青空露天とはいきませんでしたが( ;∀;)
でも目の前に広がる海岸線は圧巻ですよ!

tamuraDSC05366

そうそう、鉄泉でよく見られる油膜みたいなの(細かい湯の花が固まりになって浮いているだけなんですが)が確認できましたよ!
ますますニンヤリしてしまう私です!
しかし、露天はなぜか44℃とゲキアツでして(;´Д`)
数分でギブでした(笑)
ゆっくり景色を眺めつつ湯浴みとはいきませんでした。

tamuraDSC05369

底に手をついたら、案の定真っ赤に!

激濃厚函館湯めぐりはここで終了。
本当はもっと行きたい所があるんですが、それはまた今度の楽しみにとっておきます(笑)



newichikoki at 02:05|PermalinkComments(0)北海道の温泉 

2017年08月29日

第一章・北海道は函館を湯めぐりするよ!(濁川編その③)

最後の濁川温泉の〆はこちらになりました。
「元湯神泉館 にこりの湯」

tamuraDSC05315

先ほどの新栄館でご一緒になった方から教えていただきました。

tamuraDSC05316
公営っぽい造りの日帰り施設です。
こちらが濁川温泉のルーツとなった施設で、(昔は旅館だったらしい)間宮林蔵と縁があるそうです。
江戸時代からあったんですね。

tamuraDSC05317

日帰り施設らしく、休憩コーナーもちゃんとございますよ!

tamuraDSC05318

早速入ってみましょう!
それにしても、入口に思い切り「姫」「殿」と書いてありますが(;´∀`)
ちょっと古びた姫が入りますぞ!

tamuraDSC05319
浴室はかなり広めです。
そして、おおっ!この浴室の形は⁉

tamuraDSC05322

そうきたか!
こんな形の浴槽、初めて見ましたよ!(どういった経緯でこんな形になったのかは不明ですが)
黄金っぽい、笹濁りのアブラ臭プンプンのお湯ですよ!
舐めると薄く鉄味がいたします。
tamuraDSC05334


湯口は向かって左端のみにあります。
右に行くにつれて温度が低くなる設定ですな。
なので、左端のお湯は46℃と熱めで足だけしか無理でした(;´∀`)
真ん中、端っこは43℃位でしたので、ここが一番安全ポイント

tamuraDSC05337

浴槽の端っこは排水溝がありましたよ(*´Д`)可愛らしいスペース♥
それにしても、温泉の威力恐ろしや。
ごっつごつじゃないですか!

tamuraDSC05345
表にするとこんな感じです。
温度表記がとっても親切\(^o^)/

tamuraDSC05325

なんと、露天もありました。
何ともゴージャスな日帰り施設ですじゃ。

tamuraDSC05338

湯口には謎の柄杓が置いてありました。
埋めるときに使うのか(; ・`д・´)
こちらは安心の42℃でした。

それにしても、濁川のお湯って通常の温泉(単純泉を基準に考えて)よりやや熱めに感じません?
気のせいかな…

tamuraDSC05339

そして、露天風呂の一角に謎の石が。なんぞこれ!
tamuraDSC05344

tamuraDSC05340

この石に「ブラックシリカ」という天然石が埋まっており、座ると体にいいらしいです。
(でも座ってない)
後から知ったのですが、ブラックシリカって北海道でしか採掘されないんですね。
ちなみにマイナスイオン発するらしいです。

tamuraDSC05349

体もホカホカになり(真夏なのに…)
サッパリした所で、出発です!
そういえば、駐車場にこのような小さな祠がありました。
ここが濁川温泉の歴史のスタート地点ですもんね。

さぁ、函館市に戻りますぞ!
濁川温泉、いつか宿泊してみたいな(*´▽`*)

newichikoki at 01:36|PermalinkComments(0)北海道の温泉