2017年09月25日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(森田温泉編)

西海岸を堪能した後、再び弘前方面へと向かいますよ。
途中、森田温泉を発見!

tamuraDSC05503

なつかしさのあまり、ついつい立ち寄ってしまいました。
森田温泉「森田温泉旅館」でございます。
おそらく、旅館業はもうやっていないかと思います。

tamuraDSC05501
数年前に訪問した時もおばあちゃんが対応してくださいましたが、ご健在で何よりです(∩´∀`)∩
手芸の大好きなおばあちゃんの旅館はいろんな民芸品や絵が飾っております。
手先の器用な人ってうらやましいです。
tamuraDSC05484

何年振りのご対面だろう。
タイルとボコボコの湯口、そして不安定なカランともどもご健在です!
tamuraDSC05485

なぜか湯口には「立ち入り禁止」が…
tamuraDSC05487

「石にさわ」の部分は赤ペンで、それ以外「るな」の文字は黒ペンで書いてあり、黒い文字は取れてしまったんでしょうね。と推測!
tamuraDSC05491

お湯はガンガン塩ビパイプからかけ流し!
ぬる~い40℃の鉄臭がするマッタリ湯がとっても気持ち良い♥
地元の方に大人気なのも頷けます(´∀`*)

tamuraDSC05488

湯口の脇からお湯がもれてるよ!Σ(・ω・ノ)ノ!
そんなにお湯が有り余っているの!?

tamuraDSC05489

そんな訳でオバーフローも半端ないんですよ。
ここでトド寝する方々のお気持ち、ものすごくわかります…!

tamuraDSC05490

浴槽端っこのスペース。
なしてこんなスペースが?(´・ω・`)??
浴槽が別にあったのでしょうか。
tamuraDSC05499

お風呂上りに廊下をふと見ると、小学生たちの自由研究?の成果が張り出されておりました。
身近に研究対象があるっていいね♪

tamuraDSC05495

そして旅館の方の張り紙が。
「感謝」の文字をよく見ると…!Σ(・ω・ノ)ノ!
とっても凝っている演出だなぁ♥

お湯もおばあちゃんもこちらの雰囲気も全部大好きです。
いつまでも頑張って欲しいです。




newichikoki at 00:36|PermalinkComments(3)青森県の温泉 

2017年09月24日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(ウニ編)

境関温泉を後にし、
このまま西海岸へ向かいましたよ。
私の中で、津軽といえばここなんですよね。

tamuraDSC05480

千畳敷海岸(´∀`*)
tamuraDSC05479
この近辺の湯めぐりをしていると、いつもこの海岸に行っている気がします。
だってねぇ…景色もさることながら

tamuraDSC05481

ウニ丼も美味いんですよ!!!!
いつもこちら「千畳敷センター」でいただいております。
展望台もあるよ!


tamuraDSC05470
団体客受け入れOKの施設ですので、かなり広いです。
海側にも席があり、そこで食べる事も可能ですよ。

tamuraDSC05475

そんな訳で今年もウニーウニ―\(^o^)/

tamuraDSC05476

クリーミィーで舌の上でとろける味は絶品!
ああ…生まれてきて良かった…(*´Д`)

tamuraDSC05478

おやつとして、岩ガキも食べましたが写真撮るの忘れた!
サザエも山盛りで売っておりましたよ。
これだから、日本海側大好き♥



newichikoki at 23:53|PermalinkComments(0)青森県 | 食物

2017年09月22日

第二章・青森は津軽を湯めぐりするよ!(さかいぜき編)

八甲田山を津軽側へ下り、弘前市へとやってまいりました。
前々から行ってみたい温泉があったのです!

tamuraDSC05453
その名は「境関温泉」。
数年前に改装されたとの事ですが、改装前もどんなんだか知らない訳で( ;∀;)

tamuraDSC05454

新築なだけあって、館内も近代的です。
ちゃんと休憩所で食べる軽食類や、アイスを売っている所が
さすが津軽の温泉銭湯だなぁと思います。

tamuraDSC05467

大浴場と書いてある暖簾へ向かい、右へ曲がると浴室入口です!
早速入りましょう!

tamuraDSC05465

tamuraDSC05455

※全体図は撮れなかったので、バラバラに撮影しました。
まずは内湯から。
薄黄色がかった透明湯で、舐めると少ししょっぱい味がいたします。
茶色の細かい湯の花も確認できました。
温度も42℃と適温です。
そして何よりも、微アブラ臭がいたします♥
泡付もあってツルツルするのがうれしいですね!

tamuraDSC05464
そしてこちらは水風呂…!これが気持ち良いんだな。
奥にもありましたが、手前のは24℃ありました。
本当にただの水なのかなぁ?(; ・`д・´)

tamuraDSC05463
そして露天でございます。
面白い形の湯船ですねぇ。

こちらも同じ源泉な訳ですが、泡付きはこちらのが良かったです。

tamuraDSC05462
湯口ドコー!と思ったら、なんと底から注湯していたんですね!
しかも二箇所ありました。
これなら泡付きが良いのも納得ですね(*´Д`)
40度と温めなのもポイント高いです!ゆっくりできますもん。

tamuraDSC05457

なお、露天風呂にはこんな寝湯がございました。
あまりゆっくりできなかったのが残念。

他にもいくつか浴槽がありましたが(うろ覚え)
はっきり覚えてないあたり、温泉じゃなかったのかも…

tamuraDSC05469

こちらには家族風呂もあるらしいです…
源泉かけ流しらしいので、ぜひとも入ってみたい所ですよ!

tamuraDSC05468
なんと、床屋さんも併設されておりました!
この「髪」暖簾いいですね!
休憩室もあったり、家族風呂もあったりで
本当に、地元の方々の憩いの場なんでしょうね。(´∀`*)



newichikoki at 01:10|PermalinkComments(0)青森県の温泉