2017年12月30日

2016年度忘年会!(ラーメン編その2)

お腹も空いたので、米沢ラーメンを食べますよ!!
秘拉の会会長もお腹が空いた模様です!!

tamuraDSC06650

tamuraDSC06651

tamuraDSC06652

「桂町 さっぽろ」さんでございます。
山形なのにさっぽろとはこれいかに…
しかも今日は札幌の方とご一緒ですよ!!これもまた宿命なのか…

tamuraDSC06655

お店の雰囲気は普通の食堂ですが、
「伝統米沢ラーメン指定店」の看板がございましたので、侮れません。
そしてこの豊富なメニュー!
麺類はすべて網羅しているもよう。

tamuraDSC06657
ラーメンゲット!!
シンプルなスープですが味わいがございます。
tamuraDSC06659
米沢ラーメン特有の細い縮れ麺ですね♥
指定店なだけあって、かなりおいしかったです!!

tamuraDSC06660
お隣の席の方はそばを注文しておりました。
そしてなぜかナルトが乗っているという(; ・`д・´)

米沢ラーメンは夜中にふと食べたくなるラーメンです。
こうしてこの記事書いている今でも無償に食べたいですもん。
米ラーの道を究めなければなりませんな!!



newichikoki at 01:32|PermalinkComments(0)ラーメン 

2016年度忘年会!(小野川温泉 亀屋万年閣編)

続きまして同じ小野川温泉に参りましたよ。
tamuraDSC06628

先ほどのししどやさんと同じ並びにございます
「亀屋万年閣」のお邪魔いたしました。
なんとも風情のある建物です。
近くの「高砂屋」さんに似た雰囲気がございますね~

tamuraDSC06630
かなり新しめの旅館でございます。
そして館内も風情たっぷり。

tamuraDSC06629
こちらには猫ちゃんがいらっしゃるのですが、
猫ちゃんグッズが販売されておりましたよ。
旅館の方の深い猫愛が感じられますね(*´▽`*)
お写真の猫ちゃんは先代の看板猫さんらしいです。
tamuraDSC06632
さて、浴室へと参りますよ!
この廊下はめっちゃ長くてビックリΣ(・ω・ノ)ノ
レッドカーペットの先にはお風呂がございますよ~!
tamuraDSC06635

tamuraDSC06637

tamuraDSC06636
“亀”屋万年閣だから亀オブジェかな?

浴室画像撮影するの忘れた…(´;ω;`)
湯口はかろうじてございましたのでとりあえずそちらをUP!
湯の花が湯口にべろっとくっついていて面白いです。
そしてやさしい硫黄の香り。いいですねぇ~

湯口はなぜ二段階方式なのかは謎です。。。

tamuraDSC06638

露天もあったよ!
むりやり感がございますが、ここもええお湯です。
そういえば、露天のある旅館が小野川には少ない気がしたので作ったのでしょうか。
火照った体を冷やすのにちょうどいいです。
(どんだけ湯めぐりしてるんだという話ですが)

tamuraDSC06641

露天にもこの表示が♥
4号泉とぬるめの5号泉を混合して温度調整しているようです。

tamuraDSC06647

tamuraDSC06644
上が看板猫ちゃんでございますよ!
(上手く撮らせてもらえませんでした)
旅館の猫だけあって、人に対して全く動じません。
そして下の写真の猫ちゃんは必ず写真の椅子に座っているらしいです。

う~ん、こちらに宿泊して猫ちゃんを堪能したい!!
やはり小野川温泉は猫天国でございます(=^・・^=)




newichikoki at 01:21|PermalinkComments(0)山形県の温泉 

2017年12月28日

2016年度忘年会!(小野川温泉 ししどや寿楽荘編)

お宿をチェックアウトした後、車内でワイワイしながらそのまま南下し
小野川温泉に辿り着きました!

DSC06617


tamuraDSC06593

小野川温泉は協同源泉を利用しているので、泉質は基本同じなんですが
旅館によって使い方が違うので個性が出るんですよね。
そんな訳で未湯でした「ししどや寿楽荘」に参りました。

tamuraDSC06592
日帰り○の札が下がっていれば、入浴OKの目印ですじゃ!

tamuraDSC06595

小野川温泉の中では小ぶりな旅館です。
早速浴室へと向かいましたよ。
ここでもクリスマスツリー♥

tamuraDSC06609
浴室へ、廊下をずっと歩いていきますよ。

tamuraDSC06597
女性浴室です♥
広さは丁度いい!!これくらいですと、硫黄臭がプンプンですもんね(´▽`*)
タイルな浴室も素敵!

tamuraDSC06605

タイルの模様がレトロでいい雰囲気でございます。

tamuraDSC06602
湯温は41.5℃程度でいい感じにぬくいです。
お湯は舐めると旨味がし、硫黄臭のいい香りがいたしますよ。
なによりも、この広さですので、二人入るとあっという間にお湯がオーバーフロー!
一晩中、ここでトドったら素敵でしょうなぁぁぁぁあああ!
(この時期は寒すぎ)

tamuraDSC06611
男性浴室も見せていただきました。
女性の5倍位ある気がしますよ!?
形が曲線状なのが時代を感じさせますね(´▽`*)

tamuraDSC06613

そしてやはりレトロな流し台。
肘折の三春屋でもこんな雰囲気の流し台がありましたなぁ。

こちらは全くのノーマークだけあってかなり感激いたしました!
穴場だと思います(*´▽`*)
tamuraDSC06619

★おまけ★
空地にいた三毛猫ちゃん。
小野川は何気に猫ちゃんが沢山いらっしゃいます。

newichikoki at 01:23|PermalinkComments(0)山形県の温泉