2016年10月11日

2016年初の山形蕎麦!

三月上旬に湯めぐりしました。
(いつもの事じゃん)
ここ最近の悪天候ですっかり引きこもりがちでしたので、ひっさびさの遠出ですよ(´∀`*)

 tamuraDSC03482
ここ2、3年ご無沙汰している「鶴子そば」さんへ訪問いたしましたよ。
ナビで行くと到着地点が分からなくなりますが、のぼりを目印にすれば入口がわかるかと思います。
(もしかして私のナビだけかもしれん…ごめんちゃい(´・ω・`))

tamuraDSC03483

早速建物へ入るとこんな張り紙が…
×はここに停めてはいけないという意味なんでしょうね。
建物との間にあるもじゃもじゃが何を意味するのか気になりますが、お腹が空いたので早速注文です!

tamuraDSC03488

まずはお通し(というのかこの場合)にきくらげが!
山形ではよく食べられていますよね。
私の大好物でもあるので、このでっかいきくらげをほおばるのが幸せであります!

tamuraDSC03489
お通しその2。
このあたりでは毎度おなじみの赤い漬物です!
ひそかに好物であります!

tamuraDSC03490

お蕎麦到着やで!
こうして写真を見ているだけでもよだれがとまりません!
(最近山形のお蕎麦食べていないな…)

tamuraDSC03493

麺は細めで、初心者でも安心して食べられます。
(大抵の人は、山形そば特有のごん太麺をみて躊躇する…)
やはり歯ごたえがあり、そばの香りも溜まりません(*´ェ`*)
そば湯も沈殿したもちっとしたそば成分?が香ばしいです。

ここは何度行っても大好きなお蕎麦屋さんです。

☆おまけ☆
tamuraDSC03486
水槽にはかわいい金魚が

tamuraDSC03496
 名前はずばり!「てつぎょちゃん」だぜ☆


 

newichikoki at 01:41|PermalinkComments(0)おそば 

2016年10月10日

2016年初の新規開拓湯!

冬は布団でモゴモゴしていた訳で、単純にめんどくさがりなんじゃ…というのはナシにして…
久々に天気が良かったので山形へ向かいましたよ。
(といっても、午後からですが)
tamuraDSC03463
「ゆ~チェリー」のお隣の宿泊施設「チェリーパークホテル」でございます。
こちらは新寒河江源泉のみ利用との事だそうです。
宿泊すると、ゆ~チェリーに入れちゃうという特典付きですよ♥
tamuraDSC03479
コンパクトながらとても設備が整っているホテルです。
画像奥は食堂になっており、「寒河江のごっつお」という張り紙が見えました。
(しかもホテル外からも見えるという)
tamuraDSC03466
受付でお金を払った後、さっそく浴室へ向かいますよ。

tamuraDSC03478
脱衣所はめっさ綺麗です。
ちゃんとロッカーもあるのがうれしい所ですね!


tamuraDSC03472
そして浴室です!
新寒河江源泉が滾々とかけ流されております( *´艸`)
しかも貸し切り状態でしたのでたんまりこのお湯を味わえちゃえました!

tamuraDSC03474
お湯は紅茶色をしており、モール臭がいたします。
味はございません。
お湯の状態はお隣のゆ~チェリーと変わりはないかと思います。
(どちらも鮮度よし!)
温度は42℃と適温が保たれております。
ホテルのお湯だから、これくらいがちょうどよいかもですね。

tamuraDSC03477
こちらは内湯のみなのですが(てっきり露天があるものだと勘違いしてました)
浴室から見える最上川は最高ですよ!
桜が咲けば、もっと美しい景色を眺めて湯浴みできるんじゃ…!

tamuraDSC03480

ホテルを後にする頃にはすっかり日も沈み
ハッと振り返るとなんて素敵なイルミネーション!Σ(・ω・ノ)ノ
とても粋な演出ですよね

HPも拝見いたしましたが、こちらはお湯・アメニティともにヨカ施設だと思います。
宿泊料金もお安いので、寒河江に宿泊される予定がある方はいかがでしょ!?
(イベントがあると、花火が上がるよ!)

 

newichikoki at 02:29|PermalinkComments(0)山形県の温泉 

2016年07月04日

2016年の初湯!

あけましておめでとうございます(これ書いているの7月なんですが)
2016年初入浴(温泉好きのみなさんは略して「初湯」と呼びます)は
仙台市は泉区の養智温泉「明日の湯」でございます。

tamuraIMG_0915

すっかり初湯でおなじみとなっております。
ラッキーな事に一時的に貸し切り状態でございましたよ!

 tamuraDSC00001
お湯はしょっぱめで、薄く黄色っぽいです。
(鮮度は良い時はほぼ透明なんです)
なんといってもこちらのウリは細かい泡付きのスベスベ感なんじゃないかとおもいますよ!

tamuraDSC00003

ライオンからじゃんじゃん源泉がかけ流されております。
源泉温度が高くないので、こちらは常に42℃程度の湯温で保たれておりますよ。
そんな訳でかなり長い時間マッタリできるのがうれしい限り(*´ω`)

tamuraDSC00002

そういえば、柚子が大量に詰まった袋が投入されておりました。
こちらでは毎年何かしら浮かばせているのですが
(パウチ化させた年賀状や晩白柚という年もありました(^▽^;))
今年はシンプルに柚子でしたね。
あんまりいろんな物を浮かべるとお湯も濁っちゃうもんね。

tamuraIMG_0919

帰り際にお年賀の挨拶という事でタオルをいただきました!
そういえば、毎年何か頂いている気が…!
いつも有難うございます。
大事に使わせていただきます。
今年もよろしくお願いいたしますなのでした。

 

newichikoki at 01:06|PermalinkComments(0)宮城県の温泉