2017年06月06日

初夏にほど近い温泉巡り(矢びつ編)

最後の〆湯はこちら、矢びつ温泉「瑞泉閣」でございます。
矢びつの“びつ”は大変難しい感じだった気がしたのですが
(大昔のじゃらんに載ってた)
公式もひらがななのでこのままにしておきますよ!

tamuraDSC04494

周りは田んぼだらけだぞ!
めっちゃいい季節です(´▽`*)
tamuraDSC04498

このあたりではかなり立派な旅館といいますかホテルでございます。
日帰り入浴も快く受け入れてくださいました。
やはりこの近辺にお住まいの方も結構いらっしゃるんでしょうかね?

tamuraDSC04497

ラーメン付き日帰りプラン!?(; ・`д・´)!!
いえいえ、一瞬勘違いしましたが旅館内にラーメン屋さんがあるんですね。
レストランじゃなくて麺処というのがまたここの旅館ならわなんでしょうね。
(そういえば、ロビーでもチラシが置いてあったり熱くラーメンを勧めてましたw)

tamuraDSC04499

tamuraDSC04514

もうここは広い広い!
浴室までの道のりがものすごく長かったです(;´∀`)
ここをずっと歩いていきましたw

tamuraDSC04500

や…やっと入口まで辿り着いた!
霊験の湯なんて素敵な名前じゃないですか!

tamuraDSC04506

内湯、かなり広い!(; ・`д・´)
お昼時のせいか、だれもいませんでしたよ。
基本的にこの近辺は無色透明のお湯が多いのでしょうか。
こちらにも早速入ってみますよ!
tamuraDSC04508
面白湯口ですじゃ。
一応かけ流しらしいです。
舐めましたが味は感じなかったです。若干の消毒臭がしたものの気になりません。
(もしかしたらカランのせいなのかもしれない)

tamuraDSC04503

tamuraDSC04504


露天でございます。
格好いい岩風呂ですよ!そして見晴らしがとても良いのです(*‘∀‘)

tamuraDSC04510

そういえば、ここで赤茶色っぽい細かい湯の花ゲット!
無色透明だと思いましたが、何かしらの成分が含まれているのでしょうか。
何だか不思議なお湯でございました。



newichikoki at 01:55|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

2017年06月05日

初夏にほど近い温泉巡り(祭畤温泉 かみくら編)

さらに岩手の温泉巡りが続きます!

tamuraIMG_3039

tamuraIMG_3041

お次は祭畤(まつるべ)温泉かみくらさんに向かいましたよ。
(関係ないですが、このPCで祭畤が一発変換できた事に驚きです)
数年前にもお邪魔しており、今回二度目の訪問となりますよ!

IMG_3043

重厚な扉を開くとそこは素敵なロビーが。
こちらは旅館なのですが、日帰りも受付しておりかなりお客さんが出入りしておりました。
そういえば震災の時入浴ができない地域の方に開放していたらしいですね。

tamuraDSC04479

早速入浴だぁ!
天井の高い、開放感のある浴室です。

お湯は無色透明で、44℃くらいでした。
いわゆる芒硝泉でございます。
tamuraDSC04487

湯口はこんな可愛らしい♥まるっこい形をしておりますよ!
私は露天よりこの湯口と柱の間で寝湯状態になっておりました。
(これがまたそれがちょうどいいサイズ感でw)


tamuraDSC04482

お次は露天へ。何だか微妙~な形をしております(;´∀`)
他のサイトさんの所で見た男性浴室のが形が良かったな~


tamuraDSC04483

お湯がガンガンかけ流されております。
後で知ったのですが、どうやら露天は循環しているっぽいです。
でも源泉も投入しているので半循環という事かしら。

この付近は本当に久しぶりに訪れましたが、祭畤温泉や真湯温泉をはじめ、色々あるんですね!
実は他にも行こうとしていた所があったのですが、事情によりパス…
そんな訳でお次はみなさん未湯の施設へ向かいましたぞ!




newichikoki at 01:41|PermalinkComments(0)岩手県の温泉 

2017年05月29日

初夏にほど近い温泉巡り(真湯山荘編)

須川高原温泉をチェックアウトした後、岩手県一関側に降りて2日目の湯めぐりスタートでございますよ!

tamuraDSC04457

真湯温泉「温泉交流館」でございます。
こちらは須川の上がり湯として有名で昔からあったのですがどうやら数年前に改築したみたいです。
新しい源泉が出たらしいとの事でしたので要チェック★


tamuraDSC04458

入口から温泉受付まで長~~~い!
ホールとして利用するためのスペースでしょうか?

tamuraDSC04459

やっと受付に着いたぜ!
そういえば、20年前くらいにここに行ったことがあるのですが、以前の面影が何となく残っております。
tamuraDSC04460

広いロビーにはおみやげがずらり。


tamuraDSC04462

さらに温泉入口まで行くと、この光景にデジャヴが…!
もしかしたらここは旧施設のままなのかもしれません。
以前は浴室が2つ別々の場所にあり、どちらかに飲泉所があったと記憶しています。

tamuraDSC04465
これが新源泉だ!
以前の無色透明とは打って変わって赤茶色のお湯でビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

tamuraDSC04468

そして中央の謎スペース…どうして鉄の網で囲っているんだろう??

tamuraDSC04469

湯口!もちろんかけ流しですじゃ!

一応こんな色をしているのですが、鉄の香りは感じられなかったです。
ちょっと鉄味はしたかな。思いのほかアッサリ。
それでも湯口は赤茶色に染まっておりますよ。
誰かが秋田の「南玉川温泉みたい」とおっしゃっておりましたがまさにそんな感じかと!

tamuraDSC04470

露天からの眺め。実にいい季節です(´▽`*)

tamuraDSC04472

tamuraDSC04473
なぜか先に露天の方をUPしてました(笑)
内湯は以前から使用していた源泉を使っています。
無色透明の芒硝泉。ちょっとだけスベスベしました。おそらく循環利用?

tamuraDSC04475

湯口ですじゃ!
熱いのとぬるいのとで浴槽が分かれております。
よく見ると白い析出物がこびりついておりますね!
それにしても、同じ場所で違う泉質のお湯が沸くって、いったいここの湯脈はどうなっているんだろう!?

tamuraDSC04476

新しい施設になってからの再訪ですが、色々とグレードアップしておりました!
立地も良いし、利用者も納得の施設でした(*‘∀‘)




newichikoki at 02:06|PermalinkComments(0)岩手県の温泉