2016年10月16日

あの温泉が復活したよ!

(2016年3月に訪問いたしました)
2014年に火災で焼失した大河原温泉「いい湯 もちぶた館」に行ってまいりましたよ。
2015年末にリニューアルオープンしたと聞いてはいたのですが、なんだかんだでやっと再訪できました! 

tamuraDSC03543

前回の訪問が1回のみだったうえに、数年前という事もあって記憶がおぼろげですが(;´・ω・)
入口の位置が変わった気がします。
早速リニューアルした「いい湯」に入ってみましょー!

tamuraDSC03541

養豚会社が経営しているだけあって、ぶーちゃんのモニュメントがありますた。
業務上、本物を散々見てきた私ですが異様にリアルすぎます(笑)
ちなみに雄豚は見ているこっちがドン引きするくらい、足が長いよ!(プチ情報)

tamuraDSC03544

休憩スぺ―スから見える中庭には水車が飾ってありました。
館内からの眺めがいいですよね。
 
tamuraDSC03545

無事館内に潜入したワタクシは、さっそく入浴券を買おうといたしましたところ、こんなハイテクマシーンを発見!
今まで温泉浴場で見た券売機で一番の最先端なんじゃないでしょうか。
ハイテクすぎて、どうやって購入したらいいのか迷いました(笑)

tamuraDSC03551

ハイテクついでに、CMでよく見かけるこいつを発見!
こっちみんなや!(;´Д`)
tamuraDSC03547

内湯1つに露天1つ、そしてタルのお風呂がございます。
以前も似たような感じでしたので、そこは以前の雰囲気をそのまま残したのかな。
内湯は41℃と適温で、無色透明のお湯です。
湯口で若干の温泉臭がし、スベスベ感がありました。
気のせいかもしれませんが、泡付きもみられましたよ♥ 

露天の普通浴槽も41℃くらいです。
そして虎視眈々と狙っておりました念願のタル風呂にいざ突入! 
(めっちゃ人気ありました)

tamuraDSC03548

 ガチかけ流しかな?
大河原温泉は源泉温度が微妙に低いので加熱利用しておりますが、それを感じさせないレベルの泉質の良さなんですよ!
タル風呂は若干温度があり、42℃でここのが気持ちよかったです。
人気があるのもうなずける。うん。
ちなみに浴室は毎日男女で入れ替えしているそうです。
今回は檜系の風呂でしたが、もう一方(今回男性風呂だったところ)は石造りの浴槽らしいです。
これは要再訪ですね!

それと、こちらはお食事処も併設しており、名物のトンカツが食べれますぞ!
個人的にお勧めな施設だと思います。
公式リンク張っておきますね
( ´∀`)つhttp://www.eeyu.jp/index.html 
 
おまけ
こちらにはミニ動物園が併設されておりますので、お子さん連れの方はぜひとも♥
tamuraDSC03555
ポニーちゃん


tamuraDSC03560
山羊の赤ちゃんかわゆす

tamuraDSC03563
だっちょさんもおりましたぞ

tamuraDSC03564
羊満載

tamuraDSC03566
赤ちゃん可愛かった~♥



newichikoki at 01:34|PermalinkComments(0)宮城県の温泉 

2016年10月12日

2016年のry

お次はあの有名な銀山温泉へ参りましたよ♥
tamuraDSC03537
やはり全国的に有名な温泉街な訳で、小さな温泉街に駐車スペースなどない訳で、温泉街手前1kmの場所にある無料駐車場へ泊めてから徒歩で温泉街へと向かいました。
それでもギリ!1台停められたという感じだったよ!

しかし春とはいえ、雪深いですね。

tamuraDSC03533
日帰り可の旅館へアタックしましたが、ことごとく振られた訳で
(春休み真っ最中だから仕方ないね!)
なぜか未湯だった共同浴場「大湯」へ入る事にしましたよ。
やはり銀山温泉。共同浴場の建物も素敵です 

tamuraDSC03519
 
tamuraDSC03520


入口はめっちゃ狭いのであります。
入口前に近づいたとき、外国人の女の子が不思議そうに入口をのぞこうとしていました。
もしかしてお風呂の入り方が分からないのかな?と思ったのですが、どうやらこの建物自体に興味を持っただけでお風呂に入る訳ではなかったそうです。
(一緒だった彼の方は入りたそうにしてましたw)

tamuraDSC03522
浴室はコンクリのみのシンプルな造りです。
もう、心にグッときますね!
早速入ろうとしたら…激アツでございますΣ(´д`;)
記録がないので忘れましたが、確か46℃はあったかと思います。

tamuraDSC03532
もうね、必死でうめましたよ。
外にはアツアツカップルがいるってのに私は裸でなにやってんだ…と心の中で自問自答しましたが
答えが出る前に丁度良い温度になりましたので、さっそく入る事にしましたよ。
あと寒いしね!

透明感のあるお湯で、硫黄臭はフンワリ漂っております(*´∇`*)
底の方には白い湯の花が沈殿しておりました。

ちなみに湯口はフタを開けたらこうなっていましたよ
(開けんなや)

tamuraDSC03525
適温になったのでちゃんと止めましたぞ

左上のはなんて文字だろうと思ったら、蛇口のイラストだったのね。
今まで入る機会がなかったのですが、昔ながらの雰囲気を残した素敵な共同浴場でした。
湯めぐりだけでなく、観光客の方にも入っていただきたいです(・∀・) 

おまけ
tamuraDSC03535
近くの甘味処で休憩
銀山は全体的に強気の価格設定なのが気になるところですが(;´Д`)


newichikoki at 01:51|PermalinkComments(0)雑記 

2016年初の…もうやめーや!

お次は湯めぐりですよ!(むしろそれが本題)

鶴子そばから車で数分の場所にある、鶴子温泉「勘兵衛荘」へ参りました。
大河ドラマの軍師官兵衛の方じゃないですよ。
勘兵衛ですよ。
(いつのネタだよ) 

tamuraDSC03500


tamuraDSC03513

数年前に訪問した時はお子さんがお出迎えしてくださったなぁ。
もうお子さんは立派な青年になっているかと思われます。

早速赤い絨毯が敷き詰められた廊下を踏みしめ、浴室へと向かいます。

tamuraDSC03512
レッドカーペットではなく、ゴザカーペットでございます。
休憩用のパイプいすがえらい並んでおり、湯上りに休憩するお客さんへの思いやりが伝わりますねぇ。

tamuraDSC03503
 あれ?Σ( ̄ロ ̄|||)
なぜか半分ビニールシートに覆われておりました。
おそらくですが、沸かし利用の為この寒い地域ではお湯の温度が下がってしまうためビニールシートて保温していたんでしょうね。
元に戻せば大丈夫かしら…とシートをゆっくりはがしていきました。

tamuraDSC03509

作業終了!
まずはゆっくり浸からせていただきますよ。 

tamuraDSC03507
 
若干の白にごりのある、透明なお湯でちょっと硫黄臭がいたします。
前述のとおり、源泉温度が元々低い為加温利用しております。
体感温度は41度くらいかな。 
ちょいスベスベ感のある、肌さわりのやさしいお湯です。

上がった後は、もちろんシートを元へ戻し原状回復(・∀・)つ
 
tamuraDSC03516

旅館から出ると、外の住人に出くわしました。
表に積んであった資材に混ざって保護色で気が付かなかったです
もしかしてずっといたんか 
彼(彼女かもしれない)はこちらを見るなり、クールに立ち去っていくのでありました。 
 


newichikoki at 00:50|PermalinkComments(0)山形県の温泉