2018年04月12日

憧れの群馬に行ったよ!(草津温泉 御座之湯編)

チェックアゥッ!した後、一旦車をそのまま置いてすぐ近くの共同浴場に参りました。

tamuraDSC08161
草津館さんのすぐそばにございました、日帰り施設「御座之湯」でございます。
最近できた入浴施設でございますよ。
3年前に行ったときは建設中でしたっけ。

草津館から歩いて30秒ほどで着きます(笑)

tamuraDSC08162
入口には可愛い浴衣が!
こちらで浴衣を貸出サービスを行っているようです。
しかし、最近の着物の柄はおしゃれな柄が多くて華やかだねぇ。
tamuraDSC08163

とっても大きな施設でございます。
昔、湯畑付近にはこんな感じの浴場がいくつかあって、その一つを再現したものだそうです。

入浴料は600円とお高め。
休憩所もありますし、いろんなイベントを行う処みたいですので
私が好んでいく地元の共同浴場とはちょっと意味合いが違うものかもしれませんね。


tamuraDSC08164
浴室は「木之湯」と「石乃湯」の2つがございまして、
法則性は謎ですが、男女入れ替え制のようです。
この日は女が石之湯でしたよ。

tamuraDSC08181
名前の通り、浴槽は石づくりです。
オープン直後に入ったので、だれもいません。

tamuraDSC08178
とにかく広い浴槽が2つなので、ファインダに収まりきらないんですね。
奥が湯畑源泉、手前が万代鉱源泉でございます。


tamuraDSC08174

tamuraDSC08173
ちゃんと書いてるので分かりやすいですね。

tamuraDSC08171
←湯畑 万代鉱→
なんですが、言われてみないと分からない位見た目は分からないです。
しかしいざ入浴すると、万代鉱の方がまろやかでツルツルしますよ。
湯畑はキリッとする浴感がございます。
温度はどちらも体感41~2℃程度かと。
万人向けの湯温に調整しているのかも。

tamuraDSC08168
かけ湯でございますよ。
温泉じゃなかった気が(忘れてしまいましたすみません(;´・ω・))

tamuraDSC08182
めっさ高い天井!!
天井が高いと開放感がありますね(*´▽`*)
骨組みの頃から見た事ございましたが、これは建設に時間がかかるかもねぇ…。

tamuraDSC08187
二階には休憩所もございますよ。
昔、江戸時代の共同浴場の本を読んだ事がございますが
浴室と休憩所が合体していて、休憩所が憩の場となっているんですよね。
こちらもそんな感じなのかな。

とても興味深い施設でございました。
髪をゆっくり洗いたい!という方には共同浴場よりもこちらのがいいかもしれません。
カランがありますしね。



newichikoki at 01:40|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年04月09日

憧れの群馬に行ったよ!(草津温泉 草津館編その②)

お次はお待ちかねのお風呂編でございますよ!

tamuraDSC08152
昔のように外湯入りまくり~!という訳ではなかったので
(以前ほど入れる外湯も減りましたからねぇ)
今回は割とお宿のお風呂に何度も入りました。

tamuraDSC08132
脱衣所。
普段は撮影しないのに何故この時撮影したのか思い出せないのですが、
たぶんこの木造脱衣所が気に入ったのでしょう。

tamuraDSC08123
扉を開くと…WAO!
ザ☆硫黄ワールド!!
手前が白旗の湯で、奥が独自源泉の「若の湯源泉」でございます。

tamuraDSC08125
白旗の湯を引いた浴槽はこんな感じで若干の透明感がございます。
完全に白濁ではありませんですことよ。
しかし白い湯の花も沈殿しているので、湯の花は皆無という訳ではございません。

tamuraDSC08129
お湯は入るとキリッ(`・ω・´)とした浴感ともうしますか…
共同浴場の白旗の湯と少し違うような感じがしましたが
お湯を引く場所や管理方法によって変わるのかな?
ちなみに42℃くらいの適温でした。

tamuraDSC08126
お次は「若の湯源泉」!
綺麗に青白く淡く白濁しております。ここのお湯は思いのほかまろやかな肌さわりです。

tamuraDSC08127
もういっちょ違う角度から!

tamuraDSC08134
「白旗野の湯」よりは湯の花が細かいのかな?
濁り具合がだいぶ違うのですよ。
こちらはやや熱めな43℃でしたっけよ。
とろみがあって、私はこちらの方が好みかしら♥

tamuraDSC08130
脱衣所にあった入浴心得。
緑バン泉という表記がレトロでいいですね。

「草津館」さんはお湯もごはんも間違いないです!
初めて草津に宿泊される方にお勧めしたいなぁ。



newichikoki at 02:01|PermalinkComments(6)群馬県の温泉 

2018年04月03日

憧れの群馬に行ったよ!(草津温泉 地蔵の湯編)

最後に「地蔵の湯」へ参りました。
地蔵の湯はおそらく草津で最も人気のある共同浴場なんじゃないかと思います。

tamuraDSC08079

こちらでも事前に申し込めば時間湯に参加する事が可能ですよ。

tamuraDSC08078
丁度その時間湯をやっていたらしく、ワイワイ声が聞こえてきましたよ。

早速わいらは普通の浴室へ入りましょうかね(*´ω`*)

tamuraDSC01099
※2013年の時の画像です。
この日はお客さんがいらしたので、画像は以前のものを張っておきますね。
(ほぼ同じです。)
昔はもっと狭かったのに、10年前に改築されてから脱衣所も洗い場も広くなりました。

tamuraDSC01098

こちらは濃いめに白濁していましたね~。
同じ草津の湯でも結構違うもんです。

そうそう、この日はかなりゲキアツで(;´∀`)46℃もございました。
今まで入った地蔵の湯の中では最高記録の湯温じゃないかと…
いつもは42~3℃程度で一般客にやさしかったりしたんですが。

一緒に入っていたお客さんは
「いつもよりかなり熱い!」といいながらずっと浴槽に浸かってました。
大丈夫なのか(; ・`д・´)?

tamuraDSC08074
目の前には地蔵の湯源泉がございますよ。
こうしてみると、かなりの規模でございます。
地蔵の湯を引いている旅館て知っているだけで1つでしかも一見さんお断りらしいのでこりゃ永遠に宿泊で地蔵の湯とか無理でございます(´;ω;`)
もう1軒あったのですが、廃業されたのが悔やまれる…

マッタリした後、旅館に戻りますよ。

newichikoki at 00:30|PermalinkComments(4)群馬県の温泉