2018年04月19日

憧れの群馬に行ったよ!(四万温泉 河原の湯)

チェックアウトした後、無料の駐車場に車を停めて川沿いの小さな公園まで足を延ばしました。

tamuraDSC08362
そこにはなんと、共同浴場がございました!
その名も「河原の湯」
観光客にも開放しているという、なんともうれしいサービスでございます。

tamuraDSC08381
無料という話でしたが、一応感謝の意を込めて…<(_ _)>

tamuraDSC08364
ドアをパカッと開けるとそこには浴槽が!!
お湯が並々を注がれているではありませんか!
お蔭でお湯がオーバーフローしちゃっているんですが!!!

tamuraDSC08369
こうしてみると、オーバーフロー部分が赤く染まっております。
お湯の通り道がはっきりわかって面白いです(*´ω`*)

tamuraDSC08375
お湯は無色透明で、舐めると少し鉄味がいたします。
薄く鉄臭も感じました。
「積善館」の大浴場のお湯と似ている気がします。

ちょっと熱かったので、水を投入させていただきました(;´∀`)
これでやっと43℃かぁ!!

tamuraDSC08380
浴槽の端っこをよく見たら「かはらのゆ」と書いてある石がございましたよ。

tamuraDSC08373

tamuraDSC08372
壁面には四万の花のタイルが飾られておりました。
開花時期まで書いてあるので楽しめますね。

tamuraDSC08382
↑浴場のすぐ目の前に川が!!

お湯も熱めだったせいか体もホッカホカ(*´▽`*)
しかし、観光客はあまりいらっしゃる様子がないです。
常連さんと入れ違ったりしたので、やや地元の方の利用が多いのかな?

ここはロケーションも最高ですし、おすすめだなぁ!



newichikoki at 00:30|PermalinkComments(2)群馬県の温泉 

2018年04月18日

憧れの群馬に行ったよ!(四万温泉 積善館②)

お次は温泉じゃーー!!
といいたい所なんですが、全館浴室撮影禁止でしたので( ;∀;)
大昔の画像や文章でなんとか説明いたします。

tamuraDSC08345
まずは名物、元禄の湯から参ります!!
チェックイン後すぐに向かったのもこの浴室です(*´ω`*)
日帰りの場合はこちらのみの利用となります。

122-2252_IMG

※2005年ころに訪問した時の画像です。
浴槽は5つございまして、手前がやや大き目ですがあとは全部同じサイズです。
無色透明のお湯がゆっくりとかけ流されております。

tamuraDSC08302

大体40~43℃のお湯が張られているのですが、どこが熱いとか法則性はない模様。
結構温めの所でマッタリしておりました(´ω`)
お湯は底から投入されており、長い時間誰も入らないと温度が上がっていきますが
上限は43℃の設定になっているみたいです。

お湯はほぼ無臭で、舐めると微妙~に旨味。
少し黒っぽい湯の花が見られ、上がるとお肌スベスベ(∩´∀`)∩

左横には蒸し風呂部屋もございますが、結構熱くて1分でダウン⊂⌒~⊃。Д。)⊃

tamuraDSC08309
お次は「山荘」にございます、家族風呂でございます。
このトンネルが山荘側に繋がっておりますよ。
この旅館、「千と千尋の神隠し」の舞台とか言われており、宮崎先生はこの通路を見て
あの世界へのトンネルを思いついたとか聞きました。

tamuraDSC08329
ここを曲がると家族風呂ですよ看板。

tamuraDSC08313
奥の入口が家族風呂でございます。

tamura03-2
※HPからお借りいたしました。
こじんまりとした小さな浴槽が2つ♥
しかもレトロタイル作りですぞ♥
手前が40℃と温めでした。
このキャパじゃ仕方ないですが、ちょっとお湯はなまり気味でしたねぇ。
奥の方は蛇口から源泉投入されていたので鮮度も良く、42℃と少し高めです。
上がった後は汗が引きませんでした(;´∀`)

tamuraDSC08333

最後は岩風呂なんですが、これが公式HPにもなぜか掲載されておりません…
(見つけられなかったのか) 
混浴なんですが、21:00~23:00までが女子タイムとなります。
21:00過ぎまで入っていたおっさん達を追い出し(ひでぇ)ようやく湯舟に浸かる事ができました。

tamuraDSC08334
利用時間がわかる時計があったぞ!!これは便利(;´∀`)
浴槽は2槽に分かれており、どちらも40℃程度の湯温でした。
舐めると薄く旨味がし、ほぼ無色透明でございます。

tamuraDSC08335

最後に「佳松亭」にございます、宿泊者専用のお風呂です。

こちらは2:8の割合で浴槽が分かれており、2の方は40℃もない位の
ぬる湯が張ってありました。逆上せ防止かしら?
広い方は42℃と適温に保たれております。
しかし、こちらは湯口も赤っぽいし舐めると鉄っぽい味がわずかにしたので
別源泉なのかなぁ?
露天もございましたが、温度差がかなりあり熱い所は結構な熱さでした(;´∀`)

tamuraDSC08306
これでお風呂は全部かと思われます。
館内の移動がかなり大変でして(;´∀`)前述の通り新旧入り混じって建物が増設
されているので迷宮状態になっているんですよ。
逆に楽しめたので私は気に入っております♪

いつかお金持ちになったら佳松亭の方に宿泊してみたいなぁ。


newichikoki at 01:52|PermalinkComments(0)群馬県の温泉 

2018年04月17日

憧れの群馬に行ったよ!(四万温泉 積善館①)

本日のお宿はこちらでございます。

tamuraDSC08356
かの有名な「積善館」でございますよ!!
草津方面から四万温泉まで爆走した甲斐がございました。

tamuraDSC08307
創業320年とあって建物も重要文化財な訳で、
チェックアウト時は外来入浴時間前には外観を撮影する観光客でいっぱいでビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

積善館は「本館」と「山荘」と「佳松亭」の三つに分かれており、
私らは「本館」に宿泊いたしました。
だって他の所は予算オーバーしちゃうんですもん…

tamuraDSC08279
本館は基本的に湯治専門の建物です。
このお部屋は床に温泉が通っているので熱いのでエアコンが設置されております。
とはいえ、さほどの熱さでもなく快適に過ごせましたよ(*´ω`*)

tamuraDSC08286

コースによっては素泊まりもOK!
我々は簡単なお料理付きプランを選択いたしました。
正直、これだけの量で満足だったりします。
(この上のコースだとかなり豪華な食事になるもよう)
ちなみに食事は食堂でいただきますよ。

tamuraDSC08287

なんと!ネーム入りのお箸!!
これは初めて見ましたよ。

tamuraDSC08344
朝ご飯はこんな感じです。
ボリューム満点でございます!

tamuraDSC08346
朝ご飯の後、館内を少しうろうろ。
江戸時代からある帳場でございます。貴重な資料も展示されておりますよ。

tamuraDSC08347
時代劇でよくみるやつだね!

tamuraDSC08349
大昔の金庫もございました。
あの金庫を開ける番組で開けて中身を見たいものです…(∩´∀`)∩

宿泊の方は16:00から館内の案内ツアーみたいなのに参加できるみたいです。
我々は17:00にチェックインしてしまったから…(;´∀`)
しかも温泉まっしぐらでした(爆)




newichikoki at 00:30|PermalinkComments(0)群馬県の温泉