2018年03月13日

恒例だよ!初夏の肘折温泉(肘折温泉 上の湯編)

温泉街に引き返し、再びお湯に浸かりますぞ。

tamuraDSC07901
温泉街のど真ん中に位置する、「上の湯」へ参りましょう。
ちなみに肘折の1号泉を使っているのはここだけですじゃ。

tamuraDSC07898

この日もとってもクリアな透明湯♥
お地蔵さまからお湯が滾々とかけ流されております。

tamuraDSC07895
コップには「おじぞうさま」と書いてありました。

tamuraDSC07896

お湯は甘味がし、ちょい炭酸臭がいたします。
黄金温泉とはちょっと違ったお湯触りで、こちらはなんだか優しめです。
ここはかなりお気に入りでして、必ず肘折に来たら立ち寄っておりますぞ。

よこっちょにも謎の湯口があるんですが、お湯は出ておりませんでした。

tamuraDSC07894
ここはあがり湯なんですが、常連の方がここで頭を洗っております。
今回はラッキーな事に我々しかおりませんでしたので、独占…はしなかったです。

男湯はもっとシュワシュワだと聞きましたが本当なんでしょうか。

tamuraDSC07899
浴室入口は自動ドア…ではないのですが、自動で閉まります。
何故なら、ヒモで入口にペットボトルで重しを付けているからです。
あったまいいー!!(竹にぃ風に)←意味わかんねーよ!

tamuraDSC07900
入口の壁紙。
山形芸大の学生さんが作ったと聞いたことがあります。
こういった場所を盛り上げる為に学生さんが協力するのっていいですね。
後々の勉強にもなるし。


newichikoki at 00:30|PermalinkComments(4)山形県の温泉 

2018年03月12日

恒例だよ!初夏の肘折温泉(肘折ぶらり編)

肘折温泉街を散策ですよ!

tamuraDSC07877
車は「肘折いでゆ館」に停めてから出かけるのですが、このあたりは
逆さ藤と呼ばれる「ルピナス」の花が咲いていてとってもキレイです。
そして向こう側に見える謎の塊は・・・・

tamuraDSC07878
真冬の肘折のお祭り名物「大雪だるま」の残骸です( ;∀;)
今年はこれだけしか残らなかったかぁ…
それにしても、6月まで雪が残る事自体がすごいですよね。

tamuraDSC07880
これがルピナスじゃああ!
偶然通りかかった黄色い車とマッチしました(笑)

tamuraDSC07881
しいたけの栽培かなΣ(゚Д゚)

tamuraDSC07885
温泉街奥の方までやってきました。
肘折ダムでございます。

tamuraDSC07887

tamuraDSC07888


源泉湧出ポイントでございます。
形が以前と変わったような…
ガラス張りの所に近づくだけでアッチチでございます(;´∀`)

tamuraDSC07886

ここは飲泉所でございます。
丸い球からちょろちょろお湯が漏れていますなぁ。

tamuraDSC07891

そしてここはあまり知られていませんが足湯でございます。
触ったら激ぬるかったので入っておりません。
でもここで足湯に浸かりながらマイナスイオン吸収なんで最高ですよ!
虫さえこなければねー(´・ω・`)春先がベストかな?



newichikoki at 00:52|PermalinkComments(0)雑記 

2018年03月11日

恒例だよ!初夏の肘折温泉(黄金温泉 カルデラ温泉館編)

お腹が膨れた後は温泉ね♪

tamuraDSC07842

tamuraDSC07843

すっかり常連になりつつある黄金温泉「カルデラ温泉館」でございます。
黄金温泉はここを含めて3つあるのですが、なんだかんだでここが一番お気に入りかな♪

tamuraDSC07845
第三セクター的施設でして、温泉以外にも大蔵村の古い写真や民芸品が飾られております。
このあたりの歴史が学べるかもしれません。

tamuraDSC07847
ちなみにわいらは温泉街にある「上の湯」に入る予定ですので、
共通入浴券を購入いたしました。
上の湯の入浴料250円+こちらの入浴料450円で合計700円の所が
600円で入れます!100円お得だNE♥

さて、まずは時間交替制の露天風呂へと向かいますぞ。

tamuraDSC07850
丁度入れ替えの時間ギリギリでした(;´∀`)
何としてでもここには入りたいの一心で駆け付けました(笑)

tamuraDSC07855
出入口からしばらく歩くと、ドーム状の湯小屋がありますぞ。
昔はドーム状じゃなかった気がしますが、おそらく藪蚊の侵入を防ぐため、
あえて網で回りをくるんだんでしょうね…。

tamuraDSC07857
丁度誰もいなかったのでパシャリ♥
今日もいい感じに薄く笹濁り色をしております。

tamuraDSC07859
熱い~と思いきや、湯温は42℃でした。
だんだん体が温度に馴染んできて気持ちよくなります。
そして炭酸を含んだお湯特有の甘味がし、炭酸臭がします。
この炭酸臭に誘われて、藪蚊が集まるんですよね…(;・∀・)
いいお湯なんですがこの時期に長湯できないのが難点(笑)

tamuraDSC07862
これが×2個ございましたよ!
しかしこの攻防も空しく二箇所ほどやられました(;´∀`)しゃーないね。

tamuraDSC07872
男性時間が近づいてきたので、内湯へと移動。
露天より透明度の高い、薄く笹濁りのお湯でございます。

tamuraDSC07868
やっぱり甘味がするんですよね。
ここならいくら炭酸臭がしても虫達は寄ってくるまい!!(`・ω・´)
41℃と先ほどの露天より温めです。

tamuraDSC07870
ここの最大名物、炭酸泉ですぞ。
15~6℃くらいしかないので激冷たいです。
そしてとてもじゃないけれど、全身入浴は不可能です。
ですので、手と足だけ入れました。(これが正しい入浴法なんですが)
その後に湯舟に入るととっても気持ち良い(´▽`*)

tamuraDSC07865
ちなみにこちらが脱衣所前にある、炭酸水の飲泉所です。
飲むとなんともいえないえぐみと炭酸感がございます。
持ち帰りもできますが、確か有料だった気が。

黄金温泉のすごい所は炭酸水も温泉も湧いている事でしょうか。
それに肘折の温泉を足すと合計3種類の温泉がある訳ですから肘折温泉郷は
本当に侮れません!!



newichikoki at 00:37|PermalinkComments(0)山形県の温泉